新年明けましておめでとうございます。

ブログ友の皆様は輝かしい新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。 元日の朝は青空の良いお天気です。家族と新年の挨拶を交わし、自宅の神棚と仏壇に年始のお祈りをし、今年1年の家内安全と無病息災をお願いしました。 隣接する地元の神社入口の鳥居です。 本殿 初詣は隣接する神社とお…
コメント:58

続きを読むread more

ブログでは1年間お世話になりました。良いお年をお迎えください。

お正月のしめ飾りを玄関に飾りました。 昨日の夜は町内会で拍子木を叩いて『 火の用心 』の夜回りをしました。大晦日の夜は隣接するお寺の『 除夜の鐘 』を聴きながら年越しそばを食べます。 ブログは満5年経過して、本年1年間のブログへの投稿記事は29回でした。今年もブログ友の皆様から沢山の気持…
コメント:12

続きを読むread more

いつもの公園へ散歩に行きました。

田畑の畦道を通って、往復で約1時間ほど歩きます。 公園の遊具の側にある砂場で、親子が遊んでいます。 公園の桜の木は葉っぱも無く見通しが良いです。 空はうろこ雲 犬と戯れている人もいます。 木陰から猫が現われました。 溜め池では水鳥のオオバンがいます。 椿 帰…
コメント:16

続きを読むread more

最近の嬉しいニュースです。

今年のノーベル医学生理学賞に、京都大学の本庶佑特別教授が受賞されました。ノーベル賞おめでとうございます。新しいがん治療薬「オプジーボ」を開発した功績で、科学の発展と人類の幸福に大きな貢献をされた研究です。免疫の司令塔であるT細胞表面にある「PD―1」という分子を発見しています。がん治療はこれまで、外科手術・放射線・抗がん剤による方法から…
コメント:12

続きを読むread more

晩秋の夜長に想うこと。

地蔵菩薩と梵鐘 少欲知足について。 足ることを知って幸せを感じる言葉です。現在の生活に満足して足りていると思えば安楽です。反対に莫大な黄金を得ても足ることを知らないと心は貧しいと言えます。欲望を少なくして足りる心を持つ事が大切です。欲しい物が手に入るともっと欲しい・もっと欲しいと思うのは欲望の連鎖です。行き着く先は煩悩と言う…
コメント:24

続きを読むread more

日本菊花全国大会を見に行きました。

特作花壇の部、日本一位の作品です。 開催場所は同じ市内で車に乗って約20分程の距離にあります。30万本の菊が咲き競っています。日本全国の菊づくり名人が丹精込めて育てた素晴らしい作品が並んでいます。今年は35回目になり、全国の愛好家が自慢の菊花を出品して評価を受けています。内閣総理大臣賞(特作花壇の部)や高松宮妃記念杯(三本立花壇の…
コメント:24

続きを読むread more

和泉市商工まつり(農林業祭&都市緑化・上下水道フェア)の見物に行きました。

メインステージで可愛い子供達がお揃いの帽子と服を着て、太鼓や楽器で行進曲を演奏しています。 大勢の見物客が周りを囲んでいます。 場所は弥生時代の史跡公園です。 弥生時代の大型掘立柱建築『いずみの高殿』で復元され、2,000年ぶりにその勇姿を現わしました。 弥生時代の竪穴住居です。 和泉市のイメージキャラクター ( コダイくん、…
コメント:14

続きを読むread more

秋の夜長に想うこと。

浮世の喧騒に心を惑わされずに生きる事は難しいです。ネット・新聞・テレビ、などから流れて来る国内外のニュースや出来事は一通り目を通しています。気候変動と同様に、政治や経済情勢の変動幅が大きくなっていると思います。加速度的に変化のスピードが速くなっていますね。 先日のノーベル賞の発表の様に人類の科学技術は進歩していますが、人類の精神性…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

実りの秋に田園地帯を散歩する。

いつもの公園へ散歩に行く途中で見た、稲刈り風景です。 田圃の畦道を歩くとタワワに実った稲穂を稲刈り機で収穫しています。 刈り取った藁を束ねて乾燥するために立て掛けてあります。 稲刈り前の良く実った稲穂です。 刈り取りの終わった田んぼでは切り株が平行線で並んでいます。 公園まで約30分ほど歩きます。桜の木も少し紅葉しています。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

散歩とブログ本が図書館の蔵書になりました。

朝夕は少し涼しくなり、いつもの公園へ散歩に行きました。約1時間を歩数は5,000歩くらいです。 田圃の畦道を歩くと、稲穂もたわわに実っています。 シオカラトンボ タニシ 溜池から眺めた公園の遠景 がまの穂 ひまわり 猛暑の時は熱中症になる心配が有りましたので散歩を控えていました。日中の気温も下がり散歩に適した季節に…
コメント:39

続きを読むread more