この世の成り立ちについて。

画像

ハスの花











物質は僅かで、95.4%は未知な物です。

物質 ( 銀河の推定総質量、星間物質総量 ) 4.6 %
ダークマター ( 未知の物質 ) 23.3 %
ダークエネルギー ( 未知のエネルギー体 ) 72.1 %

宇宙が加速膨張している要因にはエネルギーの補給が必要と成り、真空中から絶えずエネルギーを補給しないと一定以上の密度を保つことは出来なくなる。宇宙誕生時は、時間も空間も無いゼロポイントから量子揺らぎにより大きさは10^-33cm (10のマイナス33乗cm) から素粒子一個分のエネルギー量で四次元時空に出現し、次々に真空の空間からエネルギーを補給しながら成長してサイズも全体のエネルギー総量も指数関数的に増大して行ったと考えられます。

その真空から一対の粒子・反粒子が生成されて粒子のみが生き残り星々が出来ました。銀河や生命の誕生に必要な各種の物理定数等は、極めて稀な確率で合理的に相関しています。僅かな数値の違いでも全体のバランスが崩れて、銀河や人間は出来ませんでした。

宇宙を飛び交う情報について距離や時間とは相関せずに瞬間に伝わる。非局所性(ひきょくしょせい)と言われており、この宇宙における現象が離れた場所にあっても相互に絡み合い、影響し合っているという性質の事です。最初に述べた未知なる物と異次元が関係すると予想しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2014年06月04日 09:13
こんにちは

広大な宇宙空間と
極微の世界の
類似性など
興味は尽きないですね
華の熟年
2014年06月04日 11:33
無門さん こんにちは。

私は宇宙論が面白くて色々な書物を読みましたが、多種多様な理論があり学会でも意見が分かれています。宇宙が膨張していると言う事は現在の主流と成っています。おっしゃる様に宇宙論は極微の世界と関係し、量子宇宙論なる学問もあります。

この記事へのトラックバック