人は如何にすれば煩悩を無くせるのか?

画像
大日如来(ネパールの絵師による手描き)

年号が変わる時刻に、お寺では除夜の鐘を108回ゴーン~ゴーン~と鳴らします。人間の持つ煩悩を数えている様に聴こえます。

お釈迦様はこの世は四苦八苦に満ちた苦しみの連続である言っています。その原因は煩悩に由来し求めても得られない苦しみです。生きる事は即ち苦であり、その苦しみを無くす方法に八正道・六波羅蜜・十善戒、等々を実践する事があげられます。

沙門(サドー)の様な出家修行者とはならず、日常生活の中で実践していく方法は、過去に高僧と言われた宗教家が色々と名言を残しています。

1.心暗きときは、即ち遇う所悉く禍なり。眼明らかなるとときは、即ち途に触れて皆宝なり。( 空海の性霊集 )

心が迷い、物事がよく見えない時は、見るもの聞くものみな禍となる。心整え、ものごとがよく見える時は、見るもの聞くものみな宝となる。『 明るく前向きに生きる事を言っています 』

2.人の悪きことはよくよく見ゆるなり。わが身の悪きことは覚えざるものなり。( 蓮如上人の一代聞書 )

自分の短所や欠点は見えないけれど、他人の短所や欠点はよく見えるものだ。『 灯台下暗しの格言、自分の事を棚に上げて、他人の悪口は言わない 』

3.根深ければ、枝しげし。源遠ければ、流れながし。( 日蓮の報恩抄 )

根の深い樹は枝葉も繁る。源が遠い河は水も豊かで流れも長い。『 物事を深く考えて、長く行えば、大成する 』

4.しるべし、愛語は愛心よりおこる。愛心は慈心を種子とせり。( 道元の正法眼蔵 )

人を愛する言葉は、愛の心から起こる。愛の心は慈しみの心を種子として起こる。『 慈しみの心は天を動かすほどの力がある 』

5.因をなくして果を得るは、この處あることなく。善なくして苦を免るるは、この處あることなし。( 最澄の願文 )

原因が無いのに結果を得る事はあり得ない。良いことを何もしないで、苦しみから免れようとしても不可能である。『 因果応報の事で、良い事をすれば幸運が訪れる 』

6.如来大悲の恩徳は身を粉にしてでも報ずべし。師主知識の恩徳も骨を砕きても謝すべし。( 親鸞の正像末浄土和讃 )

仏様の慈悲の恩は身を粉にして報いること。祖師や先達の恩は身を砕いて感謝しなければならない。『 年長者や恩師から受けた恩は忘れずに報いる事 』

7.一丈の堀を超えんと思わん人は、一丈五尺を超えんと励むべし。( 法然の勅修御伝 )

一丈の幅の堀を超えようとする時は、一丈五尺の堀を超えるつもりで跳べ。『 より高い目標を設定して努力せよ 』

8.怒りを絶ち、瞋を棄てて人の違うを怒らざれ。人皆心あり、心各々執るところあり。( 聖徳太子の17条憲法 )

意見ややり方が自分と違うからといって、怒ったり責めたりしてはならない。人には皆それぞれに思う事があり、それぞれのやり方がある。『 相手の意見を尊重する 』

9.今日は既に暮れぬ。老いはこれを励まざるに到る。今年漸くたけぬ。一期は急がざるに過ぎぬ。( 源信の策進法話 )

今日も既に日は暮れた。老いようとしている訳でも無いのに、老いは刻々と迫ってくる。急いでも無いのに、一生は速やかに過ぎて行く。『 光陰矢の如く学なり難し。人の一生は短いので、常に勤め励む事 』

10.生ぜしも独りなり。死するも独りなり。されば人と共に往するも独りなり。( 一遍上人の語録 )

生まれる時も、死ぬ時も一人である。他の人と共に住んでいる時も一人である。『 人間は何も持たずに生まれ、あの世に行く時も手に何も持たず逝く。持って行けるのは、この世で生きている間に積み重ねてきた業と言うカルマのみです。』

11.六波羅蜜( ろくはらみつ )

布施(ふせ)、持戒(じかい)、忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智恵(ちえ)。

12.十善戒( じゅうぜんかい )

不殺生(ふせっしょう)、不偸盗(ふちゅぅとう)、不邪淫(ふじゃいん)、不妄語(ふもうご)、不綺語(ふきご)、不悪口(ふあっく)、不両舌(ふりょうぜつ)、不慳貪(ふけんぞん)、不瞋恚(ふしんに)、不邪見(ふじゃけん)

13.八正道(はっしょうどう)

正見(しょうけん)、正思惟(しょうしい)、正語(しょうご)、正業(しょうごう)、正命(しょうみょう)、正精進(しょうしょうじん)、正念(しょうねん)、正定(しょうじょう)

この世で善業を積んで魂を進化させ、良いカルマを持ってあの世に旅立つ事が必要で、108個の全ての煩悩を克服して悟りを開き、解脱するのが理想だと考えられます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 84

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年01月06日 12:56
明けましておめでとうございます。

昨年はご訪問頂きましてとても励みになりました。 
ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
2016年01月06日 18:09
沖縄から寒い帯広に戻りました。
気温は-2度・・そんなに寒いと感じませんが沖縄は暖か過ぎたようです。
いつも気持ち玉をありがとうございます。
良い年の始まりとなりますように・・今年もよろしくお願いします。

ありがとうございました。
2016年01月06日 19:18
やっとさんへ 新年明けましておめでとうございます。

当ブログへ初めてのメッセージですね。ご訪問を歓迎します。今回の様な仏教の話や科学の事も書いています。今後ともよろしくお願い致します。
2016年01月06日 19:20
バク2さん こんにちは。

お正月は沖縄への家族旅行を楽しまれた様ですね。日本列島の北端と南端を飛行機で往復され、気温の差は大きかったと思います。今後ともよろしくお願いします。
2016年01月07日 11:56
大変遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
静かな大晦日の夜は、
深大寺の除夜の鐘の音が聞こえました。
煩悩多き身でも、あの鐘の音を
聞くと、なぜか心洗われる思いがします。
今年もよろしくお願いします。
2016年01月07日 18:49
ここで言われていること、もっともなことです。
でもなかなか難しいことでもあります。
時々思い出すことがせいぜいできることなのかなと思います。
2016年01月07日 20:47
yasuhikoさんへ新年明けましておめでとうございます。

除夜の鐘は午前0時を挿んで付きますので、深夜の静かな時刻であり、ゴ~ンと言う響きは遠くまで聴こえますね。生きる上での心構えについて日本の代表する十人の高僧のお言葉を一つ紹介しました。お正月早々に生死の話は相応しくないかも知れません。本年も宜しくお願い致します。
2016年01月07日 21:11
はるるさん こんばんは。

日常生活において、ご紹介した戒律を本当に守るのは大変難しい事でしょうね。少しでも近付けていければ良いなぁと思っています。
2016年01月09日 04:51
生きている間は煩悩まみれで過ごします。人間のサガです。人の煩悩は良く見えますが、自分のは全く分からないということが特徴的です。私達は自分の煩悩を発見するために「止観シート」というのを書きます。何枚も何枚も書いているうちに自分の煩悩を発見することができるようになります。その発見ができれば、煩悩の修正は可能です。1-2か月でできるということではないですが。わかることは「自分ってバカだなあ~」ということでしたね。まだまだ修行中です。
2016年01月09日 10:32
araraさん こんにちは。

おっしゃる様に人間は煩悩にまみれて暮らしていますね。特に五欲( 食欲・性欲・睡眠欲・金銭欲・名誉欲 )等は生きていく上で重要な煩悩で有りなくす事は出来ませんね。しかし、減らす事は可能です。煩悩を減らしていくと見えて来るものが沢山有ります。

「 止観シート 」と言うのを初めて知りましたが、たぶん瞑想してご自分の心の想いや雑念等を紙に書いて煩悩を把握することでしょうね。そして、ご自分が抱えている仕事の悩みや日常生活の色々な問題を、純粋な意識から知恵を受ける事だと思います。
2016年01月09日 16:03
華の熟年さん、こんにちは♪
私はお金がないので(笑)
無財の七施を心がけています。
散歩の時に出会う人には、すべての人に挨拶をします。
中には無言の人もいますが、8割位は返してくれます。
和顔施(わげんせ)愛語施(あいごせ)・慈眼施(じげんせ)・房舎施(ぼうしゃせ)・床座施(しょうざせ)・捨身施(しゃしんせ)・心慮施(しんりょせ)
房舎施といえるかどうかわかりませんが、うちは宿泊客が多いです。(^_^;)
いつか・・お布施のことをブログ記事にしてください。
華の熟年さんの記事は、丁寧なので勉強になります。
いつもありがとうございます。
2016年01月09日 19:30
絹さん こんにちは。

六波羅蜜の最初に『 布施 』と言うのがあり、おっしゃる様に「 無財の七施 」はお金や財物では無く、相手に対する心遣いだと思います。人間関係を円滑にする為にも、笑顔や優しい言葉をかけるのは大切ですね。

散歩の時に出会った見知らぬ人へご自分から挨拶したり、お家に宿泊客が多いのは無財の七施を実践されており、素晴らしいと思います。

このブログでは生き方をテーマにしていますので、お布施の事もいずれ書いてみたいと思います。
2016年01月10日 22:03
いや~なかなか身につまされて三つぐらいでギブアップですよ。ああ今日から心を正して生きなければ。今日、コハクチョウを見にゆき、途中で見つけたお寺でやっと新年の祈りを。そこには平の将門の胴塚がありました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016年01月11日 10:07
ののはなさん こんにちは。

日本を代表する高僧のお言葉をそれぞれ一つご紹介しました。宗派により教義もそれぞれ異なりますが、生き方の基本は同じだと思います。しかし、実践するのは難しいですね。

コハクチョウが池に浮かんでいるのは優雅な風景だと思います。バードウォッチングで観察したいですね。
2016年02月09日 09:41
ご無沙汰してます。
今年末に、除夜の鐘を聞く頃、
1つでも抱えてる煩悩が少なく
済むように、ありたいです。
こういう言葉を読は、
自身の在り方を見つめ直す
きっかけ になりますね。
2016年02月09日 20:54
風花さん こんばんは。

煩悩を少なくしていくと、心も身体も身軽になると思います。年齢を重ねるに従い煩悩と言う荷物を減らしたいですね。日本の有名な宗教家のお言葉を紹介しましたが、生きていく上で大変参考になると思います。