遊行期の生き方

アクセスカウンタ

zoom RSS 遊行期(ゆぎょうき)の生き方について。

<<   作成日時 : 2018/01/08 14:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 143 / トラックバック 0 / コメント 16

ブログの名称を元日から『 遊行期の生き方 』に変更しています。古代インドの理想的な生き方の分類で4番目になります。昨年12月にブログで終活のお話をした時にもその意味を少し書きました。ブログ初期画面の挨拶文にもその主旨を掲載しています。

遊行期は人生の最後を積極的に生きる事を意味しています。森羅万象とこの世の真理を知り、物質世界の煩悩を離れた生き方です。日常生活から解放されて自由に生き、遊びの感覚で精神的に放浪する事を意味します。例えば晩年に隠遁生活をした、兼好法師・一休禅師・松尾芭蕉の様に自由な生き方をする事です。

一方、仕事が趣味と言って企業戦士となり後進に道を譲らず、身体の続く限り働き、挙句の果てに病気で倒れて病院で人生を終える事は何と気の毒かと思います。林住期も終活もせず、遊行期と言う幸せな生活も体験せず、何の為に人間に生まれて来たのか?も知らずに逝くのは残念な生き方と思います。

お釈迦様は悟りを開いてからは、50年間に渡り北インド各地を遊行(行脚 )し、人は如何に生きるべきかを説法しました。昨年秋に出版したブログ本には、科学的にはこの世の真実を知り、宗教的には悟りの境地を目指すのが理想と書きました。

余談【 遊行期の正反対の生き方】

煩悩に支配されて、食欲・性欲・金銭欲・名誉欲、等々にこだわって生きる事です。現役の仕事をいつまでも続けて、『林住期の生き方』さえ出来ない人もいます。後輩に道を譲る事も必要であり、名誉や地位に執着して老害を晒すと言う醜い生き方は避けねばなりません。自分は掛け替えのない立派な人間であるとの、思い上がりと高慢さに気づく事が必要です。

人間は大きな変化は好まず、同じ生活パターンや同じ事を続ける傾向があります。同じ事の繰り返しは楽で、安心できると言うメリットがあります。しかし、延々と同じ事の繰り返しは人生の無駄な行為であり、光陰矢の如しで無駄に貴重な人生の時間を費やしていると考えられます。ただし、芸術や創作活動等々は同じ分野で有っても、その道を極める事であり立派な生き方だと思います。我々の様な凡夫はその年齢に相応しい言葉や行為に少しづつ変えて行くことも必要です。

社会や他者への批判は容易で、自己を正当化して優位に立とうとする行為です。僅かな確率で発生する事案に対して、如何にも大多数が行う事案だと言うのは間違いです。自己を安全な場所に身を置いて、他者を臆面もなく批判するのは卑怯な方法と言えます。ネット社会の光と陰です。

人間は煩悩に左右される生き物で、ごう慢な言葉で他者を見下したり、他者を選別して優劣を語る事は、厳に慎まなければなりません。そして具体的な証拠も無く自分の狭い思考範囲と視野で考え、憶測でいい加減な話をするのは卑しい人です。

この世は相反する2面を持っています。映画スターウォーズに出て来る暗黒面のダークサイトに心惹かれる事を避ける必要があります。生き物を無闇に殺す、他人の物を盗む、不道徳な男女関係を持つ、嘘偽りを言う、虚言を言う、人の悪口を言う、二枚舌を使う、物惜みする、人に対して怒ったり憎む、誤った考え方をする。これらは人間の間違った生き方です。
【 遊行期の生き方の裏側を書きました】

表裏を比べると一目瞭然となります。表面で生きる人、裏面で生きる人、どちらで生きるかは自分で決める事になります。ある年齢に達すると生き方や人生の考え方が固定して、変更する事が出来ない人が大勢います。しかし、臨終の死ぬ間際になって気付いても手遅れとなります。心身の健康な時に気づいて、魂の修行を続ける事を是とし、安楽に心穏やかに日々を過ごせれば幸せとなります。

少し辛口に書いた文章も有りますが、両方を書くと遊行期の意味が浮き上がって理解し易くなります。

遊行期の生き方で此れから何を書こうか思案しています。ブログの更新は不定期にテーマもハッキリと決めず、心に浮かんだ事を思い付くままに書く予定です。

いつも気持玉やコメントを頂き有難うございます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 143
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
かわいい

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
いやあ、私も遊行期かな?と思っています。仕事一筋そのあとすぐにご臨終はさすがに寂しいと思いますね、まあ、死ぬまで企業戦士でいることをよしとしている人種も多いですがね、
fujisan
2018/01/08 17:01
華の熟年さん、こんにちは、、いつもありがとうございます。
人生80年と考えると私も遊行期に入ります、、また、人生100年ではまだ林住期になります、、しかし、人生の下山期であり、そろそろフェードアウトを意識した時期に入っていることは間違いありません。
そんな私は自身の経験やスキルを次世代に伝える仕事を細々とでも継続できればよいと考えています。
いつまでも自身が上に立つことは良くないですが、コンサル業をしているとついつい上から目線で話している自分に気付かされることがありますね(涙
また、家内や子どもとの接し方に関しては、もっと注意を払わないと、自分は夫なんだ、親なんだと自身の考えを押し付けている自分にふと気付くことが多々ありますね(汗
今年もどうぞよろしくお願いします。
OTSUKYON
2018/01/08 17:41
fujisanさんへ コメント有難うございます。

小生は団塊の世代で、fujisanさんとほぼ同じ世代の様ですね。平均余命が約15年あり、残りの人生を有意義に楽しく過ごしたいと思います。おっしゃる様に仕事一筋で死ぬ間際まで企業戦士の人を見てきました。十人十色の生き方が有り、仕事を通じて社会貢献をして税金を納める事も立派だと思いますが、私にはとても真似は出来ません。浮き世の喧騒を離れて、林住期〜遊行期へと自由に生きたいでね。
華の熟年
2018/01/09 10:25
OTSUKYONさん コメント有難うございます。

古代インドの生き方は4段階(学生期、家住期、林住期、遊行期)あります。林住期からは仕事をリタイヤしてからの生き方となります。年齢で分類するのではありません。生き方の具体的な方法論として分けています。現役で仕事をしている時は『 家住期 』と言えます。コンサル業は家住期と林住期の中間に位置していますね。OTSUKYONさんのされているコンサル業は、次世代にその経験やスキルを伝えて素晴らしいお仕事だと思います。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
華の熟年
2018/01/09 11:08
華の熟年さん、こんばんは♪
奥が深くてまた、痛いところもあってなるほど、なるほどと思いながら読ませていただきました。
今年は実は私、誕生日が来ると還暦なんです。気持ちだけは若いのだけど、終活だとかいう言葉を聞くとそろそろ・・なんて思うこの頃です。早いかな?
遊行期の意味、よくわかりました。少しでもそこに近づけるように日々、心得て邁進してまいりたく。(笑)
とわ
2018/01/10 20:49
仕事ばっかりで、家庭の事を
それほど顧みなかったり、
趣味や教養などの幅を広げて
来なかった方の場合は、定年以降の
人生が大きな課題になるみたいですね。
私のように競争するのが大嫌いで、
のほほんと生きてきた人間は、その点、
切り替えが割と楽でした。
yasuhiko
2018/01/10 23:59
とわさんへ コメント有難うございます。

21世紀の物質豊かな社会に生きている私たちは、質素に暮らす事は難しいかも知れません。科学技術の進歩が著しくて便利な世の中になりました。しかし、便利で贅沢なものを追い求めるのは限界があります。終活は物で溢れる身辺を整理・整頓する事も含まれます。同時に、心穏やかに暮らす為には、この世に人間として生まれたことに感謝して、生きる意味を知り、科学的には森羅万象の法則を知る事だと思います。地球資源の浪費を抑えてリサイクルを推進し質素に暮らして、遊行期という生き方を目指したいと考えています。
華の熟年
2018/01/11 11:19
yasuhikoさんへ コメント有難うございます。

おっしゃる様に仕事一筋で生きて来た人は、リタイヤ出来なかったり、定年後に何をすればよいか?分からない人もいますね。小生は、仕事をリタイヤするのは楽しみにしていました。神仏霊場参り・ネットワーク活動・読書・家の内外の整理整頓、等々を予定していました。
華の熟年
2018/01/11 14:43
奥が深いですね
なるほど〜と思いながら読みました

食欲。。。沢山食べれないけど、食べてみたい物はありますね(笑)
贅沢三昧をしたいとは思いません
機会があれば楽しめればいいです

心穏やかに生きれたらいいなと思います
とまる
2018/01/13 21:02
深いお話ですね。参考にもなりますし考えさせられます。正直、どう生きるべきか日々迷っています。
ブログをやっているとそういうことを忘れて夢中になってしまって。それも自分だと思いますが。
ミクミティ
2018/01/13 22:00
なるほどと拝読させていただきました。
男性と違い女性はある程度自由人ではと思います。
リタイアした男性の生き方を我が夫にも読ませたいですね。女性はどんな境遇でも対応できる性分だと思いますので。
みなみ
2018/01/14 06:29
とまるさんへ コメント有難うございます。

遊行期は身辺の整理・整頓をして身軽になり、物質の束縛から離れることを言います。食欲の件でも栄養満点のご馳走を食べ過ぎると、糖尿病のリスクが増大します。肉類や動物性タンパク質より、豆類や根菜などの多い精進料理の方が健康食品と思います。高齢者になれば自然に食事の量も減って脂肪分の多いものは控える様に成りますね。心穏やかに生きるためには、煩悩を上手くコントロールして、自己の内面を充実するのが良いと思います。
華の熟年
2018/01/14 11:36
ミクミティさんへ コメント有難うございます。

小生は、日本の人口構成で最も多い団塊の世代に生まれて70年間生きてきました。センター試験も始まっていますが、受験勉強でも大学の数や入学定員が少なかったので、同世代との競争も激しかったですね。企業戦士として同じ会社で勝ち上がって行く人もいれば、小生の様に戦闘に負けて10種類以上の会社や職種を放浪した人もいます。現役で働いていた時は職業が遊行と言えます。しかし、若い頃から神仏霊場を参拝して、宇宙論や量子論の書籍を読んで、この世の真の姿と人間の生き方を模索してきました。

ネット活動は行き過ぎると中毒症状が出るので気を付ける必要あります。極論を言えば煙草や麻薬と同じです。子供のゲーム中毒や大人のネットによる犯罪も全てその弊害と言えます。『 過ぎたるは及ばざる如し 』の諺があります。人生を楽しむ為の便利なコミュニケーションツールとして活用すれば良いと思います。
華の熟年
2018/01/14 11:39
みなみさんへ コメント有難うございます。

男性は社会に出て職業について働き、妻子を養う義務が有りますね。最近は男女による区別は少なくなって来ましたが、女性は家庭にいるので男性より自由人と思います。男性の様に仕事をリタイヤしてから如何するのか?を迷う心配も有りません。おっしゃる様にどんな境遇にも対応できる生命力があります。そして平均寿命も87歳で男性の81歳より6年も長生きです。
華の熟年
2018/01/14 11:57
いろいろと考えさせられます。いくつになってもなかなか悩みはつきませんね。女性は自由人ですか。だといいな。わたしなどは能力もないのに、生活のため、子育てしながら正規職員を43年も続けちゃって、気がついたらもう人生も終わりに近かった。本当に気の合う友人を作り事も出来ず、仕事一筋の人生で、子どももきちんと育てられず、後悔がいっぱい残っています。まだまだ煩悩も捨てきれず。
悲しいかな、なにひとつまともな趣味ももたず、寝る前に児童書を読むことと、数学を一ページやって安らかな気持ちになって眠ります。それでも眠りにつけなくて朝方までうろうろの日も。悩み多き年頃ですよ。思秋期っていうのかな。それってもう二十年前でしょうって言われそう。あっはは。まあ何とか、今年も宜しくお願いします。
ののはな
2018/01/22 23:40
ののはなさんへ コメント有難うございます。

子育てをしながら正規職員として43年間も働き続けて来られたのは立派ですね。小生は色々な職業を転々としました。仕事をリタイヤしてからは自由気ままに生きれば良いと思います。このブログの名称の様な生き方として『 林住期・遊行期 』は悠々自適の生活をおくる時期を指しています。

過去を変える事は出来ませんが、未来は自由に変えることが出来ます。過去の事は思い悩まずに、今日から楽しい事をすれば良いと思います。煩悩に振り回されて生きるのでは無く、生きる喜びと有り難さを感じて、今日を楽しく精一杯生きる事だと思います。
華の熟年
2018/01/23 11:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
遊行期(ゆぎょうき)の生き方について。 遊行期の生き方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる