遊行期の生き方 No.12 ( 断捨離をして身軽になる )

IMG_1922.JPG
毎日散歩している公園

遊行期とは、所有の欲望から自己を解放して心穏やかに生きる事です。人間の所有欲は際限なく膨らみ、行き着く先は煩悩の奴隷になるので、個々の所有物を捨てて大自然を心で所有すれば良い。

断捨離とは、手に入る物を「断つ」いらない物は「捨てる」物の執着を「離れる」の三拍子を揃えて物質から距離を置く事です。栄華を誇り豪邸に暮らすほど悟りから遠ざかり、質素に暮らして深遠な宇宙を想うのが良い。

人間は生まれる時、何も持たずに裸でこの世に現れます。
人間は死ぬ時、何も持たずに手ぶらであの世に還ります。

人生の前半の四住期である「学生期・家住期」の時は勉学に励み・職業について働き、物質的な経済活動をして、自分の身の廻りに物を沢山集めます。
仕事をリタイヤした後半の「林住期・遊行期」では、悠々自適の生活をする為にも、身の廻りの物を少しずつ減らしていく必要あります。

溜め込んだ大切な物でも、衣服・家具・不動産・金銭・趣味で集めた物品、等々の物質は手放さなければなりません。死んだ時に棺桶に入れて、あの世へ一緒に持っていく事は出来ません。手ブラで逝きます。

この世と物質に執着している事は、煩悩に支配された生き方であり、物を沢山集める事と同義語とも言えます。重い荷物を背負って歩くより、軽い荷物を持って歩く方が楽チンです。身軽になると風通しが良くなり、風水からも良い兆候です。

欲しい欲しいと欲望を露わにして、腹一杯に食べて・物品を搔き集めるのは、餓鬼道に等しい生き方となります。この状態を脱する為にも、断捨離をして身軽になれば・心も清浄となります。小欲知足についてこのブログでも一度書いたこともあります。

高齢期になれば、食事の量も減らし・必要最小限の物だけを手元に置き・財産のある人は子や孫に分け与えて地域社会にも寄贈し・友人や近所付き合いも減らし・テレビや新聞やネット上の情報収集も減らし、適度な運動をして趣味を楽しみ、ストレスの無い生き方が一番だと小生は思います。断捨離をしてストレスを減らすと病気も退散します。更には、菩薩行で、ボランティアや奉仕活動をして社会に貢献する事は立派な行為です。

一方では、仕事が趣味で死ぬ間際まで現役で働き、仕事を通じて社会に貢献する人もいます。所得税を国家に沢山納めるのも生き方の一つです。十人十色の生き方があり、優劣を決めるのではなく人それぞれの生き方です。どの様な生き方を選ぶかは、各人の人生観だと思います

いつもブログへご訪問を頂き誠に有難うございます。

"遊行期の生き方 No.12 ( 断捨離をして身軽になる )" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]