『 空 』を仏教と科学で解釈する。

画像
結跏趺坐で瞑想する仏像です。(ネパールへ旅行した時に購入する)

『 空 』は青空の「そら」では無く、音読みの「くう」と読みます。空について最も分かり易く簡潔に表現しているのが『般若心経』と言う経典です。密教や禅宗の所依の経典で良く読経されています。四国巡礼でお遍路さんが「ハンニャーハラミター・・・ギャーティギャーティ」と唱えているお経です。

般若心経は大乗仏教の空の思想を現しています。262文字の中に『無』の漢字が、21文字含まれています。無無無(ムムム)となります。物質も人間の体や心も存在しておらず、無い無い無いと言っています。実態が無く自性も無く、変化を繰り返している現象と述べています。極論を言えば、この世の森羅万象には確固たる物は存在しないと成ります。自己の意識に投影されている幻影と言えば分かり易いです。

般若心経の一節に「無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法」(むげんにびぜっしんに むしきしょうこうみそくほう)とは、眼・耳・鼻・舌・身・意識の感覚器官は全て無いものであり、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・心として感じる事は出来ないと言っています。見るもの、聞こえる音、嗅いだ臭い、食べる味わい、触った感触、心の思いについて、それら全ては不変の実体として存在するものではなく、固定的な存在としての「自分」は、どこにも存在しない「空」であると表現しています。

照見五蘊皆空 度一切苦厄」(しょうけんごおんかいくう どいっさいくやく)については、人間は身と心によって成り立っているが、物質的な肉体も、感覚器官や意思・認識といった精神作用もすべて存在しない事が分かったと有ります。つまり、自分と言う実体は存在しない事が分かれば、煩悩と言う現世の苦悩から解放されます。そして、悟りと言う安らぎの境地に到達します。「空」を理解できれば、人間は生まれて死ぬのではなく、物質的な身体や精神的な心は変化を繰り返す現象と言えます。

般若心経は「空」について、詳しく解説し厳密に定義しています。空を知れば安らぎの境地に達して、この世の真理を知る事が出来ます。

『 瞑想 』して自ら「空」を体験し知覚する事もできます。深い瞑想をして静寂の境地に達する必要があります。これは空性を直接見る事ができる瞑想の高位の台座です。空を体得すれば、時間や空間の束縛を離れて無限の境地に誘います。同時に全ての場所と時間に存在する事が可能となり、宇宙と一体となったとも言えます。そして、この世の真理を知り、世界を変える事が可能になります。つまり自己の意識が変われば、自己の意識に投影されている世界も当然に変える事になります。

瞑想しなくても、この世は夢まぼろしで無常であり儚いものと知る事が「空」の理解の第一歩です。言い換えると、身の廻りで見える現象は心からの投影であり「空」であると知る事です。具体的には、一年に四季があり春夏秋冬で循環していますが、昨年と今年には相違があり変化しています。人間は一年毎に齢も重ねて老いていきます。人生にはいつか終わりが来ます。諸行無常は空を、別な角度から言い表しています。そして、人間の身体や心に受ける情報(刺激)は苦痛であると思えば、この世の真理を理解できる。苦痛を除く方法が煩悩を滅する事であり、悟りの境地に誘います。

人間の精神的な拠り所とする神々や諸仏は、人間が生きる上で創作した概念です。人類が滅びると消滅する事になります。太陽も核融合反応で水素原子が燃え尽きると消滅します。宇宙の銀河も同様に生成と消滅を繰り返し諸行無常です。空を知れば、この世は現象のみが伝播し、総じて夢まぼろしの世界と理解できます。お釈迦様は2,500年前に瞑想して、十二因縁や人間の煩悩の本質を指摘して、この世の根本原理を見つけました。

科学的な見地から「空」の意味を解釈すると次のような見解となります。量子論はミクロの微小な世界を記述する科学の法則で、素粒子は粒子と波動の両方を合わせ持つ性質があります。1個の物体が同時に複数の場所に存在し、幽霊のように消えたり現れたりして、掴み所がありません。人間の知る一般常識から逸脱して不思議な世界に入ります。忍者のように分身の術を持ち、又、じっとしている事が出来ずに常に揺らいでいます。人間が意識して見つめると姿を現して場所も確定し、誰も見ていないと住所不定です。拡大解釈して、人間原理・宇宙論の見解では、『 月 』は人間の目で見た時のみに存在し、見ていない時は存在しない、との結論に至ります。素粒子は変化を繰り返す現象であり、自己の意識に投影されている幻影と言えます。これは「空の思想」ともピッタリと当てハマります。

素粒子の波動方程式の問題で、シュレディンガーの猫のパラドックスについて、観測するまでは猫の生死は不明と成るのは自明の理であり、観測する前はお互いに因果律は無いので不明となる。観測すると因果律は成立して生きているか?死んでいるかが?判明する。情報交換が無い物理的作用の及ばない現象同士はお互いに存在しない事になる。

ビックバンにより宇宙が誕生したことはご存知かと思います。空間も時間も「無い」所から素粒子や銀河が誕生しました。何も無いものから有るものが誕生しているのは、可笑しな話です。更には、真空の「無」の空間にはエネルギーが充満している事が判明しつつあり、異次元から我々の三次元空間に対して重力で影響を及ぼしているとの理論もあります。相対性理論は空間の3次元と時間を合わせた、四次元時空として理論的に組み立てられています。異次元空間内を運動している粒子については、現在の人間の持つ科学技術では直接に測定は不可能です。超弦理論は観測や実証実験は難しく未だ未だで、これが現在の科学の限界点です。

お話を「空」に戻せば、瞑想して到達する意識も、科学的な量子論から導いた考え方もほぼ同じです。この世は矛盾に満ちており答えを見つけるのは難しいです。しかし、これが我々が生きているこの世であり、空の思想で理解を深める事が出来ます。

結論として、仏教の「空」の思想と最先端科学は良く一致します。空というものは、有ると思っている物は存在しないと言うことを、悟ることです。私は自らの体験と科学的な知見を合わせて、空を知りました。空性を知っても実践が伴わなければ、絵に描いた餅と同じです。お釈迦様は悟りを開いた後に、梵天勧請があってから「人は如何に生きるべきか」40年間を行脚し説法しています。タイムマシンで2,500年前の過去に戻り、直接に説法を聴きたかったです。

いつも気持玉やコメントを頂き有難うございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 150

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年01月24日 15:40
ネパール産の仏像は、お顔が日本の像と違った感じですね。「色即是空」感でしょうか。
2019年01月24日 18:00
温さん こんにちは。

写真の仏像は、24年前にネパールへ旅行した時に買いました。チベット密教の仏像に似ています。おっしゃる様に日本の仏像の柔和な表情と少し違いますね。「色即是空」と仏像のお顔とは関係ないと思います。ガンダーラ地方の仏像はギリシャ彫刻のヨーロッパ風なお顔をしています。それぞれの国により異なり、信仰の対象とする仏様の種類によって違いも有ります。
2019年01月25日 14:29
ビッグバンでこの宇宙は誕生したそうですが、広がりっぱなしでこの先どうなるのか不安です。
引力もあるので銀河同士の衝突も発生し、将来この銀河も別の銀河とぶつかるみたいですね。
無から色んなものが生まれていく、混とんとした宇宙のようにも思えます。
私が考えるのは、ちっぽけな宇宙かも知れませんが、色々考えられるのが人間なので、有難いです。
2019年01月26日 08:03
アルクノさん こんにちは。

仏教の『 空 』の話をすると、結果的に宇宙の話にもなります。おっしゃる様に我々の住んでいる天の川銀河とアンドロメダ銀河の距離は約250万光年の距離に有り、重力によりお互いに引っ張りあって約40億年後には衝突すると言われています。億光年以上のスケールの宇宙のサイズでは加速度的に膨張していることが最近になり判明しています。膨張しても宇宙の密度が同じに成っているとの観測結果から、ダークエネルギーの存在がクローズアップしてきました。

我々の住んでいるこの宇宙にはダークエネルギーと言う69%の分量の未知なる物があります。現在の宇宙を加速膨張させている張本人で、重力と反対の斥力を持っており宇宙を外向きに押して宇宙を引き離しており、いくら膨張してもその密度は一定で宇宙空間に均一に広がっています。何処からかエネルギーを追加する必要もあり、熱力学の基本法則からは明らかに逸脱している不思議な物です。

ダークエネルギーは宇宙の加速膨張を起こす正体不明のもので、遠くの銀河ほど早く遠ざかって離れていきます。標準光源としているIa型超新星の観測で加速膨張が精度良く測定されています。従来は宇宙に存在する物質の重力によりブレーキがかかり、膨張速度は遅くなると考えられていました。しかし、予想に反して最近の天体観測では加速している事が分かりました。その原因がダークエネルギーと言う物です。

アインシュタイン方程式にある宇宙項は、ダークエネルギーの発見で再び蘇って来ました。宇宙の大きさを一定に保つために宇宙定数を入れましたが、加速膨張している事が分かり方程式を元に戻す事となりました。
2019年01月26日 08:06
追加です。

ダークエネルギーとは如何なるものか?現在の有力候補は『 真空のエネルギー 』と言われています。宇宙誕生の話と同様に、何も無い空っぽの『 真空のゆらぎ 』から発生していると言う物です。量子論の不確定性原理によるエネルギーのゆらぎです。仮想粒子である粒子反粒子の生成消滅も同じ現象です。そして真空のエネルギーはカシミール効果という現象を実験で検出されており証明されています。

ダークエネルギーの性質により宇宙の未来はどうなるか決まります。ダークエネルギーの密度は将来も一定か?或は変化するのか?により宇宙の姿は変わります。無限に膨張して物質はバラバラになるのか?一点まで収縮して潰れてしまうのか?更には、ダークエネルギーは本当に存在するのか?重力の数値や重力の法則が宇宙の場所や時間で変化しないのか?との疑問も残ります。すばる望遠鏡の超広視野のカメラと分光器にて宇宙の銀河地図を作成しています。重力を及ぼすダークマターと斥力を及ぼすダークエネルギーの解明は、現在の天文学や宇宙論の大きな研究課題です。

無から誕生した我々の宇宙は物質から出来た銀河の集まりですが、性質が相反する合計95%の未知なるダークマター「 重力 」とダークエネルギー「 反重力 」の挟み撃ちにあって、5%の銀河宇宙は糸の切れた風船の様に何処に飛んでいくか分からない状態です。そして仮想粒子の対生成や対消滅も、真空のエネルギーも人間の理性ある一般常識から言えば、矛盾に満ちた現象です。

この世の真理を知る為に宇宙論を解説した書物を読んでいます。しかし、考えれば考えるほどこの世の真の姿は矛盾に満ちており、その答えを得るのはたいへん難しいです。
2019年01月26日 14:49
高校生の頃、授業で習った
老荘思想の「無」という考え方に、
強く惹かれた事があります。
仏教の「空」の思想と同じかどうかは
分かりませんが、お話を聞いていて、
少し似たものを感じました。
何も無い状態がこの世の基本と考えると、
幾分か心が軽くなる気がします。
2019年01月27日 08:33
yasuhikoさん こんにちは。

老荘思想は、無為、無知、無欲、無道徳を説いていますね。処世術や自由に生きるという考え方で、仏教の「空」とは全く異なる思想です。科学の量子論とバランスを取れるのは「空」の思想だと思います。おっしゃる様に何も無い状態がこの世の始まりであり、生まれては消える物質や生命の儚さを理解できれば心が軽くなりますね。
2019年01月28日 18:44
こんばんは。

般若心経は毎朝、諳んじてます。

「空」思想、面白いです。
あると思えばあるし、ないと思えばない。
世の中は相対性で成り立っているから、自分自身も自分だけでは成り立たない。
世の中で自分の存在を認識してくれる誰かがいないと、自分は存在できない。

そこに昨日も今日も川はあるように見えるけど、そこに流れてる水は昨日とは違う。
同じように自分に血は流れてるけど、昨日の血と今日の血は違う。肌も臓器も入れ替わってる。
だから昨日の自分と今日の自分は同じではない。同じではないということは自分という実体はないことになる。
大雑把に表現すると、ボクはこんな風に「空」を理解しました(^o^)
2019年01月29日 06:19
可愛い表情の仏様ですね。
神理を深めていくと、どんどんと人が好きになっていきますよね。どんな人であろうとも魂である、という確信が基にあるから、これまでどんな人生を何度も体験して今に至っているか、と思うだけでその存在の愛おしさのような感覚が芽生えます。この事実は私にとって宗教を持つことの一番大きな収穫だったような気がします。
2019年01月29日 10:52
kojiさん こんにちは。

「 空 」というものは、有ると思っている物は存在しないと言うことを、悟ることです。従って全ては幻であり何も無いという事になります。諸行無常はその「 空 」の入り口を垣間見たにしか過ぎません。考えるだけで理解できるものでは無く、自らの生死を賭けた実体験や、宗教的な厳しい修行を経て初めて分かるものです。比喩的に対機説法にて言葉で表しているだけで、本当の「 空 」の意味を言葉だけで伝えるのは無理でしょうね。

「 空 」を理解して悟ったと思う事は「 空 」を理解していない事になります。巷には、最終解脱者だとか、神の使いだとか、坐禅して見性したとか、薬物で幻覚を見て悟ったとか、臨死体験してあの世を垣間見たとか、色々な悟ったと言う人々のパターンが有ります。一時的にある瞬間に魂の原初に触れて悟りの境地に近い所まで行っても、本当の悟りとは言えないです。心臓が鼓動している、24時間すべてに空性や悟りの状態を続けて、日常生活を営む事が出来れば完璧だと思います。自ら悟ったと誇張して言う人は論外です。膨張した魂で「 魔境 」に入っています。

人間は肉体と言う衣を着ており、常に煩悩と言う魔王に攻められ続けています。娯楽に酔って、肉食をして、異性に触れ、お金を計算し、安眠出来る住居にいる。これらは全て悟りとは程遠い生き方です。お釈迦様が悟ったところの、十二縁起の理法や四諦八正道等を体得して、六波羅蜜や十善戒等を完璧に実践出来る人が悟りに達していると思います。日常生活の言動や行動全てが悟りに相応しい行いとしての位置づけです。この世の森羅万象とのつながりと一体感を常に持って、無条件の愛を実践出来る人と考えられます。我々のような凡夫にはとても真似はできません。
2019年01月29日 11:01
araraさん こんにちは。

瞑想している仏像は可愛くて神聖なお姿に見えますね。おっしゃる様に「 宗教心 」を持って「 愛と慈悲 」を実践できる様な魂に進化させていく事が大切だと思います。
2019年01月31日 13:22
こんにちは。

現実な世界の事象を無と否定し、その否定した無を再び否定して前の無を肯定する世界観が人を癒すのが悟りかな。
簡潔に空を解説して素晴らしい!

現在の量子力学と物理学で宇宙を観測結果からダークマターやダークエネルギーが存在を各国では加速器を使って実験を進められている情況ですね。
そうすると仏教哲学が世界で認められ、より良い世界に代わる潮流が始まると思います。

それから、私的には昔流行ったタキオンマターやタキオンエネルギーの方がネーミングとしては良いと思います。
2019年01月31日 16:25
ユウキ・コバさん こんにちは。

現実の世界を否定して再度に否定して肯定する意味ではありません。五感に投影する森羅万象には確固たる物は存在しないと言う意味です。『チベットの死者の書』にもハッキリと記述してあります。この経典は死に逝く人へのお見送りの経典です。

量子力学は微小な素粒子の挙動を解明する学問分野で、相対性理論と並んで現在科学のニ大理論の一つでミクロの極小さい領域を解明した理論です。コンピュータの心臓部であるLSI・レーザー光線・超伝導・ナノテクノロジー等にも応用されています。素粒子には波動と粒子の二重性、トンネル効果、量子もつれ、等々の常識では理解できない不思議な現象を扱います。サイズを小さくしていくと、物質は霧がかかって曖昧になり我々の知る常識から逸脱して不思議な世界に入って行きます。量子の世界観は人間の日常生活とは全く異なり、一般常識では理解できないので神秘的に感じます。仏教の「空」の理論とも相関性が有ります。おっしゃる様に仏教哲学が世界で広く認められて、良い世界になって欲しいですね。

宇宙物理学ではダークマターやダークエネルギーの存在が提唱されています。未だ正確には解明されておらず、現在は望遠鏡による天体観測やスーパーカミオカンデや粒子加速器などで世界中の科学者が研究活動を続けています。タキオンは超光速で運動する粒子で未知なる物であり存在は確認されていません。ダークマター(重力源)は動きが遅くて重い粒子で、ダークエネルギー(斥力源)は宇宙を加速膨張させる仮想的なエネルギーです。其々は余剰次元に存在するかも知れないので、タキオンと命名するのも面白いです。