『宗教と科学の対話』と言う講演会を聴きました。

画像

先日に大阪の中之島にある中央公会堂( 重要文化財 )で高野山大学フジキン小川修平記念講座が開催されたので聴きに行きました。参加費は無料で事前にハガキで申し込んでいました。仏像彫刻で知りあった友人と待合わせをし2人で聴講しました。
画像

大阪市中央公会堂は、日本有数の公会堂建築であり、外観、内装ともに意匠の完成度が高く、日本の近代建築史上重要なものとして2002年に国の重要文化財に指定されている。建物は鉄骨煉瓦造地上3階・地下1階建て。意匠はネオ・ルネッサンス様式をを基調としつつ、バロック的な壮大さを持ち、細部にはセセッションを取り入れており、アーチ状の屋根と、天地開闢が描かれた特別室の天井画・壁画が特徴となっている。( Wikipediaより )
画像

三人の講師の方々による講演でした。( 館内は撮影禁止 )

① 山折哲雄先生 ( 宗教学者 ) 講演タイトルは'' 日本人の信仰心 ''

日本人の信仰心は世界を変えることができるだろうか?空海や親鸞の生き方から学ぼぶことが必要と言われていました。

空海の『秘密曼陀羅十住心論』について最初に話しがありました。

異生羝羊心 - 煩悩にまみれた心
愚童持斎心 - 道徳の目覚め・儒教的境地
嬰童無畏心 - 超俗志向・インド哲学、老荘思想の境地
唯蘊無我心 - 小乗仏教のうち声聞の境地
抜業因種心 - 小乗仏教のうち縁覚の境地
他縁大乗心 - 大乗仏教のうち唯識・法相宗の境地
覚心不生心 - 大乗仏教のうち中観・三論宗の境地
一道無為心 - 大乗仏教のうち天台宗の境地
極無自性心 - 大乗仏教のうち華厳宗の境地
秘密荘厳心 - 真言密教の境地
空海の著した『秘蔵宝鑰』にも書かれてあり、色々な宗派の教義・哲学・思想・考え方・等を比較して述べています。

親鸞聖人については、浄土信仰と阿弥陀如来について解説がありました。

夏目漱石について、晩年は則天去私( この身を天地に委ねる )の生き方に成ったと言われていました。著書のタイトル『心』→ 『こころ』にひらがな書きに変化したと解説有りました。

② 涌井雅之学長 ( 造園家 ) 講演タイトル '' 景観から見た日本の心 ''

現在は農業革命から産業革命に次ぐ環境革命 の時代だと言われていました。地球自然との共生を目指して、環境問題や生物多様性を重視する事が必要とのお話もありました。スライドで写真・グラフ・表・をたくさん表示して解説されていました。東日本大震災の経験から防災から減災の取り組みも必要と言われていました。

③ 松長有慶猊下 ( 前高野山真言宗管長 ) 講演タイトル '' 神・人・世界・そして科学技術 ''

10日ほど前に管長を退位しています。数年前にダボス会議(世界経済フォーラム)に出席して命のつながりを仏教の視点から話をし、日本は宗教間の争いは無いと言われた様です。そして21世紀は科学から宗教に回帰すると述べられていました。科学にはメリットとデメリットの両方ある。近代以前は、科学と宗教は分離せずに同じ人が同じ次元で考えられていた。デカルトの物心二元論の考え方から、明らかに分離して来たと言われていました。

西洋の宗教について。神 → 人間 → 物質・植物・動物 の順番でランクがある。
西洋の宗教で、人間は、神には成れない。
東洋の宗教について。神 ・ 人間 ・ 動植物や物質 は同じ次元である。
東洋の宗教で、人間は、神や仏に成れる。

西洋と東洋の宗教観の違いを解説されていた事が印象に残っています。科学技術についての話は少なかった様に思いました。しかし受付で、松長有慶猊下の著書『仏教と科学』岩波書店が販売されていたので1冊買いました。この本には科学技術についても書かれてあり良い本を買う事が出来ました。

講演は満席で大変盛況でした。帰りは地下鉄で淀屋橋から難波に行き、高島屋デパート内にあるレストランで夕食を共にし、お互いの宗教観・政治・社会情勢について話をして、有意義な1日を過ごす事が出来ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年12月04日 20:53
こんにちは
良い講演に参加されましたね
私たちもできる限り
こういった講演には
参加したいと考えています
2014年12月04日 23:07
こんばんは!
中央公会堂は重要文化財だけあって重厚な建物ですね。
いい講演会に参加され有意義な一日でしたね。
涌井雅之学長はテレビでよく拝見します。
2014年12月05日 10:31
無門さん こんにちは。

この講演会のテーマで''宗教と科学''は、ブログで書きたい内容と一致しており大変参考になりました。書籍も買ったのでゆっくり読みたいと思います。
2014年12月05日 10:33
ekoさん こんにちは。

中央公会堂はルネッサンス様式の大変立派な西洋風建築物です。老朽化が進んだため10年程前に、保存・再生工事が行われています。耐震補強やバリアフリー化がなされ、ライトアップもされるようになりました。この季節には中之島公園や御堂筋一帯は夜間にLEDによるイルミネーションが綺麗です。

著名な方々の講演で大変良かったです。
2014年12月05日 21:56
森羅万象に神が宿り、仏性が潜む
という考え方は、難しいようでいて、
実は、我々に馴染み深い気もしますね。
「モノにも魂があるから大切に」なんて、
昔の親は言ってた気がします。
中之島の中央公会堂は、一度見学したい、
と以前から願ってる建物です。
2014年12月06日 11:06
yasuhikoさん こんにちは。

おっしゃる様に日本人は昔から神道や自然信仰の考え方があり、山川草木や大きな岩石等にも神が宿ると崇めてきましたね。裁縫に使った針や子供の遊んでいた人形を供養する風習があり、つまり魂が宿っている。

仏教思想が取り入れられても、同じ様に解釈して全ての物に仏性があると言われています。

私は、素粒子1個にも量子論から考えても意志が有るように感じており、宇宙全体にも偉大な意志が働いているように思っています。人間の身体も1個の宇宙であり全てを網羅している事に成ります。

松長有慶猊下が講演で話されていた内容で、個の中に全体が含まれると言う言葉に合致します。ウパニシャッドの梵我一如も意味は同じだと思います。

干渉光の一部分に全体が含まれるホログラフィも同じ意味だと考えられます。干渉縞模様は一度、量子のトンネルをくぐり洗礼を受けて次元が高くなり立体の映像を映すことが出来ますね。

現在の科学技術を重視した文明は偏った考え方で、地球の自然や環境を大切にする必要ありますね。

今回の講演に参加した時、中央公会堂の天地開闢が描かれた特別室の天井画・壁画を見れなかったのは残念に思っています。
2014年12月08日 14:35
まずはご挨拶にやってきました。
「須磨寺の境内周遊」へのコメント、ありがとうございました

華の熟年さんは宗教に詳しい方なんですね。
私も仏教には深く惹かれています。
仰るように、西洋のランク付けと違い、東洋では物質を含め全て元は同じと考えています。
「色即是空 空即是色」がこの宇宙を表わしているのではと常々思っています。
空へ帰り、また空から生まれる。
西洋の無はゼロですが、仏教では無限大にもなりえる存在ですね。

私は色んなことを書き綴っています。
又お時間ある時、アルクノのブログにお立ち寄りください
2014年12月08日 19:42
アルクノさんへ ようこそ当ブログへご訪問して頂き歓迎します。

宗教については若い頃から関心があり、毎朝の勤行やお寺へもお参りしています。般若心経に書かれてある「色即是空 空即是色」はおっしゃる様にこの世の有り様を見事に言い当てていると思います。無からの宇宙創生や、量子の振舞いである粒子と反粒子の生成消滅も同じですね。

今後とも宜しくお願い致します。

この記事へのトラックバック