生き方 ( 技術職から営業職へ ) No.4

画像
約40年前に近所の子供達と枚方公園へ遊びに行った写真です。

学生時代の生い立ちのシリーズが終わったので、自分史の原稿として時系列的に社会人としての体験談を書いていきます。最初は化学系の技術職でしたが180度職種を転換しました。

4社目も営業職で商品先物取引業の会社に勤めました。前職の生命保険の営業職を約3ヶ月で辞めたので、今度はもっと長く勤めようと思いました。大きな挫折を乗り越え心境の変化もあり、怖いもの知らずで何でも経験しようと考えました。

アパートで独り住まいをしており新聞は取っていたので求人欄を見て面接会場に直接行きました。受付で履歴書を渡して自分の名前を呼ばれるのを待ちました。中途採用の募集で5人位採用されました。アパートから面接会場までの交通費を聞かれたので答えると、その金額を貰えたのに驚きました。

会社の業務内容や仕事の具体的な仕組みは入社してから初めて知りました。3日3月3年と言う諺も有り、大学卒業後、5年→3日→3月と仕事を変えてきたので、4社目の会社は少なくとも3年間は続けようと考えました。最初の会社の辛い経験が仕事の『 トラウマ 』と成っている事が人生の後半に気付きました。

最初の一週間位は業務内容の説明と会社の営業方針が幹部より有りました。商品取引所に上場されている、穀物( 小豆・大手芒 )、乾繭、綿糸、製糖、等々ありました。当時は取引所で立会人が手振りで売買を成立させます。電話で会社の市場部の職員とやり取りして顧客の注文を取り継ぎます。約定した価格は黒板に女性社員が数字を書き込んでいます。市場が開いている時は賑やかで、価格の変動と売り枚数と買い枚数の交錯する声で活気がありました。

新入社員は名簿を元に電話にて新規顧客の勧誘します。小生は新聞の相場欄を切り抜き場帳に毎日の約定価格を記録して罫線( 日足 )を付けました。商品相場の月刊誌も書店で購入して色々な業界の話を知りました。

大阪堂島の米市場は1730年(享保15年)に世界で初めて先物取引の市場として開設された事や天才相場師の本間宗久は酒田五法を考案しローソク足の考案者であると言った歴史を知りました。現在はコンピュータの時代で国境を越えて世界中の市場( 株式・原油や穀物・債券等 )で24時間休みなく取引されていますね。

入社後、半年くらい後に会社からの指示で外務員の試験を受けて免許を取得しました。顧客の所に行く為には免許資格が必要で登録外務員と言う資格です。カバンを買って場帳や罫線の描いたグラフ及び契約する資料を入れておきます。電話で顧客へ訪問のアポイントを取り、会社の運転手付きの高級車に乗って行きました。初めての訪問の時は約一時間くらい説明して何とか契約出来ました。

投機に関する仕事は大きなリスクを顧客に負わせる大変な仕事だとつくづく思った次第です。『 赤いダイヤ 』と言うドラマや映画をご存知の方がいるかも知れません。相場の仕手戦に関する話です。現在はヘッジファンドが暗闘して、為替や原油が乱高下する事が度々あります。日本の国債発行残高を考えると債券市場の行方が心配に成ります。

生家の両親から連絡が有り、近所の同級生は次々と結婚しており身を固める様にとの『 お見合い 』の電話連絡です。付き合っている人が居ると事情を話した所、実家に連れて行き紹介する事に成りました。親に合わせてから結婚の話がトントンと進んで行きました。仕事は結婚を境にもう一度リセットして考え直す事にしました。

実家の旅館業を継ぐのか?大阪で新居を探して会社勤務を継続するのか?の二者択一と成りました。婚約者に聞くと旅館の女将にはなれないと言う返事も有り、小生も商売には適性がないと自覚していたので、亡き祖母の期待を裏切る事に成りましたが、旅館は他の兄弟が継ぐ事に成りました。会社は一旦辞めて新生活をまずスタートさせてから仕事を見つける事としました。29歳の時に泉州の羽衣にある結婚式場で挙式をして、生まれて初めて飛行機に乗り奄美大島と徳之島へハネムーンに行きました。それから既に38年になります。

4社目の会社は結婚の直前に退職して、予定の半分で一年半しか勤務しませんでした。新生活に慣れて落ち着いてから仕事を探す事にしました。結婚後、数ヶ月して仕事を決めました。

5社目の会社に勤務を始めました。今度は中古自動車の販売店で店員として働き始めました。営業所長を含めて8人位の社員でした。府下に約10店舗のお店を経営する大手の中古車販売会社でした。自動車のメカの事は良く知りませんでしたが、100台くらい並べてある中古車を買いに来る顧客に接客し、好みの車を選んで貰います。商談が成立すれば事務所に招き入れ売買の契約書を作成します。

頭金を数十%支払い残りは分割のローン契約がある事を初めてその時に知りました。当時は印鑑証明を添付する必要が有り書類も多かった事を思い出します。お昼は愛妻弁当を食べるのが一番の楽しみでした。

店舗の中に営業成績を比べる販売台数の棒グラフが張り出されていました。月に15台位を売る人や数台の人も居て、営業と接客能力で大きな差が有るのを知りました。私は2ヶ月目から販売を開始して、不思議にも14台→11台→5台と段々と成績が落ちて来ました。学生時代に遊んだ麻雀に誘われて雀荘に行ったりして、余り仕事に身が入って居なかったと思います。結局は4ヶ月で退職しました。

今度は女房の助言で喫茶学校へ2ヶ月ほど通って、喫茶店でのコーヒーの入れ方や軽食の作り方等を習いました。何故行ったかはその理由は覚えていません。

6回目の仕事は、スナック( 居酒屋 )の店員に成り夕刻から深夜の1時頃までの勤務でした。生家が料理旅館をしていたので、アルコールを飲んで羽目を外して騒ぐ様子を知っていたので驚きは無かったです。年末の忙しい時期に2ヶ月程働きました。

7回目の仕事は、移動販売と言って軽トラックに食料品や日用品を積んで住宅街を廻ります。スピーカーを付けて音楽を流しながらマイクで連呼します。買い物客が車の方へ近づいて来ると車を停車させて、荷台に積んで有る商品を見せて値段を言って販売します。新居のアパートの近くに屋根付きの独立したガレージを借りて、市場で仕入れて来た商品を車と一緒に保管します。この時は女房と二人で車に乗って近郊の町を巡りました。今思い出すと毎日ドライブして遊んでいた様に思います。利益が出ず損ばかりで数ヶ月で辞めました。

社会人になってから7回も仕事を変わって結婚後も転職を繰り返し、かなり危い事態に成りそうでした。安定した仕事をする必要に迫られ、基礎知識のある化学に関係する仕事をする事にしました。8回目の仕事からは次回に報告します。

ブログのテーマやその内容からして、嘘だろうとの声が聞こえて来そうです。『 事実は小説よりも奇なり 』と言う諺があります。自分でも不思議な体験をして来たと思っています。

☆☆ いつも気持玉を頂き有難うございます。☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 52

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年04月21日 17:20
こんにちは

波乱万丈の生き方でしたね
私のように一社(リストラで子会社へ)だけで
職種も一か変わっただけの人生
何か不思議な感じがします
2015年04月21日 20:17
無門さん こんにちは。

色々な職種を転々としており我慢が足りなかったと言われればその通りです。失う物も沢山ありましたが、得る物もありました。メートル・ヤード・尺・海里・プランク長・光年・対数・と言った目盛りの違う物差しを沢山持つ事が出来ました。
2015年04月21日 20:43
こんばんは!
人生いろいろと申しますが、波瀾万丈ですね。職種も様々、言い換えればいろいろな経験が出来てその後の人生にプラスになったことでしょう。奥様の心情を考えると複雑な気持ちになりますが…。
2015年04月21日 21:19
ekoさん こんにちは。

おっしゃる通り職種もたくさん経験し波瀾万丈でした。未だ未だ続きありますが、女房には生活が不安定で苦労をかけたと反省しています。一つの会社を定年まで勤続出来れば良かったかも知れませんね。
2015年04月22日 07:54
華の熟年サンは、ご自身の中に
常に高い理想を持ち続けておられる方
なのでしょうね。
記事を、他界した父と重ねながら
拝読させて頂きました。
転職を繰り返すのは、賛否両論あるでしょうが、
色んな経験を経て、多方面な知識を持つ
父に憧れてました。
父で、
2015年04月22日 09:06
風花さん こんにちは。

『 常に高い理想を持ち続けておられる方なのでしょうね 』とのお言葉を頂き有難うございます。仕事はたくさん経験して変動しましたが、家族を大切にする事と神仏への信仰心は揺るぎなく続けて来ました。風花さんの『 お父上様 』は多方面な幅広い知識を持たれていたのですね。素晴らしいと思います。
2015年04月23日 10:13
こんにちは~♪ 波乱万丈の人生ですね~

私も転職15回 技術職一筋にやってきましたが

今はまったく関係ない 掃除屋です

気楽と言えば 気楽ですが・・
2015年04月23日 15:56
H.Rさん こんにちは。

転職を15回とは良く似ていますね。私は技術職から営業職まで幅広く体験しました。3年程前から仕事をリタイアしており、現役の時に出来なかった事をやりたいと思っています。ブログでは日常生活の事や過去の体験で自分史の原稿も書いています。
2015年04月27日 05:46
全く意外な経歴でした。ブログ内容から考えて、古い会社に長くお勤めなさり、どちらかというとあまり変化のない暮らしの中で精神面を探求していらしたと想像していました。転職も若かったからできたことですね。人生を迷いながら生きていらしたのだと改めて感じました。
2015年04月27日 09:40
araraさん こんにちは。

安定志向で無難に一つの仕事を続け、会社と言う組織の階段を登り昇進して行くのが、高度成長期の当時は理想と言われていた時代です。そして日本は農耕民族で古き良き伝統を守るのは美徳とされていました。私は生涯にわたり反対の事をして来た様に思います。おっしゃる様に職業は迷いの中で続けて来ました。特に前半の生き方は酷いものでした。

宗教心は最初の会社を退職した時の挫折が原因で持ちました。一方、高校の時に読んだ本からこの世の成り立ちを知りたいと思う様になり、科学の啓蒙書( 宇宙論・量子力学 )を沢山読み色々と学んで来ました。そして宗教と科学を融合して意識を解明したいと思っています。