京都で仏像彫刻展や東寺の国宝展を見学して来ました。

画像

京都文化博物館で現在開催されている仏教美術展を、仏像彫刻の教室で一年間一緒に習っていた仲間と3人で見に行きました。主催は松久宗琳佛所・宗教芸術院です。カタログ写真の一部です。
画像

木彫の仏像・仏画・截金等の作品が展示されています。展示作品は主に近畿地方の文化センターや教室で指導している講師やその生徒の作品です。写真撮影は残念ながら不可でした。展示品の紹介はできません。
画像

2年前に見学した時"観音菩薩立像"の写真です。
画像

博物館内にあるレストランにて3人で和食を食べました。
画像

東寺(教王護国寺)の五重塔です。
画像

画像

午後は東寺 ( 教王護国寺 )に行き、秋季特別公開として国宝十二天屏風・灌頂儀式の様子・両界曼荼羅図・工芸品等々を見て来ました。庭園と池を入れて、五重塔を撮影しました。今回の見学で五重塔の初層内部も見学出来たのは良かったです。心柱にも絵図が描かれていると案内の僧侶が説明していました。
画像

弘法大師・東寺・平成26年11月1日と書いた、東寺の御集印です。
画像

御参りと見学の後に、神仏霊場の御集印も頂きました。教王護国寺は京都4番の札所になります。伊勢神宮から比叡山の延暦寺まで、150ヶ所の神社と仏閣があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年11月04日 15:50
幅広いご趣味なんですね。
何年か前に東寺に行き写真を撮った事だけは覚えています。

昨日、3日で150キロ 日本スリーデーマーチを5年連続完歩できました。
死にそうでした。はい。
80歳まで20年間続けます。はい。
2014年11月04日 20:25
羅輝さん こんにちは。

神仏霊場へのお参りは心の浄化と平安を得るために続けています。

3日で150キロも完歩したのは体力・持久力・気力ともに立派ですね。小生は野球やフィギュアスケート等のスポーツを見るのは好きですが、自分でするのは苦手です。散歩や時々に筋トレくらいです。
2014年11月05日 02:48
東寺には時々帝釈天を見に行きます。京都に出掛ける時には必ず…夫が一緒だとなかなか毎回は行けないのですが。
2014年11月05日 09:39
araraさん こんにちは。

東寺は、真言宗の宗祖である空海(弘法大師)により建立され、国家鎮護の寺院であるとともに真言密教の根本道場で、古都京都の文化財として世界遺産にも登録されています。

東寺には沢山の国宝や重要文化財がありますね。五重塔や十二天屏風も国宝です。帝釈天は講堂の須弥壇の東西端に梵天と一対でそれぞれ祭られています。仏教の守護神で元々はインドのヒンズー教の神々の中から取り入れられています。

小生は10回くらい行った事があり、お参りだけで無く毎月21日の縁日に約1,200店の露店市場が開催されます。
2014年11月05日 11:03
秋は東京でも、魅力的な
展覧会が目白押しですが、
京の都で展覧会巡りをされるとは、
素晴らしい事ですね。
東寺五重塔の内部が拝見できるのも
羨ましい話だと思います。
2014年11月05日 12:13
こんにちは

学習されていた仏像彫刻
作品を見ることで
よりいっそう触発されるものも
有りますよね

2014年11月05日 15:00
yasuhikoさん こんにちは。

この季節はハロウィンなどの外国からの催しもありましたが、日本独特の行事が沢山開催されていますね。五重塔の内部は特別に見学出来たのは幸運でした。しかし、厳重な管理体制でした。
2014年11月05日 15:02
無門さん こんにちは。

仏像彫刻展は、仏像教室へ一緒に通っていた友人に誘われて行きました。2人は継続していますが、私は昨年の秋から教室はお休みしております。家で一人にて彫り進めるのは難しいと感じています。今彫っている仏像は未だ未だです。何とか完成したいと思っています。
2014年11月27日 18:10
東寺の宝物の多さに驚いてます。当初建設時にお大師さまが木材を稲荷山からいただいたようですね。伏見稲荷祭には、くりだした神輿が東寺の僧から御供えを受けるようです。寺とお稲荷さんの関係は深く、お大師さんも神通力で稲束を背負うお稲荷さんを観てます。
東日本、東京から考えますと、東寺はお大師さんに逢える行きやすいスポットです。過去に5回ほど真冬にお参りして、今はご無沙汰してます。
2014年11月30日 11:51
さとし君さん こんにちは。

伏見稲荷神社は神仏習合のもとに仏教系の稲荷としても礼拝されてしますね。仰るように東寺との関係が深いと思います。

この記事へのトラックバック