仏教の戒律 ( 人間の生き方 )

画像

ベナレスの
ガンジス川で
沐浴をしています。









煩悩と言う洋服を着ている我々にとって、日常生活で六波羅蜜行、十善戒、八正道を実践する事は困難です。出家して托鉢のみで生きるサドゥー (出家修行者 )にも成れませんが、インドやネパールにサドゥーは数百万人います。

六波羅蜜( ろくはらみつ )

布施(ふせ) 見返りを求めない施し。
持戒(じかい) 仏教の戒律を守る。
忍辱(にんにく) 辱めを受けても我慢する。
精進(しょうじん) 一生懸命に勤め励む事。
禅定(ぜんじょう) 常に心の安定をはかる。
智恵(ちえ) 思いやりの心を持って考える。

十善戒( じゅうぜんかい

不殺生(ふせっしょう) 生き物を殺さない。
不偸盗(ふちゅぅとう) 物を盗まない。
不邪淫(ふじゃいん) 邪な愛着をおかさない。
不妄語(ふもうご) 嘘偽りを言わない。
不綺語(ふきご) 戯言を言わない。
不悪口(ふあっく) 人の悪口を言わない。
不両舌(ふりょうぜつ) 二枚舌を使わない。
不慳貪(ふけんぞん) 物を惜しみ貪らない。
不瞋恚(ふしんに) 怒り憎まない。
不邪見(ふじゃけん) 間違った考え方をしない。

八正道(はっしょうどう)

正見(しょうけん) 物事を正しく見る。
正思惟(しょうしい) 真理に照らし合わせて考る。
正語(しょうご) 正しい言葉を話す。
正業(しょうごう) 日常の行為を正しく行なう。
正命(しょうみょう)   正しい職業、正しい収入で暮らしを立てる。
正精進(しょうしょうじん) 正しく励んで努力する。
正念(しょうねん) 正しい心を持ち真理・法則を思う。
正定(しょうじょう) 心を常に正しく置き、動揺しない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ヤシャス
2014年07月12日 17:25
仏教用語というのは中国を介しているので漢字で難しく表現されていますが、ブッダその人は難しい教えをしたのではないと私は解釈しています。五木寛之なども「~の発見」という本でやたら小難しい宗教用語を使っていましたが、真理は単純なのです。
しかしながら、上のような言葉を研究、実践しようという心は一般現代人皆に必要だと思います。
華の熟年
2014年07月12日 20:28
ヤシャスさん コメントを頂き有難うございます。

おっしゃる様に仏陀は対機説法と言って、相手の立場に立って聴く人の理解度や信仰心の程度によって、教える言い方を常に変えています。もちろん余り難しい表現はしなかったと思います。如是我聞から始まるのは、仏陀から聴いた事を後世の仏教徒が経典としてまとめたものです。

この記事へのトラックバック