お盆の行事について。

画像

阿弥陀如来の来迎図

同伴している菩薩様




8月15日( 7月15日)を挿んで4日間行われますね。先祖の霊があの世から帰ってきて家族と一緒に過ごし、また帰っていくという日本古来の信仰に基づく行事です。お寺のお坊さんが檀家を廻ってお経をあげます。地獄の釜の蓋が開いて来る人は生前に悪い行いをした人で、天界の扉が開いて来る人は生前に良い行いをした人。それぞれの自分の暮らして居た家に帰ってくると言う風習です。

仏壇やお墓に、お花や果物等を御供えして線香を立てます。提灯を照らして先祖の霊を家まで導くという風習をする所もあります。お盆は正式に盂蘭盆(うらぼん)と言って梵語の《ウランバ ナ》を漢字に音訳したものです。先祖や死者の霊を家々に迎え入れ、ご馳走して慰める(供養する)仏教行事です。

迎え火は、13日夕刻に行う野火を迎え火と呼びます。精霊棚の故人へ色々なお供え物をしたり、墓に行って掃除などをします。

送り火は、16日の野火を送り火と呼びます。京都の五山送り火が有名です。

川へ送る風習もあり灯籠流しが良く行われています。私の生家では、仏壇に御供えしたお花や果物を川に流しました。

お中元は元々、祖先の御霊を供養するお供え物で、そうめん・白米・菓子・果物が多く、それらの供物をいただきながら祖先の霊を慰め、生けるものの無病息災を喜んだものと言れています。

精霊馬と呼ばれる乗り物は、故人の霊魂がこの世とあの世を行き来する為の乗り物として、きゅうりやナスで作る動物です。マッチ棒や折った割り箸などを足に見立てて差し込み、馬、牛として仏壇まわりや精霊棚に供物とともに配置します。

盆踊りは、お盆にもどってきた祖先たちの精霊のために踊るものです。本来は仏教行事で、盂蘭盆の行事と結びつき、精霊を迎え死者を供養する為という意識でした。最近は宗教的意識は薄くなり、太鼓を叩き歌や踊りで民衆の娯楽として発展してきました。

施餓鬼供養とは、お盆の時期に行われる仏教行事の一つで、飲食物を口にする事が出来ず常に飢えと乾きに苦しんでいる、餓鬼と呼ばれる者たちに飲食物を与えて、仏の世界へ生まれ変わるように供養する行事です。お盆には亡くなった祖先や家族たちの供養を行うのと同時に、餓鬼の供養も行なって徳を積むことで自分にも救いがあるとされています。餓鬼の住む世界は、生前にお金への執着心が強かったり、貪り、物惜しみ、妬みなどの心が強い人間が死後に墜ちて行く所です。

施餓鬼の由来は、盂蘭盆経によると言われて居ます。この経典によると、お釈迦様の弟子である目連尊者は神通力第一といわれており、亡くなった母親がどうしているかと、神通力を使ってみると、母親は餓鬼道の世界に落ち、体は痩せこけ、お腹だけ膨らませて、口に入れようとする食べ物すべてが燃え上がり、もがき苦しんでいました。目連尊者の母親は、生前、他人の不幸を省みず、人をだまし、おのれの欲求のみに生きました。その結果が餓鬼道だったのです。驚いた目連尊者は、お釈迦様に相談し次の事を教わります。雨季ももうすぐ明けるので、修行に篭っていたお坊さん達が修行の安居から戻って来るので食物等を布施して供養する事により母親は餓鬼道の苦しみから救われるだろうと言われました。早速、目連尊者は何百人というお坊さんを供養しました。そして、神通力で母親の様子を見てみると、母親は餓鬼道より救われたと言う話です。

余談です。

賽の河原で石を積んで遊んでいる水子や幼くして亡くなった子供が、鬼に積み石を崩されたり虐められて泣いていると、地蔵菩薩が現れて助けてくれます。墓地の入口には六地蔵様が仲良く並んでおり、六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道) の世界を自由に往来出来ます。地蔵菩薩は六道を輪廻する衆生を救う菩薩であるとされています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年08月06日 10:58
こんにちは

仏の教えを形で表す
人は時々教えを忘れるから
六地蔵を見るたび
ああそうだったと思い出しますよね
2014年08月06日 11:15
こんにちは。
お盆行事の意味、詳しく書いていただいてよく分かりました。六地蔵様は必ず立っていますが、そう言う意味だったのですね。
華の熟年
2014年08月09日 15:38
無門さん コメント有難うございます。

お盆の行事は沢山有りますね。盆踊りの様に少し変化した行事もあり、娯楽を取り入れた故に長く受け継がれて来たと思います。仰るようにそれぞれに意味があり、先祖を敬い供養する事は良いお盆の行事だと思います。
華の熟年
2014年08月09日 15:40
ekoさん コメント有難うございます。

お地蔵様は日本人にとり一番身近な存在だと思います。道端に立って居るのは大体はお地蔵様です。
2014年08月09日 18:13
私が30才前に亡くなった実の男親の好物である寿司をお盆にお供えしたところ、夢に親爺が喜んだ顔して、お腹を膨らませてでてきました。それ以来寿司をお盆にはお供えしてます。
詳しいお盆の意味の記事ありがとうございます。
記事の話は本当
さとし君
2014年08月09日 18:47
記事の話は本当→記事の話はお地蔵様が先祖を毎日護ってくださり、本当ですね。個人的なことですが、迎え盆に米団子を感謝を込め24個お供えします。送り盆にはお地蔵さまへのお土産に先祖に持参してもらいますように、やはり新たに作った団子を川に流します。
華の熟年
2014年08月09日 21:06
さとし君さん コメント有難うございます。

お寿司を御供えして夢枕に現れたのは、逢いに来られたのだと思います。時空を超越した無意識(末那識・潜在意識)の状態であれば、あの世と繋がりを持つ事が出来ると言われています。ご先祖様を供養する風習は時代の変遷で変わって行きますが、科学が幾ら進歩しても今後も続いて行くと思います。

この記事へのトラックバック