若さと老いについて。

画像
オーロラの写真です。

サムエル・ウルマンの『 青春 』という詩をご紹介します。
ー 始め ー
青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方を云う。薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、たくましい意志、ゆたかな想像力、燃える情熱をさす。青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気、安きにつく気持を振り捨てる冒険心を意味する。ときには20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。年を重ねただけで人は老いない理想を失うとき初めて老いる。歳月は皮膚にしわを増すが、熱情は失えば心はしぼむ。苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い精神は芥にある。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には、驚異に惹かれる心、おさなごのような未知への探求心、人生への興味の歓喜がある。君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。人から神から美・希望・喜び・勇気・力の霊感をうける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪に覆われ悲嘆の氷に閉ざされるとき、20歳であろうと人は老いる。頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、80歳であろうと人は青春にして已む。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。
ー 終り ー

『 青春とは、心の若さである 』と言う作者の気持ちが良く表現されています。心が健康であり前向きに生きる事だと思います。その反対に怠惰な心で有れば年齢に関わらず老いた人ですね。

心豊かに生きる方法は、日常の平和な暮らしに感謝して、自分の境遇の範囲内で足るを知って、心の本質的な安堵と幸せを感じる事だと思います。生きて居ればどうしても煩悩に苛まれます。五欲を上手くコントロールして、崇高な目的に昇華するのが一番だと考えられます。

ブログの名前は『 林住期の生き方 』で大袈裟な事を書いてあり達成は無理だと重々承知しており目標として掲げて居ます。上座部の仏教徒として世俗を離れた生き方は出来ないので、日常生活の中で見つけて行きたいと考えています。

若さの特権は持てる時間や人生の可能性が沢山ある事です。老いの特権は経験が豊富で合理的な選択を可能にします。一つの事に生涯を掛けて大家と成る人や、色々な事を経験して広い視野で見る人もいます。私は後者の方で、目盛りの違う物差しを色々と持っています。

余談です。

テレパシーについて一言。
磁気を脳に当て脳神経に電流を流す方法で『 鬱病 』の医療方法が既にあります。磁気を当てる部位を変えたり磁力線の強弱で脳活動をコントロールしようとする方法です。その逆の方法で、思考により発生する脳周辺の微細な磁界や磁力線の変化を読み取り、その変化をコンピュータ処理して言語や映像に変換出来れば、テレパシーの送受信に一歩近づきますね。

仏像や仏画には光背(こうはい)と言って、体から発せられる光の輪が描かれています。真光(オーラ)とも言います。磁石の周りに出来る磁力線・磁界と関係有ると想像出来ますが、このオーラが見える人もいますが、通常は人間の眼で直接にオーラは見えません。

地球の極地で観られるオーロラは、太陽から吹き付けるプラズマの風により地球の磁気圏は夜側へと吹き流されます。プラズマは地球磁場と相互作用してシート状になり電離層へ高速で降下し、大気中の粒子と衝突してエネルギーを貰って一旦励起状態になり、元の状態に戻る時に発光する現象と言われています。

真光のオーラと極地のオーロラは、どちらも良く似た名前で、共に磁場やプラズマとも関連があります。偶然の一致かも知れませんが、2つの言葉は神秘的な意味を持つと思います。オーム・アウン・アーメン等々の言葉も、宇宙の原初に関係有ると推察できます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年02月16日 18:47
こんにちは

開口音である「あ」は
人の心にも
大きく作用するようですね
エジプトの「あめん」や
イスラムの「あっらー」にも
通じますね
2015年02月16日 20:53
こんばんは!
「青春とは心の若さ…」年齢には関係がない。なるほど考えさせられました。心の若さをなくさないように生きたいですね。頑張ります。
オーロラの写真、綺麗ですね。
2015年02月17日 09:43
無門さん こんにちは。

おっしゃる様に、『 あ~ 』で始まる開口音の言葉は人類共通だと思います。瞑想する時の『 阿字観 』もサンスクリット語の阿字を掲げますね。この言葉は神秘的な意味を持つと思います。
2015年02月17日 09:45
ekoさん こんにちは。

年老いてくると結果を予想して新しい事にチャレンジしなく成りますね。そして安易で楽な方向へ行こうとします。おっしゃる様に『 心の若さ 』を無くさずに、好奇心を持って未だ経験の無い事にも挑戦したいと思っています。ブログでの発信もその一つでしょうね。
2015年02月17日 22:21
素晴らしい詩を紹介して戴いて、
何だか気持ちが若返るように思えました。
「燃えるような情熱」には、正直
もう縁がないですけれど、
「未知への探求心」「人生への興味」なら、
若い時より増してるかも知れません。
ちょっと自信が持てますね。
2015年02月18日 20:37
yasuhikoさん こんにちは。

『 青春 』と言うこの詩は世界的に有名で、生きて行く上で重要なヒントを含んでいますね。おっしゃる様に「未知への探求心」と言ったチャレンジ精神は若さを保つ秘訣だと思います。
2015年02月18日 22:51
やはり、気持ちのいい方からは良いオーラが出ているのでしょうね。
ぼくは、いつも春風のようなオーラが出せたらいいなと思っています。
でも、家内には、そういう気分の時、何、ぼーっとしているのよと言われてしまいます。
で、そういうこと言われるから、冬の寒風になってしまうのです。(笑)
2015年02月19日 08:53
ごろーさん こんにちは。

おっしゃる様に、周囲を和ませる春風のようなオーラを出せれば良いですね。芸術家やスポーツ選手も独特のオーラを出していると思います。
2015年02月20日 01:51
私自身は若い時の自分は大嫌いです。今の年齢になってようやく自分が好きになりました。ただ食べて寝て、生きていた、の一言に尽きますね。目先の今年か考えなかった。今のほうが夢もあるし、信念もあるし、人生の意味も分かってきました。充実感に満たされています。ようやく幸せとは何かとわかったんでしょうか?
2015年02月20日 10:21
araraさん こんにちは。

『 今の方が夢があるし、信念もある~ 』と言うお言葉は立派だと思います。ブログでの投稿文を拝読して伝わって来ます。若い頃に体験した迷いの森で『 青い鳥 』を見付けられたと推察出来ます。

小生も人生の前半は迷いの中で過ごしており、人生の目的と生きる意味を探していました。日常生活と人生の理想とは大きな乖離が有り、年齢を増すごとにその差が小さくなると思います。以前に十牛図は悟りへの道と紹介した事があります。牛は自己でもあり悟りでもあると思います。