科学技術と地球の未来について

科学技術の進歩のスピードは目覚しく、倫理観や道徳観を見直す必要に迫られています。世の中に便利な物が出来ても使い方を誤れば怖い事になります。常にその弊害を考慮して進めなければなりません。常に相反する事が隠れています。

遺伝子操作により植物や動物を人間の目的に応じて改変し未知なる生物を創っています。将来どんな災いが起こるか予測は出来ません。SF映画の様なクローン人間もいずれ出現するかも知れません。

科学技術の進歩は誰も止める事は出来ません。物理の基本法則でエントロピーの増大と言う一方通行の原理が働いています。秩序から無秩序へ際限なく向かうと言う。人間の叡智でエントロピーを下げる努力を必要とします。リサイクル・エコロジー・太陽-風力発電・等々あります。

最近の自然現象を考えると、寒暖の差が大きくて振幅も激しくなって来ました。猛暑と寒冷、豪雨と干魃、深海魚が漁船に摂らえられる、などの地球環境の大きな変動です。86年後の22世紀には地球環境は現在とは全く異なると思います。科学者は地球規模の気象変動をスーパーコンピュータにてシミュレーション計算して予測しています。この予測について、計算式に入力する初期数値によっても変わりますが、その計算結果はそのまま公表して欲しいと思います。

平安時代から鎌倉時代の初めに、末法思想が流行し新しい宗教が次々と生まれました。来世に救いを求める浄土信仰があります。いつの時代も将来に対する不安があります。現在は当時と比べて地球規模と言う様にスケールが大きいです。巨大隕石・太陽黒点の変動・地球外知的生命体の存在・等々の宇宙からの脅威も色々あります。

人間の努力と叡智により乗りきって欲しいと思います。私には二人の孫がいますので、将来もこの繁栄が続くように願いたいです。(^_^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年04月19日 10:10
◆気持《ニックネーム》さとし君さん
《気持玉》ナイス
ーーーーーーーーー
さとし君さん、連続して沢山の気持玉
有難うございます。

科学技術と地球の未来について、地球環境の変動・原発の問題・人口や経済的格差の問題等々を乗り越えて行かなければなりません。

化石燃料を使用すると二酸化炭素の排出量が増加して温暖化するし、日本には54基の原発があり、最終処分場の事を考慮すれば既設の原発を全て廃炉にする必要ありです。

この両方解決するには、太陽光発電・風力発電・地熱発電等を積極的に推進する事が必要です。人口や格差の問題は、国境を越えて富を公平に分配し、極端な格差は無くす事が肝要です。

そして人間は、愛と慈悲の宗教心を持つ事が最も大切だと思います。

この記事へのトラックバック