巨大地震の発生と防災品の準備について。

画像
東海地震( 駿河湾 )・東南海地震( 遠州灘、熊野灘 )・南海地震( 紀伊水道、土佐湾 )が同時発生すれば三連動の巨大地震となります。この海底にはフィリピン海プレートとユーラシアプレートとの境目があり、過去100年〜150年の間に繰り返して発生していますね。今世紀の前半に発生する確率が高く準備が必要と考えられます。

駿河湾の東海地震が単独で最も早く発生するとの予測でしたが、最近の地震の予想では、三連動の南海トラフ巨大地震はマグニチュード9以上の超巨大地震で、5年前の東北沖の太平洋地震を超える規模と推定されており、津波も記録的な高さになり想定外になると予想されます。

東北地方太平洋沖地震が発生した時は、大きな津波が発生して沿岸の住宅が水没し原子力発電所と共に甚大な人的・物的な被害もありました。海岸沿いの建築物は水没水位のハザードマップを良く検討して、津波の到達時間までに高台へ逃げる必要があると考えられます。

現在の地震観測技術でも発生の日にちや時間を正確に予測する事は難しく、事前に防災品の準備と避難場所の確保や公共インフラと家屋の耐震化をする必要ありますね。

阪神・淡路大震災が21年前に関西の内陸部で発生した時には、小生の家も大きな揺れに襲われましたが、幸いにも被害は少なかったです。震災の怖さを体験してから、防災の必要性を感じて少しづつ準備してきました。木造の一戸建に住んでいるので地震には弱く、先ずは地震保険に入りました。

色々な防災グッズが開発され防災関連の書籍も店頭で並んでいます。非常時の時に持ち出せる様に用意している物品をご紹介します。

リュクサックに防災品( 非常食・飲料水・懐中電灯・衣類・お金・等々 )を入れて、いつでも持ち出せる様にしています。更に、40リットルの飲料水・長期保存できるレスキューフーズ・簡易型のガスコンロ、も用意しています。三日間は家族3人が生きていける最小限の物です。2台の自動車を所有しているので、車中泊となります。
画像
リュクサックに入れてある非常食と防災用品です。全部を取り出して並べてみました。
画像
現金・健康保険証のコピー・住所録・運動靴・帽子・マスク・懐中電灯・ラジオ・筆記具・雨具・下着・タオル・手袋・飲料水・保存食・箸やスプーン・紙製の容器・ウエットティシュやサランラップ・電池各種・輪ゴム・ローソクやライター・ビニール袋や新聞紙・ハサミや紐、等々を入れてあります。
画像

画像

画像

画像

画像
保存水は、20リットルのポリタンク一個と2リットルのペットボトル10本位。
画像

画像
レスキューフーズです。ご飯や味噌汁及びおかずを加熱して食べる事が出来ます。災害時は電気やガスも止まるので調理は出来ません。このセットであれば温かくして食べる事が出来ます。賞味期限の近づいた保存品を試食してみました。
画像

画像
厚手のポリ袋と発熱材です。この中に加熱する食品を入れて約30分で暖かくなります。
画像
蒸気が発生している加熱中の状態
画像
白いご飯、牛丼、ポテトサラダ、味噌汁、のワンセットで一人前です。昨日試食しました。暖かくてまずまずの美味しさでした。
画像
保存食として、水を入れるだけで食べられるアルファー米・インスタントカレー・乾パン・缶詰各種・チョコレートやお菓子、等々も別途保存しています。
画像
簡易コンロ・予備の燃料ガス缶・アルミの小さいお鍋も一つ用意してあります。

災害は忘れた頃にやって来ると言う格言もあり、まさか自分に起こるとは思わなかったと後悔しない為にも、出来る限りの準備をしています。

巨大地震の発生で、電気・ガス・水道のライフラインが停止して、自宅が損壊して住めなくなっても、3日間は自力で生きていける様に準備したいと考えています。

広域避難場所は地元の小学校を指定されていますが、満員になって不自由な生活を強いられる事はハッキリしており、自治体や他者の援助を期待するのでは無く、なるべく自分の力で管理できる様にしたいと思っています。『 備えあれば憂いなし 』の格言を実行しています。

いつも気持玉を頂き有難うございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 188

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年09月11日 17:43
こんにちは!
自然災害の多い日本に住んでいれば、防災品を準備することは最低限必要ですね。これだけ揃えていれば3日間は大丈夫でしょう。
我が家も同じようなものを揃えています。毎年9月に賞味期限を確認し、入れ替えることにしています。
『備えあれば憂いなし』これからも心がけたいと思います。
2016年09月12日 09:46
ekoさんへ コメント有難うございます。

おっしゃる様に、地震・台風・集中豪雨、等々の自然災害の多い日本ですね。地球温暖化の影響で最近はその頻度も増加している様に思います。20年ほど前に阪神淡路大震災を経験してから、防災品を揃えるようにしています。9月1日は防災の日で、今月に非常食の賞味期限を確認して入れ替えれば良いですね。
2016年09月12日 12:36

リュックサックに
よく納まっていますね
広域避難場所
こちらは 歩いてすぐのスーパー
1週間は 大丈夫と聞いて安心していますが
確かに 最低限は 用意することにします
2016年09月12日 17:34
バクさんへ コメント有難うございます。

リュクサックに入っている非常時の持出し品を全部並べてみました。色々な防災品をあれもこれも入れてあり相当な重さです。もう少し軽くする必要あるかもしれません。都会であれば広域避難場所は被災者が大勢押しかけて来ると思いますし、電気やガス等のライフラインが止まり、道路が寸断された時は数日間は物資の補給も無いかも知れません。おっしゃる様に数日間の非常食と防災品を用意すれば安心ですね。
2016年09月12日 18:53
これだけ完璧に準備されて、頭がさがります。
しなければいけないことはわかっているのですが。
我が家も木造でもう長いこと住んでいますから、何かあったらだめだと思います。
準備のほうは、ここに載っている何十分の一くらいです。
2016年09月12日 22:48
分かっていても、痛い目に合わないと分からない
人種の様です。
とても勉強になりました。
具体的に教えて頂き、有り難うございます。
2016年09月13日 09:11
備えあれば~・・
そう言うことですね。
我が家でも、水とか暖房器コンロだけは買い置きしましたが、しまっておく所に注意しなければと思いながら、押し入れに入れちゃいました・・これではだめですね。

真剣に考えようと思いながら・・毎日を過ごしているようで、本気で行動しないといけないと思いました。
2016年09月13日 10:47
はるるさんへ コメント有難うございます。

まだ3人分の3日間くらいの保存食です。理想は一週間くらいですが、余りたくさん在庫を抱えても置き場所に困るし、賞味期限が切れる前に試食しながら買い替える必要もあります。リュクサックは寝室の枕元に、保存品や大きい物は玄関内やガレージで直ぐに持ち出せる場所に置いてあります。
2016年09月13日 10:49
ハッピーさんへ コメント有難うございます。

おっしゃる様に直接に体験しないと実感しないかも知れませんね。阪神淡路大震災の時に、震源地からは遠い距離でしたが、大きな揺れを体験し防災意識に目覚めました。ご紹介した防災品が参考になれば幸いです。
2016年09月13日 11:10
夕焼けさんへ コメント有難うございます。

わが家は木造の2階建ての築35年くらい経過しており、耐震性も低いので『 地震保険 』にも入っています。防災品の購入費用や地震保険は安心を得る為の『 御守り 』として考えています。実際に地震が発生した事を想定して、持ち出す物を決めて、どこへ逃げるかを決めておくのが良いと思います。
2016年09月13日 14:37
何と言う用意周到な・・・。感心しました。
我が家など ずいぶんいい加減です。
少しは見習います。
2016年09月13日 15:43
ハイジママさんへ コメント有難うございます。

約65年前の幼児の頃に大型台風の集中豪雨で紀ノ川が氾濫し、床上浸水して実家が半壊した体験と、約20年前に阪神淡路大震災で現在住んでいる家が、ユラユラと大きく揺れて驚いた事があります。この様な災害は何時にどの様な形で起こるか分かりませんので、地震保険や防災品の準備をしています。参考になればと思いご紹介させて頂きました。
2016年09月14日 21:21
すごいですね
バッチリ準備されてるんですね

うちは水やカセットコンロなどはバッチリですが。。。
非常食は汁物とお菓子ぐらいです 
2016年09月15日 09:55
とまるさんへ コメント有難うございます。

防災品の準備はご紹介した通りです。非常時の持ち出し品はリュクサックに入れて枕元に置いてあり、直ぐに背負って逃げられる様にしています。小生の住んでいる場所は海岸や河川から遠くて高い位置にありますので、津波や水害の心配は有りません。巨大地震や台風の強風による家屋の損壊と、電気・ガス・水道の停止を考えています。いつ起こるか分かりませんので、備えだけはしています。
2016年09月15日 11:48
備えあれば憂いなし・・・
準備はしておかないといけませんね。
事が起きると意識して一生懸命になるんですが
のど元過ぎると・・・
いけないですね。反省です。
2016年09月15日 13:02
ろこさんへ コメント有難うございます。

万が一の為に防災品の準備をしています。日本も地球温暖化の影響で異常気象( 地震・台風・集中豪雨 )の発生頻度が増していると思います。
2016年09月16日 22:54
私の祖父は、終戦直前の
幾つかの巨大地震の内のどれかで、
愛知県に疎開中、命を落としています。
私は戦後生まれなので、話だけでは
どの地震かは分らないんですが…。
ただ、亡くなった母親が、
戦争中は被害の実態が秘密にされたため、
誰にも話せなかったのが、何より
悔しいと言っていたのが印象的でした。
出来る備えはして置きたいですね。
2016年09月17日 22:06
yasuhikoさんへ コメント有難うございます。

日本は4種類の地殻プレートが集まった境界があり、世界で一番に地震の多い国です。御祖父様が地震の被害に遭われた様ですね。当時は軍部による言論の統制があり、自然災害も正確に伝え無かったと推察します。

三連動の南海トラフ巨大地震はマグニチュード9以上の超巨大地震で、5年前の東北沖の太平洋地震を超える規模と推定されており、津波も記録的な高さになり想定外と言われるでしょうね。海岸沿いの建築物は水没水位のハザードマップを良く検討して、津波の到達時間と高台へ逃げる時間との競争になると考えられます。
2016年09月20日 10:19
準備万端、素晴らしいですね。
「備えあれば憂いなし」その通りですね。
で、我が家は情けないほどの準備態勢です。
災害は地震に限らずいつどこでと他人事ではなくなりましたね。我が家も木造建築で耐震構造になっていません。
夫に言わせればその時はその時とのんびり構えているのです。寝室だけでも頑丈にしておきたいです。
2016年09月20日 11:10
みなみさんへ コメント有難うございます。

自然災害はいつ起こるか分かりませんので、安心を得る為に準備をしています。現在、台風16号が近畿地方に近づいています。市役所から避難準備情報のメールが2回携帯電話に入りました。強風と激しい雨に警戒しています。おっしゃる様に強固な鉄骨で補強する方法により、寝室だけでも耐震構造にする事も出来ますね。
2016年09月23日 05:49
おはようございます

今年の自然災害は何十年振りと彼方 こちら から聞こえてきますので 段々と不安が身近に感じてきましたねぇ~。最低限の対策はして置きたいものですね。

万全のご準備をされておられるのには驚きました 素晴らしいです。備えあれば憂いなしで再認識させて頂きました。お写真を拝見しとても参考になります。
ありがとうございました。
2016年09月23日 09:07
やっとさんへ コメント有難うございます。

今年は台風の回数も増えて、集中豪雨も各地であり被害も出ていますね。『 備えあれば憂いなし 』との格言通り、いま準備している防災用品をご紹介させて頂きました。参考になれば幸いです。
2016年09月26日 12:08
こんにちは、初めまして。
頭では巨大地震がくるだろうと分かっていても、実際に何の準備もしていませんでした。
目から鱗の内容で、考えさせられることが多かったです。
2016年09月26日 18:41
トンキチさんへ コメント有難うございます。

ようこそ当ブログへご訪問を頂き歓迎します。災害はいつ起こるか分かりませんので、必要最小限の準備をしています。防災品や地震保険は安心を得る為の『 御守り 』として考えています。