この世の真の姿は、物質か?幻影か?

画像
科学の視点では観測や測定により、この世は物質やエネルギーで出来ています。しかし、物質では無い『 意識 』はどの様なものかは、科学的にはまだ証明されていません。心脳問題について数回にわたりこのブログでも書きましたが、脳で発生すると言われている『 意識 』は現在の科学では未知なるものです。科学的に証明されていない意識で、この世の物質世界を記述して、存在を証明するのは大きな矛盾を含む事になります。この自己矛盾がこの世の真の姿と考えられます。

この世には、科学的な物質世界では無い非物質の世界があります。非物質の世界は物理的に観測や実験は出来ません。意識と言う非物質でこの世界を見ている事になります。意識は脳に量子的に干渉して指令を送り五感を通して物質世界を把握すると考えられます。

万物に意思があると以前に書いたことあります。物理的な基本法則である揺らぎと不確定性原理により、動物にも植物にも無機物にも微生物や素粒子にも選択して行動する自由意志があると考えられます。自ずと行動範囲はその物によりある範囲に制限はされている。人間は月まで行ける、鯨は太平洋、観葉植物は植木鉢の中、細胞はその生体組織の中、電子は原子核の周辺、にて行動範囲内であれば確率的な自由度があり自らの意思で選択している。

更には、地球や銀河も意識があり、あらゆる階層において生命体として活動していると考えられます。コズミック・ダンス( 宇宙のリズム )を踊っているヒンズー教のシヴァ神は、森羅万象の生命エネルギーと歓喜を表現しています。

人間の本来の目的は、この地球の支配者として資源を収奪して環境を破壊することで無く、全ての生命体と共存共栄する事にあります。文明と科学技術は著しく進歩しており、その進歩に相応しい精神性の発展が望まれます。種族保存の為に生存競争するには一定の限度があり、無制限に拡大して自然や生命系全体がアンバランスになる事を避けなければ成りません。

生存欲・物欲・名誉欲・等々の煩悩は、肉体を持った人間の無知なる行為です。我欲が生み出すのは悪行であり、その結果は悪因を生じ、負の連鎖が循環して繰り返されます。つまり、悪因と悪行の輪廻が繰り返される。無知なるが故に生まれ変わり死に変わりする事になります。

五感で認識できる物質の世界のみが真実だと言うのは誤りです。意識は脳より次元の高い上位にあり、肉体が滅んでも意識は存在し続ける事を自覚して、宇宙開闢から続いている永遠なる超意識と繋がって一体であると観想出来れば『 解脱 』となります。これは人間の卒業とも言えます。

具体的な霊魂現象では体外離脱や臨死体験があります。肉体を超越した意識だけの世界がある事を示唆しています。存在がハッキリしているのは意識だけと言えます。その意識は捉えどころが無く変幻自在で時間や空間を超越して挙動しています。物理的に測定は難しく、間接的に脳活動の一部分を解明できても、意識の発露と現象を説明するのは無理だと考えられます。

人間はこの世に生まれてから色々な学習と体験をした後に老いて生涯を終え死んで行きます。はかない夢まぼろしの一生だと思います。更に、物質も離合集散して変化を繰り返し、五感から投影する森羅万象は自己の意識が創り出す幻影と言えます。チベットの死者の書にもその様に書いてあります。量子論の基本的な考え方でもほぼ同じ事を言っています。この世には確固たる存在は無く、揺らぎと振動による変化のみが伝播すると言えます。

『 意識 』を物理的に表わせば余剰次元に存在し、この世の四次元の時空とは異なる場所に有ると考えられます。一生を終えれば、『 魂 』は余剰次元と言う死後の世界に入り、禊ぎを受けて再びこの世に戻って来ます。これを何度も繰り返して『 魂 』を浄化し、愛と慈悲を実践できるまで続きます。これを輪廻転生と言います。

人間の『 思い 』は、物理的な電磁波よりも早く、地球より重くて、時間や空間を超越した動きをしています。四次元時空の呪縛から離れた存在であると思います。

人間として生きる処方箋を言えば、意識を正しい方向へコントロールし・ストレスを自ら緩和し・他者に優しい態度で接し・笑い・喜び・感謝を表し・相手の幸せを願う気持ち、等々の『 良き思い 』は因果応報の原理から測れば、最高の幸せな未来が訪れると考えられます。

久し振りにブログへ書き込みしました。少し肩に力が入って大袈裟な事を書いてしまったと思っています。

いつもコメントや気持玉を頂き有難うございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 96

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2016年03月20日 21:45
華の熟年さん、こんばんは、、いつもランキングに投票くださり、ありがとうございます。
おっしゃる通りだと私も思います。
以前のブログでも書きましたが、映画「シーズンズ」を観て、ナンと人間は愚かな存在なのか、まるで地球の征服者のようなおごりがあります。
自然の驚異には全く歯が立たないのに、まるで神のような所業をします。
でも、人間個人の力で生きられるはずはありません、すべて生かされている、生かしてもらっている、見えない強い力によって、、明日また新たな一日が始ることに感謝しなければなりません。
そして、ある日、人間の物質としての体は終焉を迎え、魂が浄土へと導かれる、強い力(他力)によって、、人間はちっぽけな存在です、感謝の気持ちを持ち続けたいですね。
2016年03月21日 09:56
OTSUKYONさんへ コメント有難うございます。

映画のシーズンズでは、2万年前から現代に至る動物や人類の生命の営みがつづられていますね。人間はこの地球上で傍若無人に振る舞って、他の動植物を虐めて環境破壊をしています。

大自然の偉大な力には人間は到底及びませんので、おっしゃる様に見えない力で生かされていると言うお言葉はその通りだと思います。
2016年03月21日 13:17
こんにちは~♪

何時も拙いブログに気持ち玉を戴き

ありがとうございます

私には難しい事は分りませんが

知識が薄く加減の出来ない人が

増えていますね

でも私は私 自然に逆らわず

自分の出来る範囲の行動で

余生を過ごそうと思っています
2016年03月21日 20:34
H.Rさんへ コメント有難うございます。

今回のお話は「 物質 」と「 意識 」を対比しながら如何に生きるべきかを書きました。十人十色の生き方がありますね。自然に逆らわず謙虚に過ごすのは良い事だと思います。
2016年03月22日 00:37
人はまず自分を守ろうとします。それは赤ちゃんの時に生命維持のための絶対的な要求であったゆえ、当然の行為であったわけですが、大人になっても同じことを繰り返す。そのために自我がどんどん強くなり、自分が世界の中心になります。ここを突破しない限りは人間関係の果てしない争い事が続きます。自分を透明にすることがどれほど難しいことか、鍛錬の日々です。それにしても世界は憎しみや戦争や、脅しや競争が続き、いつになったら神の望むユートピア世界を作れるのでしょうか?
2016年03月22日 10:02
araraさんへ コメント有難うございます。

おっしゃる様に、生存欲・物欲・名誉欲・等々の煩悩は、人間が生きて行く上で大変重要な事です。しかし限度を超えた要求は争いの元となり、昨今の世界情勢を見ても争いが絶えませんね。お互いに資源を分かち合い勤労と奉仕の精神が行き届いた平和で楽しく暮らせる世の中に成って欲しいと思います。

過去数千年の歴史を振り返っても、大勢の聖人や哲学者が理想として言って来た世の中に成って来ません。進歩した事象と退化した事象がいつも共存しています。この矛盾に満ちた世界が『 この世の姿 』と解釈できます。

ユートピア( 理想郷 )の実現はホモサピエンス( 現人類 )では無理でしょうね。未来に現れる精神性が優れた『 新人類 』が実現すると考えられます。
2016年03月24日 11:27
人間の意識というのは、
考えてみると不思議ですね。
精神分析のように、観察と対話で、
人の心を捉えようとする試みはあっても、
心のメカニズムを論理的に説明するのは
非常に難しく、科学が苦手にしてる
分野なのかも知れませんね。
2016年03月26日 09:37
yasuhikoさんへ コメント有難うございます。

人間の意識は何処から如何して生まれるのか?と言う根本的な問題です。おっしゃる様に心の発生メカニズムを説明するのは非常に難しいですね。約1000億個ある脳内神経細胞のネットワークの物理化学的な連携プレーで、『 人間の心 』が発生するのか?との問いかけです。

ニューロンの発火だけでは意識の発生問題は解決出来ないので、脳は量子ホログラム復元装置かも知れないと言う量子脳理論もあります。脳内で非局所的な波動関数の重ね合わせの状態を保った後に、意識の発露で脳の特定部位に波動関数が収斂し、物を観たり・感触を得たり・匂いを嗅いだり・聴いたり・味わい、等を五感に受けると言う話もあります。最初のトリガーを引く原初の意識が一番の問題です。

量子論やカオス理論等の最新の科学理論も使って大勢の科学者が研究しています。しかし、人間の持つ自由意志を獲得するメカニズムはまだ分かりません。今回のお話で提案した余剰次元に『 霊魂 』が存在するとすれば、現在の科学では証明出来ない事になります。つまり、『 人間の心 』の証明は四次元時空に存在している我々人間にはお手上げ状態( 不可能 )と言えます。例え話、二次元の平面に住んでいる二次元の生き物は、三次元の空を飛んでいる鳥は全く見えず、観測は不可能と言えます。

余剰次元が観測や実験で間接的にでも存在が確認出来れば、この世の時間や空間を超越すると考えられるので、素粒子から銀河まで『 万物に意思がある 』と言う事も証明出来ますね。つまり、人間は森羅万象を考えて生きており、その延長線上に電子も銀河にも意識があると思います。
2016年04月18日 23:57
ご無沙汰しております。
久し振りのコメントです。
小さい頃「地獄」という絵本を見て
良い事をしなければ地獄へ落ちる!と、
恐怖・危機感・焦燥感に苛まれてました。
大きくなるにつれ
ふと、自分のしてる言動に対し、
「真の慈愛溢れる言動」ではなく、
「自己救済の為の偽善」なのではないか?と、
疑問を持つようになりました。
相手を想い、言葉を掛けている時など
自分の中の、もう1人の自分が
「徳稼ぎしちゃって!」と、笑ってる気がします。
魂が浄化され、愛と慈悲に心を満たし、
何事にも惑わされないように
なりたいものです。

2016年04月19日 11:56
風花さんへ コメント有難うございます。

子供の頃に読んだ童話や昔話は、勧善懲悪と因果応報のストーリーが多かったと思います。大人になるに従い、物質的な欲望や名誉等の煩悩が膨らんで自己中心で考える様になりますね。

おっしゃる様に「真の慈愛溢れる言動」を実践するのは難しい事と考えられます。浮き世の「 煩悩 」に左右される事無く、心おだやかに『 愛と慈悲 』を実践できれば理想的な生き方でしょうね。