いつもの公園へ散歩( 鯉のぼり・つつじの花 )、心はどうして生まれるのか?


IMG_1872.JPG

端午の節句では、鯉のぼりが青空で気持ち良く泳いでいます。
お天気の良い日は公園まで、約1時間ほど歩きます。

IMG_1878.JPG
公園の近くのため池
IMG_1873.JPG
ツツジの花が綺麗に咲いています。
IMG_1874.JPG

IMG_1875.JPG

感染症(コロナウィルス)の影響で、外出などの自粛要請が延長されましたね。ブログ友の皆様は不自由な日常を過ごされていると思います。小生はスーパーマーケットへの買い物と散歩だけに外出して、引きこもり生活です。いつもの日常生活に早く戻って欲しいです。

余談 『心はどうして生まれるのか?』

デカルトの有名な言葉に『 我思う、ゆえに我あり 』があります。古代から現在まで古今東西の宗教家や哲学者が追い求めている『 心 』は究極の疑問です。思考や記憶はもちろん脳で行っていますが、自由意思の発露は何処から来るのか?を知りたいと常々思っています。そして外界を認識する時には感覚器官から送られて来る情報を脳細胞で分担処理します。認知・行動・記憶・思考・情動・意志など、人間の心を生み出す脳全体の統合した意識については未だ明らかにされていません。還元論で部分に細く分けて分析は進んでいますが、『 自己 』という意識の発露は従来の方法論で解明するのは大変難しく、この捉えどころのない心を人類は未だ正確に解明していません。生命体と意識の誕生には神秘さと奥深さを感じます。

人間は自分の顔を直接見る事は出来ません。鏡に映る顔を間接的に『 鏡像 』として見ます。心の解明は自分自身の事であり自ら証明できるかどうか?と言う疑問も湧いてきます。ゲーデルの不完全定理から判断すると唯物論からは証明できないかも知れません。

コンピュータの性能アップと画像診断装置の進歩で脳活動が詳しく解明されつつ有ります。陽電子放出断層撮影法にて脳活動時のエネルギーの流れを測定し、機能的磁気共鳴影像法にて血流・代謝・神経伝達機能、等々の各種の測定が出来る様になりました。その結果、脳の機能と該当する部位の関係が判明して来ました。これらは大きな病院にはあります。それぞれ脳の血流と思考を関連付けて『 心 』を見つけようと言う試みです。心は科学で扱えるか?と言う疑問の解明に取り組んでいます。身体の不自由な患者が脳に電極を挿入して、思考だけで車椅子を動かしたりロボットアームでコーヒーを飲んだり出来る様になりました。コンピュータを媒介して脳と身体の動きを関連付ける研究は急速に進んでいます。

脳の色々な場所に電極を付け刺激を与えてそれぞれの機能を測定し、脳の分布図も出来て該当する部位の機能が解明しつつあり、病気との因果関係も明らかになって来ました。人間の脳には約一千億個の神経細胞があり、特定の部位が特定の機能を持ち、其々の役割を担って五感に関係する情報処理をして身体の運動機能にも指令を送っています。大脳の新皮質には身体の各部位の運動や感覚を司る場所も決まっています。

脳内の情報の流れも明らかにされ言語や記号処理及び運動機能も詳しく解明されつつあります。人間が感覚器官で受ける刺激をどの様な経路で『 脳 』に伝達されているかは既に解明されています。しかし、一輪の黄色い菊花を見た時に綺麗だと思う心の感覚はどう言う情報処理かは不明で、主観的な感覚である『 クオリア 』と言う個性ある心の発生は未知なるものです。脳とその機能を詳しく分析しても心が生じる理論を構築するのは難しく、人間の持つ個性ある『 心 』は唯物論から科学的に証明出来るかを問いたいです。タンパク質→神経細胞→組織と神経回路→大脳と小脳→この経路で心が発生するかどうかです。

ロボットの開発研究が進んで特定の限られた機能では、人間の能力を超える様にもなって来ました。今後も人工知能の研究が進んで、人間に近いヒューマノイドロボットが開発されつつあり、人間の活動を補助する物として期待は出来ます。しかし、人間と同じレベルの自由意思と個性を持つロボットの作製は非常に難しいと思います。

唯物論では心は物質である脳から発生すると言う見解です。細胞レベルの生物学から化学や物理学で解明していく方法を還元主義とも言います。神経細胞の繋がりと神経伝達物質のやり取りで心が生まれると言う見解です。しかし、人間の神経細胞であるニューロン同士のネットワークで情報処理して、記憶・思考・未来の予測・森羅万象を意識する変幻自在な心と言う無限に近い情報を処理するのは難しいと考えられます。更に、リバースエンジニアリングにて、ニューロン細胞を全てLSIのマイクロチップに置き換えたロボットを作っても、人間の様な自由意志を持つ事はコンピュータの原理から言っても難しいと思います。人間の自由意志と想像力は時間や空間の束縛を超えた所にあります。物質と言う概念に依存しない心は現在知られている科学的な解析方法である物理の理論や数式で書き表したり、ノイマン型のコンピュータでの計算は不可能で、量子コンピュータやニューロコンピュータの計算でも難しいと考えられます。

心脳問題を解く方法に『 創発主義 』と言う理論があり、個別の神経細胞の単純な振る舞いが集まって組織化されて心が発生すると言う考え方です。各ニューロンから寄せられたネットワーク情報を統合する『 個性ある意思 』が見つかるかどうかだと思います。部分から全体へ『 暗黙知 』の考え方もあり、部分が解れば全体が類推できると言う考え方です。先ずは全体を知っている必要が有ります。『 層の理論 』はある層を部分として詳しく知ると一つ上の層が全体としての把握出来て、二つ上の層が意味として理解できると言う理論です。全体を把握して意味が理解できれば、部分が少し欠けていても補う事が出来る。連続的な層の積み重ねを特徴とした、暗黙知による注目と理解の構造を『 層の理論 』と呼びます。つまり、神経細胞の積み重ねにより心が発生すると言う考え方です。しかし、この理論は根本的に自由意志や個性発生のメカニズムを証明する事にはなら無いと考えられます。

自由意思は量子論の不確定性原理と真空の揺らぎから起因しており、ニューロン細胞の集まった脳全体からでは無く、サイズの小さい下位の階層である素粒子が発生源であると考えられます。素粒子(クオーク)には意思があり他のクォークと協調して自分の役割を演じていると言えます。層の理論による積み重ねをして大きくなる過程は、心はフラクタルな相似形として順番に広い視野になって拡大して行くと考えられます。そして、単細胞生物から進化の段階で脳が必要に応じて機能を増加して行くために、ニューロン細胞数が増殖した事になり人間まで発達したと考えられます。

人間の意識は、広大な宇宙や極微の世界を思い描く事ができ、過去や未来も考える事が出来ます。空間的にも時間的にも非局所的で因果律は成立していません。これは量子論の世界と良く似ています。唯物論で心脳問題が解けたら自由意志を否定することになると考えられます。脳が心を創ったのでは無く、心と言う意識は宇宙開闢時の素粒子から始まり、宇宙全体も一つの偉大な意識であり、森羅万象のあらゆる階層で意識は全て繋がっていると思います。

『ブログ本 林住期の生き方』第4章(科学の不思議な話)、第2節(心はどうして生まれるのか?)より転載しました。印刷した書籍は売切れました。電子書籍のamazon-Kindleでは読めます。

 いつも気持玉やコメントを頂き誠に有難うございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 124

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年05月18日 10:58
近くと言っても 公園迄 1時間歩かれるのですか。
いい運動になりますね。
季節の花が 咲いている公園は 息抜きに最適ですね。

2020年05月18日 13:00
こんにちは

散歩ですか。
1時間歩くといい運動になりますね。
ツツジも綺麗ですね。
2020年05月18日 14:13
フラバーバさん こんにちは。

お天気の良い日は往復で約1時間(5,000歩)ほど歩きます。新緑の季節になり公園のツツジが綺麗に咲いていました。家に閉じこもるのは良くないので、おっしゃる様に健康維持と息抜きのためです。
2020年05月18日 14:14
トトパパさん こんにちは。

大阪は感染症の自粛要請が延長しました。田園地帯と公園への散歩であれば、三密にはならないので、野辺に咲く花々を観賞しながら1時間ほどのんびりと歩いています。
2020年05月22日 08:14
おはようございます。とてもむつかしいお話ですけれど、なんとなくはわかります。
心は~心から感情も生まれるのでしょうか。
感情はつまり心なのでしょうか。
人間の脳は複雑ですね。
私は単細胞に生きてきているので、簡単なことならすぐにわかりますが・・・。
つまりイエスか、ノーです。二つの選択肢しかないのでわかりやすいです。

2020年05月22日 10:08
秋月夕香さん こんにちは。

心は如何に生まれるか?を科学的な解析と方法論で書きました。人間だけではなく、他の動植物も『 心 』はあると思います。可愛がっている犬は尻尾を振って喜んで飼い主に近づいて来るし、丹精こめて育てた花は綺麗に咲きます。更には、1個の電子にも不確定原理から導かれる個性のある心を持ち、他の電子と協調して干渉模様を作成したり、連携プレーして原子や分子の組織化に寄与しています。

人間の心の姿や喜怒哀楽と言う感情は、ニューロン細胞の励起現象ですが、その根本原理は素粒子の挙動から導かれると小生は考えています。心は個性を持ち、自由に空間と時間を駆け巡ることが出来ますね。
2020年06月02日 22:07
難しい論理は解らないのですが、心がどォして生まれるのかについてはすごく興味あります。
確かに 黄色い花を見て美しいと思う心、それを同意してくれる心。
幼い頃より培ってきた感性と、違う…ッと思いながらも妥協しようとする心。
コレはコンピューターにはできない芸当です。
その昔 アシモフが提唱したロボット三原則、これが現実に起きそうになる事態はそォ簡単に起きないようです。
起こるとするならば、そのロボットを使って佳からぬことをしようとする人間の心なんでしょう。
人間ってなんて不思議な生き物なんでしょうネ。
2020年06月03日 10:15
おーちゃんさん こんにちは。

人間の意識(心)はどうして如何に生まれるのか?は心脳問題と言う未解決な命題です。科学者・宗教家・心理学者、達により色々な見解を述べていますが、未だ分かりません。『 ブログ本 林住期の生き方 』のカバー表紙に掲載している言葉で、自分とは?死んだらどうなるのか?の解答の参考意見にもなるでしょうね。

アシモフが提唱したロボット三原則は、人間に危害を加えない様にすると言う約束事です。AI(人工知能)を搭載したロボットは人間に対して忠実な僕としての高度な機械であるとの前提です。自由意志を持ち個性のある人間とは根本的に相違があります。人間以外の動植物も同様に自由意志や個性を持っていると思います。東洋思想やアニミズム信仰などと同じですね。

人類は煩悩(食欲・性欲・金銭欲・名誉欲、等々)に支配されて、地球環境の破壊や貧富の差も激しくなっています。最近の異常気象やコロナウィルスの感染症は地球からの警告だと思います。