生い立ち ( 小学校から中学校へ ) NO.7

画像

蚕の繭

絹織物の繊維





小学校は子供の足で家から歩いて30分位でしたが、中学校はかなり遠いので自転車通学に成ります。中学へ入学前に自転車の乗る練習をしました。大人用の大きい自転車をいきなり乗る必要があり、兄のお下がりの自転車を乗ることに成り兄から乗り方を教わりました。後ろの荷台に手をかけて押してもらい何度も繰り返してバランスの取り方を練習して、1時間位でやっと乗れる様になりました。ペダルに足は何とか届きましたが最初は怖かった事を覚えています。次男の兄はビー玉やメンコ遊びも得意で、近所の遊び友達からたくさん獲得して箱に一杯貯めていた。

中学校の入学式の翌日に、クラブの説明会があり話を聞いてから野球部へ同じ小学校からの友達数人と一緒に入部しました。グローブとバットは祖母から買って貰い持っており、軟式のボールでキャッチボールや三角ベースでの野球は経験ありました。放課後は数時間にわたり15人位の部員で練習に明け暮れました。夏休みに野球部員で渓谷の川へキャンプに行ったのが楽しい思い出で良く覚えています。飯ごうでご飯を炊き、川で魚を釣って食事のおかずにしました。

勉強で1番の印象に残っているのは、2年生の時に数学の先生が余談として、二乗してマイナスになる数字があると言った事です。そんな数字は有るはずが無いと思っていると、先生は高校で習うので今は知る必要が無いと言われて詳しく教えてくれなかったのにガッカリしました。

図画工作の授業で、組み立て式の安楽椅子を作ったのは面白かったと記憶しています。

秋の運動会の種目でフォークダンスをすると言う話で、体育の時間に練習する事になり、男女2列で整列し先生が号令をかけてお互いに手を繋ぐように促されましたが、誰も恥ずかしがって男女が手を繋ごうとしません。その結果、先生は諦めて運動会のフォークダンスは取りやめに成りました。

昼休み時間に仲良しの友達と体育部室で、将棋を良く指していました。ある時に勝負が中々付かず夢中に成っていると午後の授業のベルを聞き逃して、開始時間に大幅に遅れて先生にひどく叱られた事がありました。

休日は家業のお店や畑の仕事を色々と手伝いました。ある日に2人のハイヒールを履いた美人の女性がお店に入って来て、近くに '' 人魚 '' が奉ってあると聞いて来たので案内して欲しいと言われる。父にその旨を告げるとお前が案内しろと言い付けられたのでその場所へ案内する。玄関で管理人のおばさんに用件を告げて了解を貰い、奉ってある お堂に 案内した。この人魚を見ると良い縁談があり幸福な結婚が出来ると、その2人の女性が話していました。

当時は蚕を飼って養蚕業をしている農家もありました。畑には桑が植えて有り紫色の実を付けます。白い大きな蚕の幼虫で桑の葉っぱを食べて大きく成り、身体が透明に成ってくれば、いよいよ繭を造る時期に成ります。数匹貰い受け家で飼った事も有りました。白い綺麗な卵形の繭を造るのは神秘的です。当時でも高価な絹織物の原材料です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年07月09日 23:36
こんばんは。
懐かしい思い出がたくさん綴られていて、自身の記憶も蘇りますね。
小学校、中学校は歩いて10~15分位、自転車通学は高校へ入ってからでした。
自転車の練習は小学校低学年の頃、子供用自転車などはなく大人の自転車で三角乗りで覚えました。道は砂利道、よく転んで膝にすり傷を作ってました。
蚕は母方の祖母が飼っていて、糸を紡いでいました。幼稚園頃の思い出です。
我が家は飼っていなかったですが、小川の土手に桑の木がたくさん植えられ、子どもたちは桑の実をおやつがわりによく食べました。
小学校の高学年だったと思いますが、夏休みの宿題で蚕の観察をしました。虫かごの中で、飼いました。毎日桑の葉を食べさせ、繭を作って蛹になり、絹糸を作るのではないので、
蛹から蛾になり、卵をいっぱい産んだまでは覚えていますが、その後はどうしたか記憶にありません(苦笑)
昔は野球は人気でしたね。女子はソフトボールでした。
懐かしくて長々と書いてしまい失礼しました。
華の熟年
2014年07月10日 09:55
ekoさん コメントを頂き誠に有難うございます。

子供の頃に色々な事を体験したのは、その後の人生を生きて行く上で役立っていると思います。自転車の乗り方で小学の低学年の時は、足がペダルに着かず三角乗りも難しかったので、中学校の直前にやっと乗れる様に成りました。

なるほど、御祖母様が蚕を飼っていましたか。昔は糸車を廻して糸を紡いでいましたね。小生も桑の実は美味しく食べましたが、口の周りが赤紫に染って口紅を付けた様で笑われた事を覚えています。

蚕の飼育で 蚕 ( かいこ ) → 蛹 ( さなぎ ) → 蛾 ( が ) → 卵を産む。これは生命の不思議な現象だと子供ながらに感じましたね。小学校の夏休みの宿題では、トンボ・セミ・蝶々・などの昆虫採集をして、菓子箱に綿を敷いて並べた事もありました。

現在はサッカーに人気が移って来ましたが、昔は野球が一番の人気スポーツでした。放課後は学校の運動場も野球部の練習で、ほぼ独占していた様に思います。孫の男の子が小学校に入学したので、お祝いに子供用のグローブとバットと柔らかいボールを買ってあげました。
2014年07月12日 14:43
私が生まれ育った家の庭に桑の木がありました。養蚕をやっていたわけではないのですが・・・季節になると、紫色に熟した実を採って食べるのが楽しみでしたね。
当時は甘いお菓子など、皆無に近かったので、甘さは果物類出しか味わえなかったのです。
庭にはイチジクやスグリもありましたね。
華の熟年さんのお陰で、懐かしい思い出に浸ることが出来ました。
華の熟年
2014年07月12日 19:29
みつばさん
《気持玉》
ナイス

みつばさん 気持玉ありがとうございます。七夕の綺麗な飾り付けを拝見しました。これからも宜しくお願い致します。
華の熟年
2014年07月12日 19:57
あきさん コメントを頂き有難うございました。

桑の実を子供の頃に食べられた様ですね。おっしゃる様に昔は甘いお菓子を食べる事は出来ませんでした。甘い物といえば果物が1番で、この季節は西瓜や桃が有り、秋になると アケビや柿も有りました。柿やイチジクの木が家の畑にあり小生も美味しく食べました。サトウキビが1番甘かった。
2014年07月13日 05:46
自転車の練習が中学校に通うためだったというのが珍しいと感じます。私たちは小学校の時に近所の貸自転車屋さんが大繁盛で、毎日のように借りて練習をしました。
あの頃の男の子は全員、野球でしたよね。 今はサッカー、ゴルフ、テニスと選択の幅が広がっています。時代の流れですね。
華の熟年
2014年07月13日 09:12
araraさんへ コメント有難うございます。

生家には自転車は大人用しかなく、小学生の時は大き過ぎて乗れませんでした。田舎だったので貸し自転車屋さんも有りません。私には兄が二人いてお下がりの中古を乗ることになりました。

おっしゃる様に当時は野球が1番の人気スポーツでしたね。最近の子供は屋外の公園などで遊ぶ事が少なくなりましたが、現在住んでいる住宅地にある公園は比較的治安も良く、平日でも学校が終わってから夕方には10人以上の子供が、滑り台やブランコ乗りやボール遊びをしています。

昨日は散歩の帰りに立ち寄ると、飲み水として公園に設置してある水道の上向きの蛇口で噴水の様に水を出しっ放しにしていたので、小学6年生位の子供に注意しました。素直にゴメンなさいと言っていました。町内会の役員をしており公園の見廻りも担当しています。
2014年07月13日 21:26
華の熟年さんは、部活なども参加するなど、集団のなかに入りこめたんですねー。私は入ることを拒否しました。中学の先生推薦の生徒会長も断りました。部活で得られたものは生涯の財産だということは後ほど知りました。
自転車は確かに大人用から乗りました。サドルに尻を置けず、逆三角の主フレームに片足を入れ、千鳥とか呼んでいた乗り方からはじめました。
感心しますのは、家業を大変にお手伝いしたことです。屋敷裏の畑が少々でしたので母親の手元になった程度です。
当方、甲信越で標高的には米の取れるスレスレでして、蚕は主要な仕事でした。実家の天井が隙間のある小幅の板で、むしろを敷いて天井裏をお蚕の場所としてました。甲斐絹(かいき)というブレンドでしたね。
華の熟年さんの少年時代の生活から自分の生活を思い起こせ、異なることも感じられましたですね。
男ばかり5人兄弟でしたが、優秀でなけれなならない。。こういう話は兄からあり、親から些細な生活仕草と将来についても含めて叱られたり、指導はありませんでした。
華の熟年
2014年07月13日 22:37
さとし君さん コメント有難うございます。

私はどちらかと言えば集団で何かをするより個人で自由に動く方が好きです。ただ、遊びやスポーツは仲間と競ってする事は面白かったです。このブログを立ち上げてネットワーク活動を始めたのは、自由時間が出来た事で20年前の体験を思い出して再開した次第です。

小生は、兄弟五人で真ん中になります。生家は商売と農業など忙しかったので、家業を良く手伝いました。父はかなり厳しくて兄弟全員良く叱られました。子供の頃、学校の先生も怖かった事を覚えています。たとえば白墨が飛んで来たり教室の後ろに立たされた事も有りました。

この記事へのトラックバック