テーマ:聖地巡礼

神仏霊場巡り2日目のお参りです。No.11

百済寺で弥勒菩薩の像が参道途中に安置されていました。 前日は長女の家に一泊しました。2日目は月曜日で孫達も朝6時半頃に起きて小学校に行く準備をしています。朝食を済ませると7時半頃に玄関でお見送りをし、孫たち2人は小学校へ、孫たちのパパは仕事へそれぞれ出かけました。2歳の孫とは1時間ほど一緒に遊んだ後に、朝8時頃に娘( ママ )と孫…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

神仏霊場巡りを1泊2日でお参りに行きました。No.10

熊野本宮大社の鳥居 西国( 近畿 )の2府5県にある『 神仏霊場』を約7年前から巡礼中です。今回は和歌山県の熊野から伊勢を通って滋賀県内の神社仏閣も巡ってきました。 神仏霊場巡拝の道は150ヶ所もあり、参拝する頻度も減少しており、御朱印帳には未だ未だ空欄が多いです。いつもの様にマイカーで道路地図を参考にアイホンのナビゲーショ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

神仏霊場巡拝の道、4ヶ所の神社とお寺へお参りに行ってきました。 No.9

『 神と仏の道を歩く 』という主旨で西国( 近畿 )の名だたる古社名刹を巡る組織があります。参加社寺は伊勢神宮から延暦寺まで、西国二府五県を巡る150の神社仏閣に及びます。 日本は神仏を同時に崇拝する精神風土があり、同じ敷地内に神様と仏様を一緒に祭られている聖地もあります。我が国古来の神道と伝来した仏教が交流する事によって、独自の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

二見浦の観光と伊勢神宮へお参りに行きました。No.8

夫婦岩と言われる、海の波間に出ている「 大と小の岩 」が大注連縄( おおしめなわ )で繋がっています。縁結び、夫婦の絆、家族の絆、世界平和、のシンボルとして崇められていますね。 町内会の行事でバスの日帰り観光旅行に行って来ました。町内の約70軒位の自治会で組織しており、参加希望者を募って43名がバス一台で三重県の観光地へ向かいました。…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

神仏霊場巡り( 金剛峰寺と奥の院 ) NO.7 写真27枚

高野山真言宗の総本山である金剛峰寺の本殿です。弘法大師空海が開いた真言密教の修行道場で、西暦816(弘仁7)年の開創です。 弘法大師の御姿と梵字の両界曼荼羅 阿弥陀聖衆来迎図 金剛峰寺の参拝ご朱印を頂きました。平成弐拾七年四月弐日、遍照金剛、高野山、金剛峰寺、と書いてあります。 約10年前に小生の長男が得度して金剛峰…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

神仏霊場6ヶ所へお参りに行きました。No.6 写真12枚

京都の北野天満宮の本殿です。 京都府にある神社とお寺へ、最寄りの駅からJRに乗り環状線の京橋から京阪電車に乗り継いで、特急列車で出町柳と言う終着駅に行きました。玄関を出てから約2時間かかります。出町柳駅近くに有るレンタル店で自転車( 500円/日 )を借りて、地図を見ながら順番に巡りました。徒歩やバスでの巡礼は時間がかかり不便…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

神仏霊場4ヶ所へお参りに行ってきました。NO.5

1.観心寺(かんしんじ)大阪15番。 数日前に自動車で、納経帳・念珠・道路地図・水筒・カメラ・等を載せて出かける。お天気も良く久しぶりに車で一日走行しました。最初のお参りは観心寺で河内長野市内の山間部にあり、自動車で一時間位の距離にあります。 伝承では、701年役小角(役行者)が開創し、空海がこの地を訪れ、如意輪観音…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼NO.13 ( 帰国へ、完了 )

ガイドさんの家族 左側☆ ガイドの奥さん 年配者☆ ガイドの父親 子供☆ガイドのお嬢さん 2人 右側 ☆華の中年(19年前) カメラマン、Mr.Yogeshさん ブッダガヤの金剛宝座の前でお祈りをして、インドの仏跡地巡礼は終了しました。 1995年7月に関空からニューデリー行きの直行便にて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼NO.12 (ブッダガヤ 仏陀の成道地)

苦行釈迦像 ガンダーラ出土品 ベナレスのホテルを出発し、仏陀の成道地であるブッダガヤに向かいました。道路は舗装されておらず信号はほとんど無くノンストップで思ったより目的地に早く着きました。大塔を仰ぎ見ながら金剛宝座を見学しました。 お釈迦様は出家して6年間苦行を積んだと言われています…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼NO.11 (仏陀の初転法輪地)

サルナート ダメーク大塔 旅行の写真を紛失し ネットから借用 お釈迦様が5人の修行仲間に対して成道後初めて説法した場所はサルナート(鹿野苑)にあり、煉瓦の遺跡とダメーク大塔を見学しました。 初転法輪の内容と言われている四諦八正道について以下のように説法しています。 四諦 苦諦 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼NO.10 ( ガンジス川と仏陀の初転法輪地 )

クシナガラの涅槃堂へのお参りを終わり、ガイドの車に乗り次の目的地であるサルナートに向かう。19年前の体験で記憶が曖昧です。 インド旅行記については、旅行が終わった翌月の8月頃に、化学とコンピュータと坊主の辻説法のSIG (フォーラム )へ全体を投稿し、自作のホームページにも2年間程公開していましたが、フォーラムが無くなり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神仏霊場巡り NO.4 (室生寺、大神神社、聖林寺)

昨日は友人 (仏像彫刻の教室で知り合いになる) とお参りに行きました。 背景のお寺が室生寺の本堂、2人の記念写真 自動車で迎えに来て頂き2人で奈良県へ向かいました。西名阪の針インターを降りて先ず、室生寺( 本尊は如意輪観音、役小角が奈良時代に創建したと伝えられており、女性の参詣を許した女人高野とも言われている ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼NO.9 ( 仏陀の入滅地、クシナガラ )

釈迦誕生の石仏がある祠堂の近くに、マーヤー妃が沐浴した池の周りを散策してから次の目的地であるクシナガラへ向いました。今日は時間も余り無いので途中の道沿いにホテルがあれば泊まろうとガイドと話し合いました。2泊目はクシナガラの近くで昨夜と良く似たホテルだったと思います。砂ぼこりと暑さで私はかなり疲れています。ガイドは元気そうです。 翌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼NO.8(仏陀の入滅地、クシナガラ)

仏陀涅槃像 沙羅双樹が時ならぬ花をつけ、天から曼陀羅華が降り注いだと言われている。 仏足の紋様を写し取った半紙を現地で購入する。 最後の言葉は、自灯明・法灯明 ( 自らを''ともしび''として生き、仏法を''ともしび''として生きなさい) と言われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼 NO.7

お釈迦様の生誕地ルンビーニの祠堂にある、誕生仏の石碑で記念写真を撮りました。浄衣( 四国88ヶ所の御朱印と南無大師遍照金剛の墨による文字の一部が見える)を石碑に掛けてお祈りしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼 NO.6 ( 釈迦の誕生地、ルンビーニ )

サヘート・マヘート( 祇園精舎 )の参拝を終わり、夕刻になって来たので今日はこの近くのホテルに一泊する事にしました。ガイドのMr.Yogeshさんは観光ガイドや案内はベテランであり北インドの地理やホテルも詳しくて、30分くらい車で走った所で見つけてくれました。今夜からはホテルとの交渉事は全て任せる事が出来るので安心です。昨夜の様に腹ペコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼 NO.5 ( 祇園精舎 )

インド人のガイドに紹介された2泊目のホテルはニューデリー市内にあり、夕食はルームサービスでした。どんな食事だったかは19年前の事であり良く覚えていませんが、全く口に合わずほとんど食べれなくて腹ペコで寝た事だけは覚えています。シャワーの水は何とか出ましたので一日の汗は流せました。しかし、日本から持って行った石鹸の泡立ちが少なくてオカシイな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

インド仏跡地の巡礼 NO.4

旅行の途中で、インドの子供達と記念写真を撮りました。この写真は約20年前に撮ったもので若く写っていますが、現在は白髪も混じった熟年です。 このブログへの写真は始めてです。私のアルバムを本棚から出して、インド旅行の写真集からアップする物を選び出し1枚づつiPadで撮影しました。写真が横になったり、小さかったり、新規の登録とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼 NO.3

そろそろ起きますか?と同宿した青年の声に目が覚める。相当疲れていたようでグッスリと寝ていました。時計を見ると現地時間で8時頃でした。シャワー室で顔を洗いミネラルウォーターを飲む。インドの水道水は絶対に飲んではいけないとガイドブックに書いてあったので忠実に守る事にしています。ウッカリ飲めば酷い下痢のピーピーとなるらしい。日本の水道水は世界…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼 NO.2

関西空港から8時間くらいのフライトだったと思います。機外の景色を見たりヒンズー語や英語の挨拶文などの辞書を読み、うつらうつらしていると、デリー空港に到着するとのアナウンスが流れてきました。いよいよインドに来て感慨もひとしおです。デリー空港に到着したのは夕方でした。飛行機を降りて入国審査を受ける。ギョロ目の如何にも怖そうなインド人の入国審…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

インド仏跡地巡礼 NO.1

初めてインドを訪れたのは1995年の7月でした。その数ヶ月前に化学研究会社を事情により退職しており、念願のインド仏跡地巡礼が出来るようになりました。今から思い出すとその時既に西国と四国の両方とも満願していました。インドへ行く時に四国で88ヶ所の朱色の印を押した浄衣( 白い着物 )を持って行っております。インドへは家族は同行せず私の一人旅…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神仏霊場巡りの回想録 NO.3

職場の上司から聞いていた巡礼のやり方について、念珠は法事や葬儀に参列する時に必要であり家族四人皆んな持っていました。仏具店に行って納経帳を買おうとしましたが、観音様の御姿のある掛軸が展示されて売られており、お店の人に聞いてみると掛軸にご朱印を貰うやり方もあると教わりました。この方が一目でご朱印全体が分かり観音様の御姿も綺麗だったので掛軸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神仏霊場巡りについて。No.2

神仏霊場巡拝の道 と言う近畿地方の名だたる古社名刹が手を結び、新しい組織の神仏霊場会を約6年前に設立されています。伊勢神宮から延暦寺まで参加社寺は合計150に及びます。私は、設立して間もなくその事を知り巡礼を始めています。書店で公式ガイドブックを買いました。最初にお参りした 奈良県内の帯解寺で、嫁いでいる娘の安産祈願に行きました。参拝…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

神仏霊場巡りについて。NO.1

私が物心つく幼稚園児くらいの時から、既に朝早くから祖母が仏壇に向かって一生懸命にお祈りしているのを今でも鮮明に覚えています。30分位だったと思います。他の家族はみんなまだ寝ているし、朝早くて眠いのに子供ながら凄いなぁと思いましたが、その理由や意味は全く分かりませんでした。その意味が理解出来たのは、小学校の高学年に成ってからです。腹を痛め…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more