生き方 ( 会社を退職して宗教心に目覚める ) No.3

画像
般若心経です。
写経をされている方もいると思います。『 無 』の文字が沢山あります。

大学卒業後に5年間勤務した会社を退職してからの続きです。最初の会社を退職した事が2回目の大きな挫折です。

会社の単身寮は3年目に出てアパートの独り住まいをしておりました。半年くらいは生活する貯金もあり、こんな状態で恥を晒して生家に帰れません。更にお付き合いをしていた女性とも別れて、落ち込んでおり最悪の精神状態でした。

レコードを聴いたり映画を見に行ったりして、気持ちを平静に保つ様に努力しましたが、まだ次のステップへ踏み出せませんでした。失業後10日くらい経過した時、子供の頃に祖母が早朝から一生懸命に仏壇に向かって唱えていた場面を思い出しました。

幼児の頃から毎朝聴いていた般若心経のメロディーが潜在意識から呼び起こされ、『 ハンニャーハラミータ・シンギョー 』と言うお経が無意識の状態で流れて来ました。30分ほど変性意識状態となり気持ちが軽くなって行くように感じられました。

翌日に般若心経の経典を買う為に書店に行きましたが売っていません。おかしいなぁと思い店員さんに聞けばそれは仏具店でしょうと言われ、仏具店の場所を教えてもらいやっと買う事が出来ました。アパートに戻って綴り折の在家勤行次第を拡げ、般若心経の文字を観て思い出しました。子供の時は難しい漢字の羅列で意味は全く分かりませんでしたが、27歳になり少しはその意味を理解出来ました。

高野山真言宗在家勤行次第の順番です。

合唱礼拝、懺悔、三帰×3、三竟×3、十善戒、発菩提心×3、三魔耶戒×3、開経偈、般若心経、十三仏真言、光明真言×7回、御宝号×7回、祈願文、回向、弘法大師和讃、観音経、舎利礼文、延命十句観音経。

子供の頃から耳で知っていましたが、まさかこんなに沢山の分量があるとは、びっくりしたのを思い出します。回向までは覚えようと決心した次第です。祖母は観音経も唱えていました。お経を暗唱で覚えるのは想像以上に大変でした。結論から言えば半分くらいで諦める。経典を目の前に置いて読むことにしました。又、その意味を理解するのも更に難しいと分かりました。人生経験が少ない27歳の私では高い山に感じられました。

失業や結婚話の破談等で人生の大きなピンチを迎えていましたが、一ヶ月後位に般若心経のおかげで精神的な落ち込みは消えており、就職活動を開始する為に履歴書を買いに文房具店へ行きました。

当時は高度成長期の入口で景気も良かったと思います。私は理系でしたが、次の仕事は経済分野の営業職を求職活動する事にしました。内向的な性格の殻を破る為に職種を180度の転換です。職安に行ったり新聞の求人欄も探すようにしました。

過去の学歴や職歴の経験を生かせる様に、求職活動した方が有利に仕事に就けるとは余り考えませんでした。未経験の営業職で不利な立場でしたが、年齢が若いので色々経験しようと思いました。

2社目は、事務用品の卸販売をして居る会社に勤めました。自動車に乗って中小企業や小規模店舗に行き、事務所で必要な事務用品を販売する仕事です。昔で言う御用聞きの商売ですね。約一週間位で辞めました。

3社目は、生命保険会社に勤めました。ご存知の通り生命保険を勧誘する営業職で中年の女性が多い職場でした。成績次第で収入が変動すると言うフルコミッション制に近く、少し我慢して数ヶ月続けました。顧客は自分で開拓する必要が有り飛び込み営業となりました。新規の勧誘は大変難しく最初の月は、小生本人の1件と生家の家族に頼んで契約して貰い合計2件の契約でした。

中小企業診断士の試験を受ける為に数日間休暇を取りたいと上司に申し出て了解を得ました。失業と転職の繰り返し中で勉強不足も重なり残念ながら試験は不合格でした。生命保険は個人に営業をするのは効率が悪いと考えターゲットを絞って営業をする方法を思い付きました。商工会議所に行き各種業界誌を閲覧して商店等の名簿リストや同業職種の業界名簿を入手しました。団体保険も視野に営業活動をしました。しかし会話も訥弁であり現実は厳しく中々契約は成立しません。上司との相性も考慮して辞めました。

4社目は、内勤の営業職で商品先物取引業の会社に勤めました。この会社は一年半続ける事が出来ました。☆☆ この時の詳しい話はまた次回に ☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年03月10日 16:56
こんにちは

合えて荒波に挑戦
若者だけの特権ですね
青山は如何に
2015年03月10日 20:39
無門さん こんにちは。

波乱万丈と言う人生の荒波に船出しました。心境の著しい変化が有り、技術職から一番厳しい職種へ進路の変更です。将来どうなるかは五里霧中の状態でしたね。
2015年03月10日 22:07
こんばんは!
ずいぶん職を変わられましたね。荒波に向かっての船出、経済成長著しい時代だから出来たのかもしれないですね。今だったらこんな冒険は出来ませんね。現代の若者はそういう意味で可哀そうかもしれません。
2015年03月11日 02:42
大変な方向転換を図ったのですね。技術職から営業職への転換は普通は選ばないでしょう。だからこそ数度の転職ということになったのでしょう。ずいぶんご苦労なさったようですが、きっと今考えると人生の大切な財産になっているのではないでしょうか?
般若心経は書写していませんが、高橋先生の「12の菩提心」を1つだけ毎日書写しています。気持ちがすっきりとしますし、これをしない一日は落ち着きません。
2015年03月11日 11:35
ekoさん こんにちは。

おっしゃる様に沢山の職種を経験しており未だ未だあります。40年前は派遣社員や契約社員と言う制度が無く、短い雇用期間でも全て正社員の待遇だったので良かったかも知れません。現在で有ればこの様な無謀な事は出来ないと思います。
2015年03月11日 11:36
araraさん こんにちは。

心境の大きな変化で数年間は営業職をしました。おっしゃる様に、この時の経験が以降の生き方に役立っていると思います。写経は瞑想と同じく心の修行として大変良い習慣ですね。

高橋先生の教義では、『 人間は死んだら終わりではなく、永遠の時を生き続ける魂の存在であり、誰にも人生の目的と使命がある 』と説いていますね。人生の四季を繰り返して魂の成長を続けるものと言うのは、『 弘法大師空海 』の教えと一部似ている所があります。更に真言宗の奥義にはこの身このままで仏様に成れる『 即身成仏(そくしんじょうぶつ)』と言うのもあります。
2015年03月11日 12:33
こんにちわ。

十数年前に知り合った方が曹洞宗の方でもあり、般若心経の経本とテープを渡されて覚え、その後は友人や知人の仏前では唱えさせていただいた事もありました。
2015年03月11日 13:23
マナオさん こんにちは。

般若心経は曹洞宗『 永平寺の禅宗 』の方も経典として唱えていますね。おっしゃる様に暗唱して覚えるには、テープで聴くのは良い方法だと思います。
2015年03月12日 09:06
おはようございます  波乱万丈な人生を乗り越えて

華の熟年さんに

私も転職15回 街工場で腕を磨いてきました

何でも出来る人になりたかったからです

いまは経験を生かして町の便利屋的存在ですが

無償修理をモット~としてますので

腕とは無縁の掃除屋をバイトとして

生計を立ててますが ともに人様の笑顔を観られて

励みになってます

般若心経  法華経 なども好きで 丸暗記

お葬式の時など お坊さんの声に合わせて読経

周りの人がびっくりo(*^▽^*)oあはっ♪


2015年03月12日 10:38
H・Rさん こんにちは。

拍手を頂き有難うございます。転職回数は小生も10回以上あります。一番長い勤務年数は約10年でした。次の様な色々な職種を経験しています。生産技術職・営業職( 事務用品、生命保険、先物取引、自動車 )・居酒屋の店員・個人で商売・化学薬品の製造員・医薬品等の化学研究と生産・個人輸入と販売・水処理プラント設計と営業職・株や為替の個人投資・タクシーの乗務員・家庭ゴミの焼却場での作業員・化学プラントの設計、等々があります。波乱万丈と言えます。

転職を繰り返して仕事は沢山経験しましたが、結婚して子供を2人育てた家庭は大切にしています。信仰心も27歳から持ち続けており現在に至っています。

H・Rさんも御経を唱えるのですね。生きていく上で信仰心は大切だと思います。