見えない宇宙と未知なる物質について NO.2

宇宙は137億年前に誕生し、インフレーション的急膨張してから膨張速度を落とし約45億年ぐらい前から、ダークエネルギーによって再び加速膨張を始めたと言われている。

1998年にダークエネルギーが発見されて以来、何百個もの遠方の超新星が観測され測定されている。これらの観測データからダークマターとダークエネルギーの支配的な宇宙に私達が住んでいる。その質量比は以下の割合です。

物質 ( 銀河の推定総質量、星間物質総量 ) 4.6 %
ダークマター ( 未知の物質 ) 23.3 %
ダークエネルギー ( 未知のエネルギー体 ) 72.1 %

ダークエネルギーは宇宙を加速膨張させていると考えられている。宇宙を外向きに押す斥力で宇宙を引き離しており、いくら膨張してもその密度は一定で変わらない。ダークエネルギーは、その正体を突き止める観測的な方法はまだ見つかっていない。間接的に予言されている物です。

このブログを開設した時に投稿した 私の自然観 1/3 で述べている様に、宇宙誕生は、無の真空の揺らぎのトンネル効果により大きさは 10^-33cm (10のマイナス33乗cm) から膨張により現在住んでいる宇宙の誕生と書いてあります。従って真空の領域には現在の宇宙総量以上のエネルギーが詰まっていると言う事になる。時間と共に空間が膨張してエネルギー総量が増加しても不思議ではない。

ダークエネルギーは見かけ上、重力と反対の斥力を持っており加速膨張に寄与している。アインシュタインが方程式に最初に導入した宇宙項の計算式は正しかったと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ヤシャス
2014年06月28日 12:29
宇宙創造は私の専門ですが、
原初に於いては、まだ時間と空間の概念はなかったので、人間の頭で考えるような質量も存在しなかったのではないかと思われます。それらが発生したのは、魂群が活動しはじめてからです。
熟年さんは科学と宗教のスペシャリストのような方なので、両者を融合してお考えになってみてはどうでしょう。
つまり、「神」という存在は確かに存在するのであって、人の頭で考えるような物理的なものばかりではなかったと私は思うのです。
華の熟年
2014年06月28日 15:19
ヤシャスさん こんにちは。

コメントや沢山の気持玉を頂き有難うございます。私は科学や宗教について、おっしゃる様な専門家ではありません。大学は4年間で卒業して企業に就職しており大学院にも進んでいません。宗教も在家信者として仏跡地を巡礼して煩悩を少なくしたいと考えているだけです。

ただ、このブログの開設した時に '' 私の自然観 '' と言う原稿を載せています。22年前に '' 華の中年 '' のニックネームで PC-VANのSIGに投稿した原稿です。この文章の中に、科学と宗教を融合できたら良いなぁと書いて有ります。
華の熟年
2014年06月28日 18:36
コメントの追加です。

私は、人間は死と同時に霊魂が肉体から脱出して、霊界と言うこの世の物質世界と異なる次元に移行すると考えています。科学の分野で研究されているダークマターも異次元の世界かも知れません。その世界は時間・空間・物質・そして全ての魂が渾然一体と成って、ホログラフィーの中に畳み込まれていると思います。アカシックレコードは、その出入り口であり1部を読める人は預言者と言われます。
ヤシャス
2014年07月09日 13:40
なるほど、おっしゃるところのダークマターというのを「異次元」と解釈すれば納得出来ます。ちなみに私は霊能者ではないのですが預言者を自負しております。
おっしゃる通りに霊界は存在しています。ただしそれは太陽系内にあるもので、魂はそれ以上の領域に上昇しなければならないのです。私のホームページ「愛の預言」http://www1.cnc.jp/love/をお読みいただければ幸いです。
華の熟年
2014年07月09日 15:31
ヤシャスさんへ

ダークマターは、重力のみと相互作用する未知なる物です。それが異次元に有るかも知れないと言う意味です。そして霊界も同じ場所と予想しています。愛の預言は拝読しました。

この記事へのトラックバック