師走に入り今年も残り僅かになりました。

日本列島は寒波の到来で、急に寒くなってきましたね。コロナ感染症の事もあり外出はなるべく控えていますが、食料品や日用品の買い物をする時は、防寒とコロナ対策をして出かけています。ホーム炬燵に入って巣籠もりの状態になっており運動不足が懸念されます。般若心経の筆ペンによる写経や瞑想をするには丁度良いです。数年前から年賀状の枚数を減らしています。今年も年賀ソフトのイラスト画(干支のウシの絵)を入れてプリンターで印刷しました。

新型コロナの感染症では第三波の襲来を受けて、感染者や死者が増加の一途を辿っています。医療現場も逼迫して医療崩壊しつつあり、既に空きベット・医師・看護師の不足で医療崩壊している病院もあります。『 医療崩壊 』とはコロナの治療だけでなく、通常の病気や怪我の診療が出来ない状態を言います。誰を助けて・誰を見捨てるか?、命の選別をする事態であり、大変に悲しいことになります。

IMG_1960.JPG
日本の感染者数と死者数(新聞記事より)、12月14日

GoToトラベルやGoToイートは直ちに停止する必要があると常々思っていましたが、現在の政権はやっと重い腰を上げて、年末年始の2週間について、GoTo停止と発表しました。不要不急の外出は厳に慎んで、外食や旅行をするなどの愚かな行為をしては駄目ですね。自分や家族がコロナに感染して重症化し死ぬかも知れないと言う事を自覚して欲しいです。

IMG_1951.JPG
世界の感染者数と死者数(新聞記事より)、12月14日

欧米では日本の10〜100倍の感染者や死亡者が出ています。世界規模でパンデミック(感染爆発)の悲惨な状態になっています。人類とコロナウィルスとお互いの生存を掛けた戦いですね。幸いにしてイギリスや米国では、ワクチンが超特急で開発され、既に接種が始まっています。日本でも医療従事者や高齢者が優先的に接種されて、一般国民にも早く行き渡ることを期待しています。

IMG_1950.JPG写真はネットから借用

小惑星探査機の『はやぶさ2』が50億キロの旅をへて無事に地球へ帰還して、リュウグウ(小惑星)からサンプル(小さい岩石)を持ち帰りましたね。画期的な成果であり、世界で初めて小惑星内部の岩石も採取に成功した様です。生命の起源の謎を解明するヒントが得られるかも知れません。日本の宇宙空間を長距離飛行するロケット技術は素晴らしいです。人類が滅びずに生き延びれば、科学技術が高度に発達した未来に、地球を離れて他の惑星へ移住する時に役立つと思います。

参考記事。『はやぶさ2』や相対性理論などについて書いてあります。

久し振りにブログへ投稿しました。
いつもブログへご訪問を頂き誠に有難うございます。

"師走に入り今年も残り僅かになりました。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]