仏像『 如来、菩薩、明王、天 』について。

お釈迦様の入滅後は仏舎利・法輪・仏足石などを信仰の対象にしていました。仏像が初めて造られたのは、約500年後( 西暦1世紀頃 )に西北インドのガンダーラ地方でした。お寺へお参りに行けば色々な種類の仏像が祭られています。大きく分けて四種類あります。

1.如来( にょらい )は悟りを開いた人と言う意味で厳密には仏様は如来だけとなります。

画像
釈迦如来( ガンダーラの仏立像 )

悟りを開いたお釈迦様の基本の姿である32相80種好を如来仏像と言えます。肉髻相( 頭頂部が膨らむ )、白毫( 眉間に白い毛 )、螺髪( 粒状の渦巻きをした髪 )、長指と手足縵網( 指が長く水掻き付き )、歯は40本、手や足の裏に車輪の様な模様、耳朶環( 大きくて耳たぶは垂れ下がっている )、身体は金色に輝く、光背( 頭の背後に大きな光の輪 )、等々の特徴を持っています。

釈迦如来、大日如来、薬師如来、阿弥陀如来、宝生如来、阿閦如来、その他。

2.菩薩( ぼさつ )は悟りを目指して修行している人と言う意味です。

画像
弥勒菩薩( 56億7千万年後に下生する未来仏 )

大乗仏教では「 仏になる資格はあるが、世の中の苦しんでいる人々を救う為に、未だ仏に成らないと誓った人になります。服装や装飾品も豪華なものを身に付けています。人間が生きて行く上での現世利益に応える仏像です。

観音菩薩、地蔵菩薩、弥勒菩薩、文殊菩薩、普賢菩薩、虚空蔵菩薩、その他。

3.明王( みょうおう )は密教の仏様でバラモン教の神々から取り入れられました。

画像
不動明王( 大日如来の化身 )

如来の化身として怖い憤怒の相を浮かべています。虎皮の服を着てドクロを身に付けたり武器も持っています。怠けやすい人間を叱咤激励する意味があります。優しい表情の菩薩様と対照的です。

不動明王、軍荼利明王、孔雀明王、大威徳明王、金剛夜叉明王、愛染明王、その他、

4.天( てん )は明王と同じくバラモン教の神々を起源にしています。

画像
左は帝釈天、右は梵天( 成道したお釈迦様へ説法する様に懇願する )

六道輪廻( 地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人間界、天界 )の最上階に天の神々は住んでいます。人間界の一つ上の世界で、綺麗な服を着て美味しい物を食べ病気も無く娯楽三昧の毎日が楽しい世界です。しかし寿命が有り再び六道の迷いの世界に戻ります。仏教では更に、声聞界 → 縁覚界 → 菩薩界 → 仏界と四段階あり、六道輪廻を脱して仏界を目指す必要あります。

梵天、帝釈天、広目天、多聞天、大黒天、弁財天、その他。

如来、菩薩、明王、に上下関係は無く、菩薩や明王は悟りを開いた如来の化身であるとの考え方に立っています。信仰心のある衆生の求めに応じて、如来が姿と形を変えていると言えます。

いつも気持玉を頂き有難うございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 74

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年09月30日 11:18
おはようございます(^^♪

私も、仏像は、とても、好きで、自分の机の上にも、浄土宗の本尊の光背が舟立の本尊を安置しています(*^^*)(私は、浄土真宗ですが。)興味深く拝見させて頂きました(*^▽^*)

いつも、お立ち寄り頂きまして、ありがとうございます(^^♪
2015年09月30日 18:10
アイリスさん こんにちは。

仏像の種類についてご紹介しました。私は真言宗の在家信者で本尊は大日如来です。浄土真宗の御本尊は阿弥陀如来でしたね。各宗派により本尊の仏像も異なり、信仰の教義も少しづつ違うと思います。仏教の開祖であるお釈迦様は共通の仏様ですね。
2015年10月01日 14:38
こんにちは。
仏像、特に菩薩の記事や画像を拝見して、以前に亡き二人の後輩の供養にと普賢菩薩と勢至菩薩を其々板ガラスに彫った事を思い出しました。
毎年彼岸には後輩のお墓や家にお参りするのですが、両家とも仏壇の上に私のその拙い作品を飾ってくれているのを見てはいつも大変有難く思っています。
2015年10月01日 18:09
マナオさん こんにちは。

菩薩の御姿をガラス彫刻で描かれたのは素晴らしいですね。その作品を仏壇に飾られているのは嬉しい事だと思います。菩薩様は大きな慈悲心で迷える私たちを救ってくれると言われています。
2015年10月03日 03:20
鼻筋の通った素敵なお顔のガンダーラ美術の仏像は子供の頃より、美しいと思っています。
中学生の頃法隆寺、薬師寺で拝見した、如来像、菩薩像には表現できない力を感じました。本当は仏教美術を敬愛する気持があります。中宮寺でしたか。写真しか記憶にありませんが、印象に残る半跏思惟像があったように記憶しています。
傾向として、平安よりも平城京の頃の仏像に強く惹かれます。元気になったら妻と奈良に行こうと約束していました
。二人で猫を飼いはじめたことで、その夢に対する諦めが生まれたことを覚えています。
「未だ仏に成らないと誓った人」この一行に強く惹かれます。
2015年10月03日 14:34
仏像について、優しく
解説して戴き、有難うございました。
今から3~40年ほど前、
奈良の古寺、飛鳥の山里に憧れ、
古寺巡礼や遺跡巡りをしていた
昔の事を思い出しました。
2015年10月03日 17:28
ベランダ農夫さん こんにちは。

ガンダーラ美術はギリシャ彫刻の影響を受けて、仏像の御顔や衣装は独特だと思います。おっしゃる様に奈良に都のあった、仏教伝来の飛鳥・白鳳時代に製作された仏像には素晴らしいのが沢山ありますね。

菩薩様は全ての迷える衆生を優しい眼差しと微笑みで救ってくれると言われてます。観音菩薩には更に種類があり、聖観音・十一面観音・千手観音・如意輪観音・准胝観音・馬頭観音等々あります。この世で苦しんでいる全ての衆生を救いたいとの請願を立てています。
2015年10月03日 18:03
yasuhikoさん こんにちは。

仏像の分類方法についてご紹介しました。日本に仏教が伝来した奈良時代の古寺を、巡礼されたのは良き思い出でしょうね。お寺の境内に入りお参りして仏像を拝観すると、心も和やかになり救われる思いがします。
風花
2015年10月16日 11:56
弥勒菩薩の美しさに魅了されたのが
学生の頃。
絵を描いていた事もあり、あの しぐさに
惚れこみました。
その時から、考え事をしてる時など
無意識で、頬顎に手をやる
あのポーズをしてしまってます(笑)
2015年10月16日 20:12
風花さん こんにちは。

弥勒菩薩の半跏思惟像( 右手の指を頬にあてて物思いにふける姿 )は独特の魅力的な美しいポーズですね。迷える衆生を救ってくれる菩薩様は一番親しみやすい仏像だと思います。