林住期の生き方

アクセスカウンタ

zoom RSS 空海様の生涯( 誕生〜出家〜入唐〜真言密教〜入定 )

<<   作成日時 : 2017/02/25 11:53   >>

ナイス ブログ気持玉 110 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
四国88ヶ所の掛軸( 弘法大師 )

『 誕生 』空海は、宝亀五年(西暦七七四年)六月十五日に四国の讃岐国( 香川県 )で生まれています。当時その地域を治めていた郡司の佐伯善通( 父 )と玉依姫( 母 )が両親です。幼名は真魚と言い勉学に優れて神童とも呼ばれる。十八歳で都の大学に入学するが官吏の養成所であり、中国の古典や歴史書を学ぶのに大きな疑問を持った。都で出世してもこの世の矛盾や人間の悩みなど解決できないと思い至る。大学を辞め高級官僚への道を捨て、出家修行者の道を歩む事にした。

『 出家 』四国や紀伊山系の山岳地で壮絶な修行をする。虚空蔵求聞持法の真言を百万遍となえる事も実践し、室戸崎の海食洞窟の行場で、明星が飛来し空海の口に飛び込んだという神秘体験があります。大和国の久米寺で密教の根本経典の一つ大日経と出会って、二十四歳の時に三教指帰を著して儒教・仏教・道教の思想体系を比較した。

『 入唐 』遣唐使船に乗り私費の留学生として唐の都長安に行く。当時の長安は百花繚乱の世界有数の文化都市でした。特にインド僧からサンスクリット語やインドの仏教等も学びました。胎蔵界と金剛界の二つの密教を受け継いでいる青竜寺の恵果阿闍梨から、両界の伝法灌頂を受け密教の正統な後継者となる。

『 真言密教を開く 』2年で帰国し膨大な経典・書物・仏像などを持ち帰って御請来目録を朝廷に提出し、鎮護国家の修法などを行う。弁顕密二教論・即身成仏義・秘密曼荼羅十住心論・秘蔵宝鑰などの沢山の教義書を著わす。全国を行脚して布教も行い、井戸を掘り当てたり、讃岐国で満濃池の修復や、綜芸種智院の学校も東寺に設立した。晩年に高野山において、万灯万華の大会が行われ願文をたてる。「 虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、わが願いも尽きなん。」

『 入定 』承和二年(西暦八百三十五年)三月二十一日の明け方、高野山の奥の院に弟子たちを集めて遺訓を残して六十二歳で入定する。生きたまま定に入って永遠の生命を得て、現在も衆生の救済に当たっておられる。後に天皇より弘法大師の号を賜る。

弘法大師空海の教義は、森羅万象の全てに仏性を宿しており人間も生まれながら仏であると説いています。そして『 即身成仏 』が真言宗の真髄です。

真言宗の思想の中で四恩と言う重要な考え方があります。1.父母の恩とは、自分が生まれて育てて貰った両親。2.国王の恩とは、国家や社会に対して。3.衆生の恩とは、生きとし生けるもの全てに対して。4.三宝の恩とは、仏と法( 真理 )とそれを説く僧に対して。

現実の世界こそ浄土があると言う密厳浄土の教えがあります。これは即身成仏にも繋がっており、この身このままで仏となる意味に解釈できる。お釈迦様の教えを原点とすれば、弘法大師空海の到達した教えは高度で深遠な教義であり、仏教の最終の到達点だと考えられます。
画像
西国33ヶ所の掛軸( 観音様 )

弘法大師空海の著した『 秘密曼荼羅十住心論 』は人間の愚かな心から密教の究極の智慧に至るまでの、十段階を示して仏教諸宗派の教理と結びつけて説かれています。

1. 異生羝羊心( いしょうていようしん )六道に輪廻している煩悩にまみれた迷いの境地

2. 愚童持斎心( ぐどうじさいしん )世俗的な倫理や道徳の目覚め、心身の穢れを除く事を保つ様になった儒教的な境地

3. 嬰童無畏心( ようどうむいしん )悪道に落ちる心配が無くなる、宗教心を持った最初の老荘思想の境地

4. 唯蘊無我心( ゆいうんむがしん )自我は五感の存在要素の和合によって仮にあり、実体としての自我は存在しないとする段階で、小乗仏教のうち声聞界の境地。

5. 抜業因種心( ばつごういんじゅしん )苦の原因は十二因縁の連鎖であると理解し、新しい苦が生じるのを除く縁覚界の境地

6. 他縁大乗心( たえんだいじょうしん )ほかの衆生のことも心にかけて、大乗の慈悲の教えに気づく唯識や法相宗の境地

7. 覚心不生心( かくしんふしょうしん )一切の存在は不生不滅と悟る中観や三論宗の境地

8. 一道無為心( いちどうむいしん )唯一絶対の立場に立ち因縁からの現象を超えた天台宗の境地

9. 極無自性心( ごくむじしょうしん )一切の存在の無を知り真の性質を悟る華厳宗の境地

10. 秘密荘厳心( ひみつしょうごんしん )宇宙の真理を知り仏様と一体となる真言密教の境地

六道の迷いの境地から老荘思想や顕教の各階梯を示しており、最終的に密教の究極の智慧に至る教義を表しています。

画像


お釈迦様の教えや顕教では、人間の寿命を遥かに超えた長い年月の修行を必要であると説いています。弘法大師空海は人間は生きている間に、この身このままにして成仏が可能と説いています。

自らが悟りを開いて仏陀になると同時に、ほかの全ての衆生にも同じ境地に導こうとする大乗仏教の道が大切と説いています。

いつも気持玉を頂き有難うございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 110
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空海様の生涯( 誕生〜出家〜入唐〜真言密教〜入定 ) 林住期の生き方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる