生い立ち ( 大学生の頃,後半 ) NO.11 完了

画像

いつもの散歩と異なるルートを歩きました。川沿いの景色です。小川を堰き止めているコンクリートの上で、亀が2匹甲羅干しをしていました。
画像


10月11日NO.10の続編です。前回は受験から講義内容及び色々と遊びの話もしました。

1.夏休みに九州の五島列島へキャンプに行った時の話。

大学時代の一番楽しい想い出です。夏休みに入りアルバイトをしていた時、同級生から電話が有り九州の方へ遊びに行かないかとの誘いがありました。バイトで貰ったお金も持っており喜んで行く事にしました。参加人数は6人でした。前回の写真には小生を入れて4人が含まれています。大阪駅から九州行きの夜行の長距離列車だったと思います。電車を乗り継いだ後、舟に乗る前にキャンプに必要な買い物を済ませる。

買物途中にスロットルマシンの遊技場が有ったので、同行していた友人と2人コインを買ってレバーを引きドラムを回転させる。眼を上下に素早く動かし回転速度と目の速度とを一致させて絵柄を確認し、ボタンを押す瞬間と回転ドラムの絵柄のタイミングをピッタリ合わせて、ドラムを停止させ3つの絵柄を揃えました。約30分位でコインをジャラジャラと出して、タバコ8箱位と交換しお店を出ました。相手の速度と一致すれば止まって見えるので、相対性理論が役立ちました。

船に乗りキャンプ地の有る五島列島の小さい島に渡りました。キャンプのテント用具を管理人に借りて、海辺に近い所にテントを設営しました。海で泳いだり、ボートに乗り、麻雀をしたり、魚釣り、等々をして一週間くらい楽しく過しました。グループサウンドが流行していた時代でエレキギターを弾いて歌っている高校生くらいの、地元の人達も沢山遊びに来ていました。キャンプ地のお店に居た若い女性販売店員の人達とも親しくなりました。後日談ですが、この時に知り合った女性と結婚した友人がいます。青春ドラマになりますね。楽しいキャンプも終わり、舟の乗り場まで見送りを受けて帰路に着きました。

2.卒業研究について。

大学の3年目の終わりに単位取得の試験結果が出ました。幸運にも卒業単位が取れた事で、卒論のゼミの選択があり高分子教室を申請しました。教授の部屋に呼ばれて、他大学の研究室で一年間研究し卒業論文を書く様に言われました。研究テーマは派遣先大学の先生が提示して指導して下さると言う話でした。指導して頂いた助教授の先生は、米国に留学して博士論文を書いた方でした。芳香族の開環とその副反応メカニズムを解析し、ガスクロと元素分析でトレースします。45年前で当時は精密な分析機器はまだありません。希望する高分子系の研究とは異なりましたが面白い研究だったと思います。一年間指導の下に実験してデータをまとめ、卒業論文を仕上げました。

同じ実験室内で別な研究活動をしていた先生に、南紀へワーゲンのカブトムシ型の自動車に乗せて貰い、磯釣りに数回行った事もありました。その先生の家に遊びに来ないかと他の学生仲間と一緒に誘われました。訪問して驚いた事に、奥様は英国人で2人のハーフの3歳と6歳くらいの可愛い男の子がいた事を覚えています。

3.就職について。

大学院へは進学せず就職する事にしました。当時は高度経済成長期の真っ只中で就職の掲示板には求人票がたくさん貼ってありました。新聞の株式欄に載っている上場企業で、化学系の会社を探して受ける事にしました。

私は祖父母より生家の旅館業を受け継ぐ様に言われていました。料理には少し興味有りましたが接客の商売は苦手で、先ずは社会人として会社勤めをする事にしました。

☆☆ 幼児期から大学までの 11回の体験談をお読み頂き有難うございました。生い立ちのテーマはこれで終了します。☆☆

'' 生き方 '' のブログテーマの続きで、就職して社会人に成ってからの話を時系列で再び始めたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年11月15日 14:43
五島列島でキャンプですか。
それはいい思い出になったでしょう。
私も同じ科の仲間と一緒に、
三宅島へ遊びに行った事があります。
(三原山噴火のはるか前の話です。)
同じような体験をされてるなあと思いながら、
拝読させてもらいました。
卒論の提出日が12月24日で、年末が
「クルシミマス」になった事も、懐かしく思い出しました。
2014年11月15日 16:21
こんにちは

多感だった時代
思いでは
生涯の宝ですね
2014年11月15日 21:36
こんばんは!
学生時代の懐かしい思い出ですね。生涯の宝物ですね。
私も友人4人で伊豆大島へゆっくり行き、キャンプはしませんでしたが、民宿に泊まり、島を一周したことを思い出しました。今でも仲良くしている友人たちです。
2014年11月15日 22:18
yasuhikoさん コメント有難うございます。

仰しゃる様に、同じ学科の仲間と遊んだのは良き思い出ですね。化学実験の卒論の内容よりキャンプの方を詳しく覚えています。
2014年11月15日 22:20
無門さん コメント有難うございます。

学生時代は、色々な体験をして視野を広げることが出来たと思っています。思い出として''生い立ち''をシリーズで紹介させて頂きました。
2014年11月15日 22:22
ekoさん コメント有難うございます。

男子6人で行ったので浜辺のキャンプが出来たと思います。学友は利害関係がなく生涯の友としてお付き合いできる事は良いですね。
2014年11月20日 04:27
学生時代の思い出は忘れられないですね。ちょっとだけの期間にアルバイトしたことさえも昨日のことのようにくっきりと覚えています。子供のような、大人のような、中途半端な世間知らずでした。
2014年11月20日 10:15
araraさん コメント有難うございます。

若い頃の思い出について、遊びやアルバイト等は印象深いので良く覚えています。生い立ちについては、一旦終了しますが、未だ書き足ら無かった?と思っています。

この記事へのトラックバック