林住期の生き方

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の夜長に『 生き方 』について想うこと。

<<   作成日時 : 2016/10/28 23:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 122 / トラックバック 0 / コメント 23

六根清浄( ろっこんしょうじょう )とは、眼、耳、鼻、舌、身、意、の感覚器官を綺麗にする事です。身の回りを清潔にして道徳的な行為と綺麗な心を持つことを言います。心と身体を綺麗にする『 祈りの言葉 』です。

懺悔や反省の気持ちを常に持って謙虚に生きることは大切です。自分の未熟さを自覚できる人だけが自分を高められ、自分は完成された人間だと驕った人の成長は止まっています。努力している自分が成長しつつあると実感するのが一番の楽しみと言えます。『 悟り 』と言う究極の目標に向かってひたすら努力するのが人生と言えます。

人間として生きる為には向上心は大切ですが、欲望という際限のない『 煩悩 』を上手くコントロールする必要あります。他人と優劣を比べるのでは無く、自分の人格を高めて智慧を磨く営みは一生の仕事だと思います。

自分の現在の境遇は自分が過去に行って来た結果です。得る事が出来なかった地位・財産・名誉・家族等々は、社会や他人のせいではありません。他者を責めるのは間違いで、自分の過去の行いと心の持ち方を責めるべきと考えられます。客観的に自己批評できる人は自分を高める事が出来ますね。そして、初心に戻って懺悔から始めると心は救われると思います。

日常生活では煩悩と共に活動しています。それをコントロールして和らげる方法に、六波羅蜜行や十善戒等々の実践項目があります。

六波羅蜜( ろくはらみつ )

布施(ふせ) 見返りを求めない施し。
持戒(じかい) 仏教の戒律を守る。
忍辱(にんにく) 我慢して耐え忍ぶ。
精進(しょうじん) 一生懸命に勤め励む事。
禅定(ぜんじょう) 常に心の安定をはかる。
智恵(ちえ) 思いやりの心を持って考える。

十善戒( じゅうぜんかい )

不殺生(ふせっしょう) 生き物を殺さない。
不偸盗(ふちゅぅとう) 物を盗まない。
不邪淫(ふじゃいん) 不道徳な男女関係を持たない。
不妄語(ふもうご) 嘘偽りを言わない。
不綺語(ふきご) 戯言を言わない。
不悪口(ふあっく) 人の悪口を言わない。
不両舌(ふりょうぜつ) 二枚舌を使わない。
不慳貪(ふけんぞん) 物を惜しみ貪らない。
不瞋恚(ふしんに) 怒り憎まない。
不邪見(ふじゃけん) 間違った考え方をしない。

話題を変えて。。。

邪馬台国の時代から、山川草木や動物にいたる全てのものに『 霊魂 』が宿ると言う信仰が日本にあります。「 一寸の虫にも五分の魂 」の諺はご存知かと思います。動物園に慰霊碑を建て、裁縫に使った針も供養すると言う風習があります。古来のアニミズム・神道・仏教を合わせた信仰心だと考えられます。

日本は農耕民族であり、老若男女がお互いに協力し合って田畑を守り、生きて来た経緯があります。他者を征服する外に向かう狩猟民族とは異なります。寛容な気持ちで外来の文化・思想・技術、を取り入れて発展して来ました。争いを止めて協調するのが一番で、人類は世界平和と全ての人が幸福になる事を目指すべきだと思います。

人類の進化の歴史を振り返ると、猿人( アウストラロピテクス ) → 原人( 北京原人 ) → 旧人( ネアンデルタール人 ) → 新人( クロマニョン人 ) → 現生人類( ホモサピエンス )となります。未来には、科学技術の進歩で人造人間( サイボーグ )が出来る可能性とDNAの変化した『 新人類 』が出現する可能性もあります。

諸行無常を考える。。。

仕事をリタイアし隠居の身になってから早くも5年経過しました。最初の頃は現役の時に出来なかった事を計画して少し実行しましたが、最近はその意欲が湧いて来ずに消極的になり反省しています。日常生活の家事・散歩・読書が主な日課です。一番の楽しみは、孫たちに会って元気な様子を見る事です。

現在70軒くらい集まった住宅地で暮らしています。ほぼ同じ団塊の世代が約35年前に入居しています。最初に入居した親の世代から子供の世代に変わりつつあります。近所の同年代の人が亡くなり、明日は念珠を手にお通夜に参列します。古希を迎える年齢に近づき、この世からお別れし極楽浄土へ旅立つ人も出始めています。

地球も一つの生き物であり、大自然の景色も永い年月の間には変化します。人間の平均寿命は伸びていると言えども限度もあり、順番に子孫へ遺伝子が受け継がれて行きます。

諸行無常を体感しつつ、如何に生きるべきか?は人類の永遠の命題であり、正解はないでしょうね。

ブログ本について。。。

このブログでは生きて来た証( あかし )を遺したいと思い、自分史や生き方について投稿して来ました。ブログ友の皆様のコメントや気持玉のお陰で、電子出版と印刷製本もして、ブログ本の出来たことに感謝しています。ブログ本の原稿を編集して書店流通させる為の計画も立てた事あります。複数の出版会社から見積書を取得しています。出版原稿の内容に未熟な点や不足部分も多々あり実現には至っていません。店頭に並ぶかどうかは未定です。

いつも気持玉を頂き有難うございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 122
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます(^◇^)

拝見していて、私は退職して3年半を過ぎたところですし、今の住まいには、やはり、約40件が一度に入居した団地で、30年を過ぎたところです(^◇^)入居した当時は、子供たちも多く、子供会なども、活発に活動していましたが、今は、気が付いたら、子供会もなくなったそうで、子供たちも独立していき、夫婦二人っきりの家庭が増えました(^^)/たぶん、華の熟年さんのお住まいの所と、よく似た環境の団地なのかなとか、思いました(^^♪私も、ここに来て、今後の『生き方』について、思っていた所で、とても、興味深く拝見しました(^^♪

いつも、お立ち寄り頂きまして、ありがとうございます(笑顔)
アイリス
2016/10/29 08:44
アイリスさんへ コメント有難うございます。

お互いに仕事を退職しノンビリと余生を楽しんでいる境遇ですね。おっしゃる様に入居当時は此方でも子供の人数も多くて賑やかでした。現在は隣接する公園で遊んでいる子供達は3世代目の孫になっています。生き方については、宗教的な観点から想うところを書いています。
華の熟年
2016/10/29 14:47
私の住んでいるところも団塊の世代より少し上の世代で老夫婦世帯が多くなり、後を継ぐこともなく売却されたりしてそこへ2軒建って若い世代交代が始まっています。
時代の流れには逆らえませんね。
悟りの究極な目標には程遠くて…気ままな生活をしています。
みなみ
2016/10/29 16:11
こんにちは

ろうそくはやがて燃え尽きる
それまでは何とか日々楽しく
生きていきたいものですね
周囲からも自らも
燃え尽きるまで消させないよう
少しだけ諸手で囲っていきたいものです
無門
2016/10/29 19:32
みなみさんへ コメント有難うございます。

おっしゃる様に私達の住んでいる地域は、老夫婦が多くなって世代交代の時期ですね。現役で働いていた頃は煩悩の多い生き方でしたが、仕事をリタイアしてからは理想的な生き方について深く考える様に成りました。実践するのは難しいです。
華の熟年
2016/10/29 20:21
本当に日々葛藤しています
皆さんのブログにパワーを頂いています

ブログは私が生きた証しになると思います
半分は娘のために書いています
私が無くなって寂しく思った時にブログを読んで元気を出してくれたらいいなぁ〜なんて思います
あとの半分は少しでも何かしらの情報や勇気や希望を発信出来れば嬉しいなぁと思っています

一生かかっても完成された人間になることは難しいと思いますが何か自分に出来ることをしながら生ある限り一生懸命に生き抜きたいと思っています
とまる
2016/10/29 20:31
無門さんへ コメント有難うございます。

おっしゃる通り、身体と心の健康を維持して、生命の炎が燃え尽きるまで、楽しく生きて行くのは、理想的ですね。
華の熟年
2016/10/29 20:41
とまるさんへ コメント有難うございます。

ブログでご自分の情報を発信することは生きて来た証になりますね。お嬢様に読んでもらえれば嬉しい事と思います。おっしゃる様にブログを通じて大勢の方々とコメントや気持玉でコミュニケーションをとるのは楽しいですね。日々の苦労を乗り越えて一生懸命に生きることは尊いことです。
華の熟年
2016/10/29 21:43
お早うございます
自費出版されるという事で
頑張ってください、母は90を
過ぎてから、稚拙な本を3冊自費出版
しました、結構図書館で買って貰え
ました〜
すーちん
2016/10/30 08:42
すーちんさんへ コメント有難うございます。

ブログへの投稿文とコメントも含めて、年度末に2回製本しています。自費出版出来るかどうかを検討した事あります。ご母堂様が3冊も自費出版された事は素晴らしいですね。
華の熟年
2016/10/30 11:58
退職後の晴耕雨読、と言いますかなかなか趣ある暮らしぶりです。そういう状況に自分を置いたことがなく、いつも様々なことに囲まれて生きている私には、ある意味うらやましい。人生、運命、生き方、などを静かな環境で見つめ直してみるか、私のように動きながら考え続けるのが良いか?どちらが良いとは言えないみたいですね。
arara
2016/10/31 03:09
araraさんへ コメント有難うございます。

歩んで来た道・考え方・価値観は、人それぞれに違うので『 如何に生きるべきか? 』を一つに決める事は出来ないでしょうね。十人十色の生き方があると思います。私は若い頃から沢山のお寺や仏跡地を巡礼し、10種類以上の職業を渡り歩いて来ました。おっしゃる様に余生は晴耕雨読の日常生活です。
華の熟年
2016/10/31 11:21
何処も同じですね。私たちの住んでいる住宅地 おおよそ 500軒もの家があり〜一時は 子供会も婦人会も。
今じゃ 老人会だけですよ。
ハイジママ
2016/10/31 13:20
ハイジママさんへ コメント有難うございます。

現在の住宅地へは約35年前に入居し世代交代の時期です。おっしゃる様に此方でも老人会が新しく出来て、子供会は廃止となりました。少子高齢化の時代の流れです。光陰矢のごとしで季節の移り変わりも早く感じ、今年も残り2ヶ月になりました。
華の熟年
2016/10/31 14:34
ザッと読み下していて
どれも(実行できているかどうかはともかく)分かっているつもりのものでした。そして
「忍辱(にんにく) 辱めを受けても我慢する」
の部分についてハッと、感銘を受けました。私はブッダの教え、キリストの教えに精通していますが、ブッダの側には東洋人寄りの思想成分が多いのでしょうね。「恥辱」に対処する言及は仏教の方に学ぶべき点があるのかもしれません。新ためて発見しました。
もしご存じでしたら「恥辱、プライド、怒り」に対処する方策を教えてくださればありがたいです。
ヤシャス
2016/11/01 20:28
こんばんは。
初めてお便りを差し上げます。
推察するところ、若い時に苦労をされた分、
現在を見回し楽しんでいるように推察します。
私も残り少ない人生を、
自分の足で惑わされずに行きたいと思っています。
改めて勉強させられる人生です。
これからも宜しくお願します。
セラ吉
2016/11/01 22:17
ヤシャスさんへ コメント有難うございます。

六波羅蜜行は仏教徒の守るべき戒律で、「 忍辱 」は広い意味で我慢して耐え忍ぶと言う意味です。辱めを受けても我慢するのは狭い範囲のため、我慢して耐え忍ぶに文言を変更しました。ご了承ください。「 恥辱 」とは他者から辱めを受ける事ですね。お尋ねの件について、未熟ではありますが、小生の対処法を書いてみます。恥辱の対処法は、相手の傲慢さと人間性に憐れみを持ち、人の道に反していると説法できれば一番良いですね。プライドは自己のアイデンティティを保つ為にも必要で誰しも持っており悪い事では有りませんが、自分を客観的に判断出来ない時は、高いレベルであると勘違いして生きる道を誤ります。従ってプライドはなるべく低くして謙虚に生きる事が大切です。怒りは厄介な精神状態で動物的な本能に根ざしており、冷静さを取り戻すための時間的な猶予が必要ですね。短気は損気と言う諺の通り血圧も上昇して身体にも悪いです。怒っている自分を冷静に見つめている『 もう一人の自己 』を持っていれば良いですね。

ヤシャスさんは、お釈迦様の教えやキリストの教えに精通しておられる様なので、これらの適切な対処法はご存知だと思います。
華の熟年
2016/11/02 10:44
セラ吉さんへ 当ブログへ初めてお越し頂き歓迎します。

ブログ友の皆さんは、個性ある人生を各人各様に歩んで来られたと思います。私は若い頃に宗教心に目覚めましたので、ブログでは「 仏教 」や「 聖地巡礼 」と言うテーマを掲げています。諸行無常を感じつつ、残りの人生を楽しく過ごして行きたいでね。今後とも宜しくお願い致します。
華の熟年
2016/11/02 10:45
今日のブログを見て、私も考えてみました。
とかく、自分だけのことを考える日々の多いこれまでの人生です。
人間としての最後の仕事は、死ぬと言う大切な仕事があると感じています。

使命や目標は考えられなくとも、焦ることはないと思いながら、今日を迎えています。

おっしゃる様に〜私も、孫と過ごす日々や時間を楽しんでいます。
そして、苦労を共有した妻と共に命を与えられてる間、とに歩きたいと考えています。

華の熟年さん、これからもいろいろ教えてください。
お願いします。
夕焼け
2016/11/02 10:52
夕焼けさんへ コメント有難うございます。

浮世の喧騒に左右される事なく、心穏やかに瞑想する心境で余生を過ごしたいと思っています。お互いに可愛い孫たちと一緒に過ごす時が一番楽しいですね。

このブログでは、人は如何に生きるべきか?を色々と提言しています。まだまだその答えは見つかりません。更に『 遊行期 』では、如何にこの世からお別れするのか?の境地も有ります。
華の熟年
2016/11/02 19:33
熟年さんへ
御返答ありがとうございました。じっくりかみしめてみたいと思います。私は知恵はあるつもりですが、実行するのは難く、年長者のアドバイスをいただけたことに心から感謝いたします。
ヤシャス
2016/11/02 20:19
山川草木、すべてに魂が宿り、
時に人間が使った道具や玩具にさえ、
何かの魂が宿るという考え方は、
(針供養や人形供養など)
私たちには自然なものという気がします。
福島原発の事故処理の苦悩を思うにつけ、
自然と共に生き、大切にして来た
日本人の歴史をないがしろにしないように
したいと思えてなりません。
yasuhiko
2016/11/04 14:00
yasuhikoさんへ コメント有難うございます。

おっしゃる様に生命あるものだけでなく、大自然の全てのものに育まれて人間は生きていると思います。人類はかけがえのない地球を大切に守る必要ありますね。地球温暖化対策の国際的枠組みであるCOP21(国連気候変動枠組条約)パリ協定が正式に発行しました。各国はCO2の削減を目指すことになります。日本は早く国会で条約を批准する必要あると思います。
華の熟年
2016/11/04 21:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の夜長に『 生き方 』について想うこと。  林住期の生き方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる