見えない宇宙と未知なる物質について NO.3

最近の宇宙観測や素粒子の実験から真空の空間内に未知なる物質の存在が判明して来ました。実験や観測により新しい事実が判明すれば次々と改良し、より完成度の高いものにしていくのが良いと思います。

ダークマターと想定されるものが現在次の如く色々あります。

1. 最近その存在が証明されたと言われているヒッグス粒子(物質に質量を与える)は宇宙を満たす謎のダークマターであると言う理論もある。

2. ディラックが相対論と量子論を合わせた方程式から導き出した、空間は反物質の海と言う理論もある。素粒子には電荷が反対の粒子が必ず存在する。例外的にマヨナラ粒子は粒子反粒子が同一。

3. アインシュタインの相対性理論でその存在可否について議論されていたエーテルは真空の宇宙空間を満たしている。光も含めた電磁波は媒質が必要であり、何もない空間では波は伝播しない。人間は日常的に空気を意識していないが音は空気で伝播する。真空は何も無いと思って居ても、太陽の光は真空の空間を波の形で伝わって来ている。

4. 超対称性粒子の中のニュートラリーノも候補に上がっています。しかし、通常のバリオン物質だけでは量的に不足している。

余剰次元に存在し直接には観測出来ないので間接的に測定し推論する方法で捉えようとしている。しかし、人類の現在の科学技術では非常に困難を極めると思います。将来的に画期的なテクノロジーが開発される事を期待したいです。例えば、UFOの飛行原理は物理の慣性の法則にも違反しています。超高速で飛行しつつ直角に方向転換出来るし、地球の重力を無視した動きもしています。これは、人類の持っている科学技術を遙かに超えています。

ダークマター( 暗黒物質 )は結局なんで有るかは今後の宇宙観測や地球上での実験結果に委ねられています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック