趣味の読書でのんびりと過ごしています。

いま読んでいる書籍を2冊ご紹介します。市立図書館へ月に数回行って色々な本を借りています。主に宗教や科学に関するテーマの本で、ブログの主旨にも沿った内容です。
IMG_1814.JPG
1. もう一度学びたいブッダの教え(西東社、田上太秀著)

この本には、仏陀の基礎知識・覚りへの道・伝道の旅路・仏陀の教え・教えの継承・仏教の伝播、について図解入りで分かり易く解説されています。

仏陀の生涯とその教えについて、このブログで幾度か記事にしたことあります。自費出版したブログ本にも掲載しました。

現代の日本では、お経・仏像・お墓は、仏教の基本的な要素ですが、2,500年前にお釈迦様が説法した当時は、お経も仏像も有りませんでした。如是我聞とはブッダからこの様なお言葉で聞いたと言う意味です。現代の膨大な仏教経典や仏像は釈尊の入滅後、数百年後から信者が新しく順次創り出したと言えます。お釈迦様が悟りを開いてから入滅するまでに説法した内容は、現代では大きく変貌していると考えられます。

仏教には、一神教の様な唯一絶対の最高神は存在せず、人間が自ら覚醒して悟りを開く事を目的としています。つまり宇宙の真理を体得して自ら『 仏 』となるのが究極の目標です。絶対者の看板に惑わされて財物や精神を搾取されない様にしなければなりません。

人間や凡ゆる生きものは、唯一絶対の『 神 』から与えられた命では無く、宇宙開闢から始まった因果の法則により必然的に出生したと言えます。そして、凡ゆる物質や生きものが平等にこの世に存在している事になります。この世は諸行無常で有り、生まれ出た者は必ず死ぬ運命にあり逆らうことは出来ません。太陽や天の川銀河にも誕生があり寿命もあります。

仏教の基本原理である十二因縁の関係性と、物質世界の素粒子〜銀河宇宙の連続した関係性は同じ意味を持つと考えられます。宇宙(この世)の成り立ちから人間の生き方について、論理的に明らかに理解して体得出来れば、悟りを得たと言えます。

悟りとは高度な精神性が発揮されている状態です。日常生活の全ての振る舞いが、煩悩を離れて苦しみのない瞑想状態とも言えます。釈尊が北インド各地を行脚して説法していたのは悟りを具現している状態だったと考えられます。我々の様な凡夫には計り知れない精神領域に達していたと思います。

仏教は争いを好まず、平和を目指す宗教であり、全ての生き物を公平に受け入れる広い度量があります。自己の存在と心の有り様が焦点であり、四苦八苦と言う苦しみを乗り越える事が目的です。そして、四聖諦・八正道を理解して実践し、煩悩の消えた境地(涅槃)に達して、菩薩行(慈悲行)を行うのが大乗仏教です。

2. ヒッグス粒子・素粒子の世界(ニュートン別冊)
IMG_1815.JPG
この本には、素粒子とは何か・物質の素粒子の仲間・力の素粒子の仲間・素粒子物理学の最前線 ヒッグス粒子・素粒子物理学の最前線 ダークマター・最前線特別レポート、についてカラー版のイラストで分かり易く解説されています。

2012年にヒッグス粒子が発見されたと言うニュースがありました。宇宙空間の凡ゆる場所にヒッグス粒子が充満しており、素粒子に質量を生み出す源だと考えられています。スイス・ジュネーブ郊外にあるLHC(粒子加速器)で、陽子と陽子を光速近くで正面衝突させてヒッグス粒子を叩き出すことに成功しています。更に、この実験装置でダークマターの有力候補とされている超対称性粒子(ニュートラリーノ)の発見も期待されています。

現在では沢山の種類の素粒子が発見されており、通常の『素粒子』と電荷が反対の『反粒子』に大きく分けられます。物質を形成するクォークや電子・力を伝える素粒子群・今回発見された万物に質量を与える素粒子があります。更には超対称性粒子なども考えられており未だ未だ謎の多い話です。そして銀河の生成や回転に大きな影響を及ぼしている未知なる物質で引力を感じるダークマターや、宇宙を加速膨張させて斥力を与えるダークエネルギーなど未知なるものが沢山あります。

我々の住んでいる宇宙は138億年前に『 無 』から誕生したことは知られています。時間も空間も何んにも無いものから、物質や銀河が出来て我々人間もこの世に存在している事に、驚きと畏怖の念を感じます。この世の仕組みと在り様を科学で詳しく解明しようとしていますが、非常に困難であり人間はこの世の仕組みに『 同化 』して生きているので、客観的に解明するのは原理的に不可能だと考えられます。更には余剰次元がこの世に存在していても、人間は直接に観測出来ないことは自明の理です。

人類は際限なく成長を続けて、科学も万能であると驕れることなく、人類の成長の限界を知り、謙虚に生きる必要があります。具体的には、地球やその自然環境を守る事は人類の生存には必要条件であり、平和に暮らす基礎と成ります。人工衛星に乗り地球の周りを周回した宇宙飛行士は異口同音に語る言葉があります。青く輝く美しい地球を大切にしなければならないと。彼らの多くは宇宙空間で神秘体験をして人生観も変わり、特に平和の尊さを訴えています。

いつもブログを読んで頂き誠に有難うございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年09月13日 20:23

こんばんわ。
ご無沙汰してしまい申しわけございません。

今月の横浜は3日にゲリラ豪雨、5日は電車とトラックの衝突事故、8日は台風15号の上陸と嫌なことが続いてしまいました。

私たちの住むこのブルー・マーブル。奇跡的な偶然によって今の自分が存在していることに感謝せねば と…

華の熟年さんのお話をうかがうたび、そんな原点回帰へと素直に誘われる自分になれます。

いつもありがとうございます。
2019年09月14日 00:09
こんばんは。

ブッタの教え、面白そうですね。
読んでみたいです。
2019年09月14日 10:36
小枝さん こんにちは。

久し振りにブログを更新してコメント欄も開けました。最初のコメントを頂き有難うございます。今年も昨年と同様に大きな台風が日本列島に上陸しましたね。地球温暖化の影響で太平洋の海水温が高くて、台風が大型化している様です。おっしゃる様に私達の住んでいるブルー・マーブル(青く輝く美しい地球)を大切に守る必要ありますね。人間としてこの世に生まれて生きている事は奇跡であり、命を大切に感謝して生きたいと思います。
2019年09月14日 10:38
トトパパさん こんにちは。

ブッダの教えについて、図解付きで分かり易く解説された書籍です。私はインドの仏跡地へ巡礼した経験もあり、若い頃から仏教に関心がありました。人生で大きな挫折をした時に、お釈迦様の教えに救われました。苦しみと迷いに満ちた『此岸』から、煩悩を克服し覚りの『彼岸』へ至る道標を示しています。
2019年09月14日 16:59
ブッダの教え、初心者でも分かりやすそうな
本だと思いました。読書で過ごされてたんですね。
図書館には年中行ってるんですが、どうも
最近はまとまった時間が取れなくて…。
暇を見て、ちょこちょこっと拾い読みする感じです。
2019年09月14日 19:23
yasuhikoさん こんにちは。

ご紹介した本は市立図書館から借りています。いつも仏教や科学に関する本が多いです。エアコンの効いた部屋で拾い読みした後に、気に入れば貸し出しを受けて家でゆっくりと読んでいます。


2019年09月15日 16:38
仕事の合間に寺社仏閣お参りすることがあるのですが、仏教に関して理解してるとは言いがたいです。
紹介されてる本を読むことによって、お参りする度に感じていたことと合致することがあるかが解るかもしれません。
興味津々です。
2019年09月15日 22:02
私も旅行で、各地の神社仏閣を巡ったりしますが、その神聖で厳かな雰囲気に触れたり参拝したりはしますが、そこに本来ある宗教的な教えをしっかり理解しているわけではありません。
こんなふうに、じっくりと読んで自分の精神性を磨いたり、心を広くたくましくすることも大事なことだなと思います。
図書館で過ごす夏もいいですね~。
2019年09月16日 11:53
おーちゃんさん こんにちは。

日本人はお正月に神社へ初詣に、観光やお参りにはお寺へも行きますね。神社や仏閣の両方を区別なく受け入れています。関西地区には『 神仏霊場巡拝の道 』という、伊勢神宮から延暦寺までの、150ヶ所の神社仏閣の巡礼もあります。ご紹介した本には、仏教開祖のブッダについて分かり易く解説しています。
2019年09月16日 11:55
ミクミティさん こんにちは。

おっしゃる様に神社仏閣の境内に入ると神聖な気持ちになります。それぞれに大切な意味と教えがあり、理解して精神性を磨きたいですね。私は科学的な知識と仏教の教義を融合した方法で考える事が多いです。いつも結論は、平和な世の中になり心穏やかに過ごしたいと思っています。
2019年09月17日 20:45
お久し振りです。
仏陀の教えは齧ったことがある程度です。
この様に解り易い文章にするにはきちんと理解していないとできない事で、素晴らしいです。
でも、日本の仏教って何なの?と思います。
葬式仏教がメインになっています。
仏様にお願いするとか、ご利益を得るとか、おみくじ曳いて福を得るとか、そんな仏教心が間違っている事だけは分ります。
でも、各お寺は、それを宣伝してお金儲けをしています。
お寺にお参りするって、何なの?と思います。
有名な寺院は国宝があると言う事で、観光客を呼び込み、拝観料でお金儲けにいそしんでいますね。建物が立派、庭園が綺麗、も売り文句です。
お参りしてパンフレットを頂くと、開山者の説明、国宝や重文の説明、由緒や歴史等で、肝心の仏教についての説明はごく僅か。
観光仏教です。
教えを広める事に何故もっと力を入れないんでしょうかね。
枝葉を豪華にして、中身が空っぽです。


宇宙は素粒子で出来ています。
これは分ります。
宇宙は138億年前に『 無 』から誕生した
これが分からないです。
凝縮した塊が爆発して出来た。
これなら何とか理解できますが^^;
でも、ビッグバンの前に何があったのか?
これが謎ですね。
キリスト教では、神がすべてを創った!
になりますが、信用できないです^^;

長文で失礼しました

2019年09月18日 11:58
アルクノさん こんにちは。

仏陀の教えは、2,500年の時間経過と共に大きく枝葉を伸ばして変容と拡大しています。膨大な量の経典・沢山の種類の仏像・多種類の宗門に分かれました。おっしゃる様に日本の仏教は葬式仏教とも揶揄される状況で、お寺の建物・仏像・庭園、等々の観光仏教かも知れません。仏教の本来の目的は、人間として如何に生きるべきか?を問いかけて、正しい生き方を広めて、幸福に暮らせる道を指し示す事にあります。お釈迦様は糞掃衣を着て托鉢で食物を得ながら説法しています。煩悩(食欲・色欲・金銭欲・名誉欲・等々)にドップリ浸かった僧侶(出家者)には仏教本来の説法は無理でしょうね。

我々が住んでいる宇宙(この世)の始まりについてご説明します。量子力学によれば、時間も空間も無い『完全な虚無の世界』でも、不確定性原理により粒子と反粒子が絶えず生成消滅を繰り返しています。そして『 無 』からの宇宙創生と言う科学的な理論があり、無の真空の揺らぎのトンネル効果により大きさは 10^-33cm (10のマイナス33乗cm) からこの世が発生して膨張により現在住んでいる宇宙の誕生と成ります。 宇宙開闢(ビックバン)と言われている現象で、インフレーションと言う急膨張と相転移をしながら大きくなってきました。現在の宇宙の大きさは約928億光年の直径だと言われています。

ビックバンの前には何んにも無いです。もちろん人間が考え出した『 神様・仏様 』も居ません。宇宙誕生後に、因果の法則からこの世の森羅万象が出来上がった事になります。科学の理論と仏教の教義を合わせるとこの様な結論に至ります。但し、最先端科学でも解明できていない疑問点が未だ未だ沢山あります。ダークマターの解明や余剰次元の発見を期待しています。人間が死後に行くとされている、天上界や極楽浄土があるかどうか?に関係すると思います。
2019年09月19日 17:39
図書館で本を・・すてきな日々をお過ごしですね。
もう何年も本からは遠ざかっています。
ご自分の考えに合った本なら、おっしゃるように、のんびりと楽しく過ごせそうです。体調もよろしいのではないかと思います。
2019年09月20日 10:31
はるるさん こんにちは。

読書が趣味で、若い頃から科学の啓蒙書や宗教関連の本を読んでいます。書店やネットで購入する時も有りますが、最近は市立図書館で無料貸し出しを受けています。読書は知識を増やす事が出来ますし、他者の優れた経験を自分なりに追体験もできて、広い視野で物事を考える事が出来ると思います。秋の夜長は読書でのんびりと過ごしたいですね。
2019年09月22日 06:08
おはようございます。
お久しぶりです。読書いいですね。
趣味の読書でのんびり、私は最近忙しくて
あまり本を読んでいなくて秋の夜長読みたいですね。
私は月一回くらい県立図書館のボランティアで本の
整理なんかをしていますが、私の知らない分野の
本がたくさんあって、驚きの連続です。
図書館で色々な本を借りられていて素晴らしいですね。
2019年09月22日 15:24
ゴンマックさん こんにちは。

市立図書館で色々な本を借りて読んでいます。無料で読めるので年金生活者には家計も助かります。県立図書館で本の整理をするボランティアで、立派に社会貢献をされているのは素晴らしいと思います。

ヤスス
2019年09月23日 07:25
熟年さん、当方の拙書を購入いただき心から感謝します。
熟年さんはどうしているだろうとこちらのブログも覗かせていただいたのですが、新しくなって気持ち玉を入れられないので、簡単なコミュニケーションが取れなくなってしまいましたね。コメントを書くのも少し敷居が高くなったように感じます。
ブログの記事からホームに戻るボタンも見当たらないし、新しくなっていろいろ不都合があるようです。
~どうかお体を大事になさってお元気にお過ごしくださいませ。
2019年09月23日 09:36
ヤススさん こんにちは。

2年前に自費出版したブログ本を買って頂いており、ヤススさんが出版すれば購入する予定でした。amazonで昨日に注文しましたので、私の手元に届けば、熟読したいと思います。

ブログの機能変更から二ヶ月半を経過しましたが、気持玉はまだ再開していません。おっしゃる様にコミュニケーションが取りにくいですね。ウェブリブログ事務局には早期の再開を期待します。

今日は秋分の日です。『 暑さ寒さも彼岸まで 』との諺もあります。台風の影響もあり気温も下がり良い気候となりました。お気遣いを有難うございます。
2019年10月07日 13:13
こんにちは。ご訪問、コメント、気持ち玉をありがとうございます。

最近の宇宙はブラックホールの考え方も反対らしいですね。
全てはブラックホールから始まった、と私は考えていたのはあたっていました。
皆のみこまれるが定説でしたのに。
でも新しい考えの方が理屈にあっていて、そう考えればすんなりときそうなかんじです。なぜならば、ブラックホールにとじこめられるのはわかるんぽですが、いつ出てくるのですかが問題なのです。(何もわからないのにこんなこといってもいけませんね)失礼しました。
2019年10月07日 19:11
秋月夕香さん こんにちは。

宇宙の仕組みについて関心がある様ですね。ブラックホールは大きな星が燃え尽きて、最後に重力崩壊して極端に収縮し出来た物と言われています。事象の地平線の内側に入ると光速度の電磁波さえ脱出できないです。一般相対性理論の方程式を解いた理論物理学者が予言していました。天文科学者が高感度の望遠鏡でその存在を明らかにしました。数ヶ月前にブラックホールの写真が発表されて大きな話題になりましたね。ホーキング博士によれば、ブラックホールは微量の熱的放射を行っており、永い年月でいずれ蒸発してしまうと言っています。この世は諸行無常であり、太陽も天の川銀河にも誕生があり寿命もあります。