唯識について。

画像

仏教の根本教理に自分は存在しない『 無我 』と言う教えがあります。自分の身体や心を構成する要素があるだけで、確固たる自分は存在しない。『 唯識 』と言う思想は、この世の森羅万象の現象について全て阿頼耶識から生じた幻影であるとの考え方です。

八段階の意識について。眼識(げんしき)・耳識(にしき)・鼻識(びしき)・舌識(ぜつしき)・身識(しんしき)・心の意識(いしき)・睡眠中の末那識(まなしき)と言う潜在意識・更に阿頼耶識(あらやしき)と言う根本の識があると説いています。

般若心経の『 色即是空空即是色 』の意味は客観的な物は存在せず、その存在は無常であり生成消滅を繰り返している。( 量子論と似ている )。存在は『 空 』であり実体がないと言う考え方と同じ意味ですね。

唯識論では、心の中の世界は自分の心で認識するので具体的であり、五感で認識する外界は実在しない抽象的世界と言っています。現世利益を求めて、お金・名誉・地位・に執着しても虚しいだけで有り、もっと大切な物が心の内にある事に気付くべきと言う教義だと思います。

迷いの世界は二つの執着に原因がありますね。自分自身の身体や他者との対立と比較による苦しみ、物質的な豊かさ等を求めても得られない苦しみ、です。『 唯識思想 』では全てその様な物は無く存在しないと言っています。

お釈迦様が出家した理由は、なぜ人間は生まれ・老い・死んで行くのか?その根本原因を見出す為でした。そして因果の法則と十二支縁起と言う法則を発見しました。『 無明・行・識・名色・六処・触・受・愛・取・有・生・老死 』、無明( 無知 )と言う根本原因から四苦八苦が生じると言っています。無明を滅すれば苦は無くなり解脱できる。

この世の有り様を知らない為に、自分と言う『 エゴ 』に振り回されて苦しむ事に成ります。縁起の理法に沿った関係性で成り立つ事を自覚して、( 相対論と似ている )生きていく事を求めています。そして自分への執着と、物への執着を無くす事が苦しみから逃れる道と説いています。

『 唯識 』は、全ては知らしめられたものであり阿頼耶識が変化した物と言う思想です。山川草木も心が変化した物となります。( 人間原理宇宙論と似ている )

『 唯識 』では、一人づつ一宇宙を持ち、森羅万象は心から投影された映像だと言っています。人間だけでなく、犬も昆虫も自分自身の宇宙に住んでいる事に成ります。全ての生き物は対等で有る事を知れば、他者への思いやりが大切と気づく事に成ります。

☆☆ 迷いから悟りへの道標と言えますね。☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 55

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年05月03日 01:56
華の熟年さんはほぼ出家状態で、常に自分の煩悩と戦っていらっしゃる? 悟りへの道は遠いけれど、努力は決して無駄にはならなくて、小さな悟りを繰り返しては大きな悟りへと至ることが出来ると思います。ぜひ高橋先生の煩悩地図を理解していただきたいなあと思います。
2015年05月03日 10:32
araraさん こんにちは。

『 林住期の生き方 』として私なりの理想論を述べています。おっしゃる様に悟りへの道は遠いですね。在家信者であり少しでも近づけたら良いなぁと思っています。

教えて頂いた『 煩悩地図 』をネットで調べて、真我・善我・偽我の分類と循環図を観ました。快・暴流、苦・暴流、苦・衰退、快・衰退の4つの閾に区分けし、それぞれの閾には、自信家、被害者、卑下者、幸福者という「4つの人格(偽我)」が潜んでいると言っていますね。偽我(煩悩)の傾向を知るための智慧であり、心の在り方と世界に現れた現実との関わりを明らかにする智慧と書かれてありました。かなり難しい表現ですがその意味は理解出来ました。
2015年05月04日 00:22
親同然に慕ってきた師が、
持病の合併症&認知症に…。
師を見舞う度、
「エゴ」「思いやり」など
自身の見つめ直しを させらてれます。

2015年05月04日 09:57
風花さん こんにちは。

教えを受けてきた恩師がご病気の様ですが、思いやりなど心の健康を維持しているのは立派だと思います。
2015年05月07日 11:28
全ての人も生き物も、自分の
心の中にあると考えれば、
自然破壊、人間同士の争い、差別や偏見が、
どれだけ虚しい事か分りますね
2015年05月07日 17:19
yasuhikoさん こんにちは。

おっしゃる様に自然破壊や人間同士の争いは虚しい事と思います。輪廻の思想から言っても全ての最終の結果は、再び自分に戻って来るでしょうね。

唯識は大乗仏教の『 空 』の思想にある理論で、西洋の唯心論と異なります。東洋哲学の真髄を言い表しており、心の存在も仮で最終的にその心の作用も否定されています。すべての人も生き物も「現象」でしかなく「空」であり、実体のない物という事に成ります。
2015年05月07日 18:03
大変にご無沙汰しております。密教の六大の宇宙構成要素には心があります。ですので若い時代に憶えた唯物論に違和感を最近感じはじめました。
お願いですが、華の熟年さんがお仕事を変えてきた記事をもう一度読みたいのですが、いつの月日の記事か?お教え下さい。
2015年05月07日 21:23
さとし君さん こんにちは、お久しぶりですね。

おっしゃる様に若い頃はお互いに理数系で唯物論を信奉していたと思います。この歳になり物質より大切な『 心 』が有るのを実感します。

お尋ねの件は、ブログのテーマの分類で「 生き方 」No.4~No.1( 4/20,3/10,1/23,12/14 )で仕事の変遷を書いてあります。未だこれからも続きがあります。ブログで自分史の原稿を書いて披露しています。