遊行期の生き方 No.14 ( 四季は巡り桜も咲き始めるが、人類の行く末を憂いる。 )

人類はコロナ感染症の地球規模の大流行で、不自由な生活を余儀なくされています。しかし春になり気温も上がれば植物の新芽が出て花も咲き、冬眠から目覚めた動物は活動を始めます。大自然はいかなる人類の状況であっても、春夏秋冬を繰り返してその営みは変わりません。公園で咲いている満開の桜 地球上に仮住まいしている…
コメント:8

続きを読むread more